1. ホーム
  2. 年齢別で選ぶ!いま必要な優秀ドッグフード
  3. ≫獣医が教える成犬・アダルト用の良いドッグフード・悪いドッグフードの見極め方

獣医が教える成犬・アダルト用の良いドッグフード・悪いドッグフードの見極め方

病気をしないで元気に暮らす。家族としてお迎えした犬たちに望むことは色々あっても、これに勝ることはないですね。でも、色々なドッグフードがあって、みんなよさそうに見えるからどれを選んだらよいのか分からない。そのお悩みはごもっともです。

成犬最近は本当にたくさんのドッグフードがありますよね。どんなドッグフードを選べばいいのか、見分け方、ちょっとしたコツで分かるようになりますので、しっかりアドバイスしていきますね。

良いドッグフードの条件はこれ! 成犬期に摂らせたい栄養とは

高タンパクが○

タンパク質は皮膚、被毛、骨格、筋肉、消化酵素など体を構成するありとあらゆる場所で利用されています。それだけ体に必要な成分です。成犬に必要なタンパク質の割合は約21%以上と言われています。量だけでなく、良質な原材料であることが最も大事です。

グレインフリーが○

age_04もともと、犬は穀物類(グレイン)を完全に消化することはできませんので、「トウモロコシ」「小麦」が多く使われているフードは消化管の負担になります。また、穀類は皮膚のトラブルなど、アレルギーを引き起こしやすいと考えられています。

このように、犬にとってメリットがない穀類を含まないもの、イコール「グレインフリー」を選びましょう。

続けやすい価格が○

ドッグフードは、毎日食べるものです。成犬になり体格も大きくなると食べる量も多くなり、それに比例して食費も上がります。高いフードは厳選された原材料が使用され、もちろん体にも良いのですが、現実的には家計を圧迫してしまうものです。長く続けられて負担にならない価格のものを選びましょう。

着色料や香料、有害な保存料が使用されていないものが○

age_05着色料や保存料が使用されているドッグフードは多く、発がん性が報告されているものもあります。エトキシキン・BHA・BHT、青色○○号などの表記のあるものは避けましょう。

成犬期は安定期ではありますが、高齢期に向けての準備をする時期であるため、健やかな毎日、溌剌とした高齢期を迎えるために上記の条件を満たすドッグフードを選んであげてください。

成犬に適したドッグフードNo.1はカナガン

獣医の視点から成犬にお勧めしたいのは「カナガン」です。カナガンは、
カナガンドッグフード

  • ヒューマングレードの原材料を使用
  • レインフリー
  • 添加物不使用

というドッグフードなので、健康な毎日を安定して続けていくためには最適なドッグフードです。体調を崩すと回復に時間がかかります。例えば、下痢になると腸の働きが完全に戻るまで2カ月かかると言われています。もっと大きな病気をすると見た目は元気そうでも見えない部分の回復はかなり遅れる可能性があります。
 良質なドッグフードを食べることは、今も将来も健康に過ごし、病気に強い体作りの一助になるでしょう。



成犬に与えたくない悪いドッグフードの特徴

原材料の1番目(もっとも多く使用されているもの)に穀物がくるものは×

犬は人間と異なり、唾液に炭水化物を分解するアミラーゼを含んでいません。そのため炭水化物の消化が上手くいかず、消化管に負担がかかります。穀物が使用されているドッグフードがたくさんありますので、原材料表をしっかりみて原材料の1番目に穀類が表記されているものは避けましょう。

副産物、~ミールのような表示があるものは×

副産物や~ミールなどの表記がされているドッグフードは止めましょう。副産物は骨や皮、被毛などおおよそ食べることができないような部分の総称です。ミールも同様です。
原材料表を見てしっかりチェックしましょう。

エトキシキン、BHA、BHTなどの添加物、青色○○号、赤色○○号などの着色料が入っているものは×

このような添加物には、発ガン性があると報告されるものもあります。添加物は原材料表の最後の方に記載してあることが多いので、これらが含まれていないかよく確認しましょう。

1㎏が1000円以下の安いものは×

安いということは、原材料のグレードが低いということになります。安くなればなるほど穀物や副産物、添加物が多くなります。添加物や穀類がアレルギーの原因になることもありますので要注意です。

いくら「成犬用」とうたわれていても、上記のような特徴のあるドッグフードは避けましょう。

人気の成犬用ドッグフードは本当に大丈夫?10種類を獣医がチェックした結果

店頭や通販には「成犬用」と書かれたドッグフードが並んでいますが、これまで見てきたいいドッグフード、悪いドッグフードの条件に照らし合わせると本当に大丈夫なのでしょうか?人気のあるドッグフードをチェックした結果、しっかりと条件を満たしているものは意外と少ないという結果になってしまいました。

