1. ホーム
  2. 年齢別で選ぶ!いま必要なおすすめドッグフード
  3. ≫【老犬・シニア期】高齢のワンちゃんに与えたいドッグフードの選び方、与え方のコツ、人気フード6選を紹介します

【老犬・シニア期】高齢のワンちゃんに与えたいドッグフードの選び方、与え方のコツ、人気フード6選を紹介します

子犬・パピー期を調査 獣医に聞いてきました
なんとなく寝ている時間が増えたり、とぼとぼと歩くようになったり、若いころに比べると心配事が増える老犬期。

いつまでも元気で長生きしてほしいですよね。

この記事では、老犬期用のドッグフードはどこに気をつけて選べばよいのか、与え方のコツなどを解説しています。

【老犬・シニア】与えたいフード

だんだん足腰が衰える老犬期と、今までの成犬期に必要な成分は少し異なります。

成犬期に必要な成分でも、老犬期には負担になることがあります。また、その反対もあります。どんなドッグフードを選んでいけばいいのか、ポイントをお伝えしますね。

少ない量でもしっかり栄養が摂れる

高タンパク老犬期になると筋肉が落ちて後肢がフラフラし始めることが多くなります。

しっかりとした足腰を保つために、良質のタンパク質が必要になります。

加齢で食事の量が減ってしまうときは、少ない量でもしっかり栄養が摂れるフードを選んであげましょう。


副産物など品質の悪い原料はNG

副産物などの表記はNGです。副産物とは人間では食用として適さない部分の総称です。どんな部位が含まれているかわからないので避けましょう。

カロリーは控えめに

成犬期と比べ代謝が落ちるシニア期は、カロリーの高いフードだと肥満の原因になってしまいます。

カロリーが低く、必要な栄養が摂れるフードを選んであげましょう。

関節に良い成分配合

価格関節には関節液や軟骨があり、スムーズな動きを助けています。

老犬になると関節液が減少し、軟骨が摩耗するため、関節炎が起こります。

関節炎に対しては、グルコサミンや、コンドロイチン、メチルスルフォニルメタン(MSM)などの補給が有効です。

これらの成分が含まれているドッグフードもあるので、関節ケアに効果的です。

穀物はできるだけ避けて

穀物NG犬は唾液にアミラーゼという炭水化物を分解する酵素をもちません。

穀物類を完全に消化することができないので、穀類がたくさん含まれているドッグフードは消化管の負担になります。

出来れば穀物を使用していないグレインフリーのドッグフードがよいでしょう。

原材料の1番目に穀物がくるのはNG

原材料の1番目に書かれるものは、フードの中で最も多く使用される原料です。安価なドッグフードには、かさ増しのためにトウモロコシなどの穀物を使用しているものがあります。ワンちゃんには負担となってしまうので避けましょう。

有害な添加物が含まれていない

有害な添加物NG着色料や香料などの添加物は、ワンちゃんにとって不要な成分です。

特に老犬期の犬は抵抗力が落ち、病気になりやすくなります。

体に負担となる添加物が含まれていないものを選びましょう。

エトキシキン、BHA、BHT、没食子酸プロピルなどの添加物が入っているものはNG

このような添加物などは、原材料表の最後の方に記載があることが多いので、しっかり確認しましょう。中には発ガン性があると報告されるものもあるので、含まれないものを選びましょう。

価格帯は無理のないものを

価格ドッグフードはできるだけ品質の良いものを与えたいですが、価格もそれなりに高くなります。

ドッグフードが家計の負担になりすぎないよう、無理のない価格帯で選びましょう。

1㎏が1,000円以下の激安フードはNG

安いということは原材料のグレードが低いということになります。安くなればなるほど穀物や副産物、添加物が多くなるので、できれば避けましょう。


老犬・シニア期のドッグフード選びポイント

獣医OK

◎少ない量でもしっかり栄養が摂れる
◎肉の品質が良い(肉副産物などは×)
◎カロリーは控えめに
◎グルコサミン・コンドロイチンなどが入っている
◎穀物不使用
◎有害な添加物は不使用
◎負担にならない価格のもの

ドッグフードペディアの結論

シニア犬のドッグフードならモグワンがおすすめ

モグワンモグワンは栄養バランスがよく、少ない量でもしっかりと栄養が摂れるよう作られています。

高品質のタンパク質がしっかりとれて、負担になる穀物や添加物は含まれていません。

ワンちゃんの関節にも配慮してグルコサミン・メチルスルフォニルメタン(MSM)・コンドロイチンを配合しています。
公式サイトで確認する

【老犬・シニア】人気のドッグフード6種を比較しました

CMや店頭で目にしたことのある人気ドッグフードで、シニア犬向けに作られているものを調査してみました。

アイムス 健康サポート チキン小粒

関節の健康維持をサポートするグルコサミン配合しています。獣医師とともに開発されたドッグフードです。

価格 1.2kg/1袋 通常価格:693円 (税込)

Amazon掲載価格
※価格は調査時点のものです。ご購入の際は、再度ご確認ください。
1㎏あたりの価格 535円 +税
たんぱく質量 24.0%以上
カロリー 369kcal / 100g
原材料 肉類(チキンミール、家禽ミール)、とうもろこし、小麦、動物性油脂、乾燥ビートパルプ、家禽エキス、植物性タンパク、乾燥卵、フラクトオリゴ糖、STPP (トリポリリン酸塩)、ひまわり油、グルコサミン塩酸、L-カルニチン、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(亜鉛、カリウム、クロライド、セレン、銅、ナトリウム、マンガン、ヨウ素)、酸化防止剤(BHA、BHT、クエン酸)
穀物 使用しています。
とうもろこし、小麦など
添加物 使用しています。
BHA、BHTなど

アイムス 健康サポート チキン小粒 の口コミ・評判まとめ

食が細くて、食いつきが悪い我が家のワンコです。今まで、何種類もの色々なフードに変えてきましたが、どれもいまいちで、値段の高いものにしても同じ・・・このアイムスのフードに切り替えてからは、食が細いながらも時間がかかっても残さず食べるようになりました。この商品に切り替えて1年経ち、何度もリピートしています。 これからも、続けていきます! 少し飽きてきたら、お肉などを湯がいたものを、汁ごとかけてあげたりすると、また食が戻ってきて、よく食べるようになりますよ。
引用元:Amazon

愛犬を飼ってからずっとアイムスです。現在は7歳以上に変わりましたが、残さず食べてくれます。体重もベストを維持しています。
引用元:Amazon

ずっと食べさせていましたが、リニューアル後のフードは残念です。便の状態も緩くなり、色もまったく別の色になりました。消化も良くないのか一頭は嘔吐、もう一頭は吐かないまでも上がってくるのをこらえている様子。4頭中2頭が合わないみたいです。今までのは何も問題なく、体調も価格も良かったのに…とにかく残念。前のフードに戻して欲しいです。
引用元:Amazon


ユーカヌバ シニア ラム&ライス

関節に配慮したカルシウムが配合してあります。健康な皮膚と毛づやに効果的なオメガ6、3も配合しています。

価格 2.7kg/1袋 通常価格:2,906円 (税込)

Amazon掲載価格
※価格は調査時点のものです。ご購入の際は、再度ご確認ください。
1㎏あたりの価格 997円 +税
たんぱく質量 25.0 %以上
カロリー 377kcal / 100g
原材料 肉類(鶏、七面鳥)、ラム肉、米、小麦、とうもろこし、大麦、動物性油脂(オメガ-6不飽和脂肪酸源)、ビートパルプ、とうもろこし粉、卵パウダー、酵母、フラクトオリゴ糖、加水分解タンパク(鶏、七面鳥)、魚油(オメガ-3不飽和脂肪酸源)、アミノ酸類(DL-メチオニン)、ポリリン酸ナトリウム、β-カロテン、ミネラル類(Cl、K、Na、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、D3、コリン、E、パントテン酸カルシウム、ナイアシン、B6、B1、B2、ビオチン、葉酸、B12)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)
穀物 使用しています。
米、小麦、とうもろこしなど
添加物 使用しています。
BHA、没食子酸プロピルなど

ユーカヌバ シニア ラム&ライス の口コミ・評判まとめ

小犬の頃から ラムライスを食べていました。気がつけば シニアになりました。
それも お湯で柔らかくしてます。
引用元:Amazon

マルチーズにユーカヌバラム&ライスの健康管理用を与えていましたが、犬が7歳を過ぎたのでシニア用に変えました。食欲も問題なく有り、ウンチが柔らかくなる事はありません。又、毛並みは何も問題ありません。とても質の良い餌だと思っています。
引用元:Amazon

キャバリアです。食欲旺盛なキャバリアなのでたくさん買ったのですが、こちらの商品は今までの中で一番食いつきが悪く、無駄になってしまいました。うちの子はロイヤルカナンかヒルズがあっているようです。
引用元:Amazon