フード名称 高タンパク グレインフリー 添加物不使用
サイエンスダイエット アダルト
ダメ
ダメ
ダメ
アイムス 成犬用
良い
ダメ
ふつう
ニュートロシュプレモ 成犬用
良い
ダメ
ふつう
ベッツプラン 成犬用
良い
ダメ
ダメ
ロイヤルカナン プードル成犬用
良い
ダメ
ダメ
ピュリナワン成犬用
良い
ダメ
ふつう
メディコート成犬用
ふつう
ダメ
ふつう
プロプラン成犬用
とても良い
ダメ
ふつう
ユーカヌバ メンテナンス成犬用
とても良い
ダメ
ふつう
カナガン
とても良い
とても良い
とても良い


売れ筋、人気の商品と言っても成犬にとって大切なポイントを満たせていないものがほとんどでした。おすすめしているカナガンドッグフードでしたら、いずれのポイントも◎となっていて、安心ですので、迷っている方は試してみてください。

成犬期のドッグフードの与え方、コツ

成犬期は体格を維持することがポイントになります。食べたいだけ食べることを繰り返すと、あっという間に肥満になります。

また、避妊・去勢手術を行った後はさらに気をつけないと、とんとん拍子に体重が増えることもあります。BCS(ボディコンディションスコア)をチェックしながら体重の増減に気をつけ、食べる量は決めるようにしましょう。

詳しくはこちらのページで解説していますので、肥満対策を知りたい方はお読みください。

量、回数、間隔

  • 量:BCS(ボディコンディションスコア)をチェックしながら体重に見合った量をあげるようにしましょう。ねだり負けしないように!
  • 回数:1日2回が基本です。1回にすると肥満傾向になります。
  • 間隔:約12時間おきが良いでしょう。

コツと注意点

  • 量を決めましょう。
  • おやつをあげるときには基本の食事からおやつ分のカロリーを引きましょう。
  • だらだら食べると消化管の負担になります。メリハリをつけ空腹時間を作りましょう。

成犬用フードからシニア用フードへの切り替えのタイミング

シニア期は7歳からです。急に変更すると下痢・嘔吐がおこることもありますので、6.5歳ころから少しづつシニア用のドッグフードに切り替えていくことをお勧めします。

飼い主さんからよくある質問Q&A

6か月のトイプードルを飼っています。体重に合わせてパピー用フードをあげると一瞬で平らげてしまうのですが、もっと欲しいと言われたときは欲しがるだけ与えても大丈夫でしょうか?

欲しがるだけあげると肥満になります。体重も大事ですが、BCSのチェックも大切です。人の身長の高低があるように犬にも体格の差がありますので、体に触った時に骨ばっているようであれば少し増やしてあげてください。

全年齢用のフードとパピー用のフード、どちらがいいのでしょうか?メリットデメリットと、先生のおすすめ度の高い方を教えてください。

全年齢用のドッグフードのメリットは、一生を通して同じ内容のドッグフードなので「楽」であることと、成犬への切り替え時の消化器症状がないことです。また、食に対して神経質でドッグフードの変更が難しい犬の場合は、全年齢用が楽でしょう。また、同じものを食べている方が体調管理はしやすいので、強いていえば全年齢用の方が良いでしょう。

パピー用フードがだいぶ残ったまま1歳を迎えてしまいました。残ったフードはもう与えない方がいいですか?

1歳を超えて、長期間パピー用を続けると脂肪分が多くカロリーが高いので肥満になります。しかし、のこったドッグフードを消費するくらいの期間であれば成犬用に混ぜながら使っても大丈夫です。

結論

成犬期は体重を維持しながら過ごすことが目標になります。そしてもう一つ大事なことは先に控える高齢期に向けての準備期間ということです。ヒューマングレードの良質なドッグフードを選び健康な毎日を過ごせるようにしていきましょう。


keturon_dr02成犬にはカナガンドッグフードがベスト!

canagan_main
カナガンドッグフードが成犬期におすすめの理由
・ヒューマングレードの原材料使用
・グレインフリー
・添加物不使用

カナガンはヒューマングレードの原材料を使用し、犬の消化管の負担になりアレルギーの原因になる可能性のある穀類を使用していません。もちろん添加物は使用していませんので安心できるドッグフードです。

公式サイトで確認する

よく読まれている記事

安心ドッグフードの選び方を
もっと詳しく知りたい方にはこちら

  • おすすめランキング

    おすすめランキング
    人気のフード6つの実力を辛口採点しました。

  • 選び方

    ドッグフードの選び方
    健康を守るために欠かせない注目ポイントを解説しています。

  • 粗悪な原料の危険と避け方

    粗悪な原料の危険と避け方
    安価なドッグフードの現実…知らなかったでは済まされません。

【執筆者】 獣医師 平松育子先生

bottom_writer山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の病院勤務を経て、2006年にふくふく動物病院を開業。飼い主と犬のかけがえのない日々の手助けをすることをモットーに、疾患の治療だけでなく、最適なドッグフードの選択のお手伝いも含めライフスパンのトータルケアを行う。プロフィールをもっと見る▶