ニュートロシュプレモ エイジングケア

シニア犬に必要な栄養バランスがとれたドッグフードです。粒は噛みやすいようドーナツ形になっています。

価格 2kg/1袋 通常価格:2,971円 (税込)

Amazon掲載価格
※価格は調査時点のものです。ご購入の際は、再度ご確認ください。
1㎏あたりの価格 1,375円 +税
たんぱく質量 26.0%以上
カロリー 345kcalkcal / 100g
原材料 チキン(肉)、チキンミール、玄米、粗挽き米、米糠、ラムミール、サーモンミール、オーツ麦、タンパク加水分解物、ビートパルプ、エンドウタンパク、鶏脂*、ひまわり油*、亜麻仁、フィッシュオイル*、ココナッツ、チアシード、乾燥卵、トマト、ケール、パンプキン、ホウレン草、ブルーベリー、リンゴ、ニンジン、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸)
穀物 使用しています。
玄米、粗挽き米、米糠など
添加物 使用していません。

ニュートロシュプレモ エイジングケア の口コミ・評判まとめ

雑種10kg前後のわんこ3匹の基本食になりました 毛ヅヤが良くなったように思います
引用元:Amazon

粒の大きさを確認せず購入。意外と食いつきが良かったので結果オーライでした。ありがとうございました
引用元:Amazon

風味も良くうちの11才のグルメな犬は、ガツガツ美味しそうに食べてました☆
引用元:Amazon


ロイヤルカナン インドア ライフ シニア (室内での生活が多い小型犬専用フード 中~高齢犬用)

シニアのために、ふやけやすい粒を採用しています。高たんぱくで消化率を高めた超高消化性タンパクを使用しています。

価格 0.8kg/1袋 通常価格:1,577円 (税込)

公式記載価格
※価格は調査時点のものです。ご購入の際は、再度ご確認ください。
1㎏あたりの価格 1,825円 +税
たんぱく質量 22.0 %以上
カロリー 382kcal / 100g
原材料 とうもろこし、米、とうもろこし粉、植物性分離タンパク*、肉類(鶏、七面鳥)、コーングルテン、動物性脂肪、加水分解動物性タンパク(鶏、七面鳥)、ビートパルプ、魚油、大豆油、トマト(リコピン源)、加水分解酵母(マンナンオリゴ糖源)、ルリチシャ油、マリーゴールド抽出物(ルテイン源)、アミノ酸類(L-リジン、L-チロシン、タウリン、DL-メチオニン、L-カルニチン)、ポリリン酸ナトリウム、ゼオライト、ミネラル類(Ca、K、Cl、Mg、P、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、イノシトール、E、ナイアシン、C、パントテン酸カルシウム、B6、B2、B1、葉酸、ビオチン、B12)、βーカロテン、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

*超高消化性タンパク(消化率90%以上) 主原料はすべて天然由来原料を使用。着色料を使用していない為、粒の色調等にばらつきがある場合がありますが、品質に問題はありません。
穀物 使用しています。
とうもろこし、米、とうもろこし粉など
添加物 使用しています。
BHA、没食子酸プロピルなど

ロイヤルカナン インドア ライフ シニア (室内での生活が多い小型犬専用フード 中~高齢犬用) の口コミ・評判まとめ

丸のみの、我が家のヨーキー、これなら、吐き出さず丸呑みしても心配なく食べさせることができます。歯周病から、牙4本しか残っていないので、かみ砕くことはできず、とりあえず、丸のみですが、少し大きい粒のものだと、すぐ吐き出してしまいます。
室内フリーにしていますし、3ワンコで追いかけっこで運動しますので、このフードから、離れることはありませんね。
引用元:Amazon

喜んで毎日食べています。たまに飽きて食べないときもあります。そんなときはおやつでごまかします。
引用元:Amazon

開け口がジップロックになっているので大丈夫だと思いますが、空いたままにしていると湿気が入ったり酸化したりすると思うので、それに気をつければよいと思います。念のため中にシリカゲルを入れ使っています。每日食べさせてますが、特に異常はありません。
引用元:Amazon


ペティオ リモナイトラボ 室内犬用 7歳からシニア犬用

シニア犬の関節に配慮してグルコサミン・コンドロイチンを配合しています。体重管理のために脂肪分を20%カットした低カロリーのドッグフードです。

価格 1kg/1袋 通常価格:1,477円 (税込)

Amazon掲載価格
※価格は調査時点のものです。ご購入の際は、再度ご確認ください。
1㎏あたりの価格 1,368円 +税
たんぱく質量 15.5%以上
カロリー 394kcal / 100g
原材料 肉類(鶏・鶏レバー)、小麦粉、脱脂大豆、でんぷん類、脱脂米ぬか、植物性油脂、リモナイト、食塩、かつお粉末、オリゴ糖、サメ軟骨抽出物(コンドロイチン含有)、乳酸菌(EC-12株(熱処理済))、γ-リノレン酸、グリセリン、ミネラル類(カルシウム・マンガン・亜鉛・鉄・銅・ヨウ素・コバルト・ケイ素)、プロピレングリコール、pH調整剤、リン酸塩(Na)、保存料(ソルビン酸K)、酸化防止剤(V.E・エリソルビン酸Na・V.C)、ビタミン類(A・B2・B12・D・E・コリン)、グルコサミン、香料、メチオニン
穀物 使用しています。
小麦粉など
添加物 使用していません。

ペティオ リモナイトラボ 室内犬用 7歳からシニア犬用 の口コミ・評判まとめ

外へのお散歩は行かないので、フンの臭いが少なくて助かります。
引用元:Amazon

いつもこの商品です
15歳ですがこちらの商品を煮込んで与えています。元気で喜んで食べうんちも臭くないので助かります。又買います!!
引用元:Amazon


モグワン

グルコサミン、メチルスルフォニルメタン(MSM)、コンドロイチン

価格 1.8kg/1袋 通常価格:3,960円 (税込)

Amazon掲載価格
※価格は調査時点のものです。ご購入の際は、再度ご確認ください。
1㎏あたりの価格 2,037円 +税
たんぱく質量 28%
カロリー 344kcal / 100g
原材料 チキン&サーモン53%(チキン生肉20%、生サーモン11%、乾燥チキン11%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%)、サツマイモ、エンドウ豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ミネラル(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン―水和物、硫酸銅(Ⅱ)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、セイヨウタンポポ、トマト、ジンジャー、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、メチルスルフォニルメタン(MSM)、コンドロイチン、乳酸菌
穀物 使用していません。
添加物 使用していません。

レティシアン モグワン の口コミ・評判まとめ

ボストンテリアの7ヶ月の子にあげています。
食べない食べないとレビューにあったので、恐る恐る注文しましたが、全く問題無くガツガツ喜んで食べています。
引用元:Amazon

我が子は今までのドッグフードだと食べむらがあったが、食いつきがよかったです!
便の臭いもあまりしなくなりました。配送も早くどこよりもお値段が安いのでこれからもリピートする予定です!
引用元:Amazon

初めは良く食べましたが食いつきが良くないです。しょうがなくせかされて食べるような感じです。
引用元:Amazon


【老犬・シニア期】ドッグフードの与え方、コツ

老犬期になると、筋肉量減るため基礎代謝おちて、必要カロリーも減っていきます。

そのため成犬期と同じ量のドッグフードをあげると肥満になってしまいます。かといって成犬期用のフードを減らして与えてしまうと必要栄養分が足りなくなってしまいます。

シニアの必要な栄養について考慮されたドッグフードを選ぶようにしましょう。

シニア専用ドッグフードとは

シニア用フードは政権期に比べ、100g当たりのカロリーに違いがあります。

基礎代謝が落ちてくる老犬期にはカロリーが低くても栄養素がしっかり摂取でき、消化に負担のかからないものが必要です。

シニア用フードは、低カロリーでありつつ、必要な栄養素がしっかりとれる設計となっています。

また、脳の働きを良くするオメガ3脂肪酸や、関節に必要なグルコサミン・コンドロイチンなどが配合されているものが多く見受けられます。

与える量

体重別の表記を基準にあげるようにしましょう。

少量でも太ってしまう実感がある場合は、少し運動量を増やしてみましょう。

それでも太る場合は病気の可能性もあるので、動物病院を受診してみましょう。

与える回数

1日2回が基本です。

食べることが負担になっている場合は1日3~4回にしてもよいでしょう。

食事の感覚は、約12時間おき。

コツと注意点

食欲が落ちてきた場合は嗅覚の衰えが関係していることがあります。

40度くらいの白湯をドッグフードにかけて、香が立つようにしてみましょう。

噛めない場合にも、お湯をかけてあげるとよいです。ふやかして少しつぶしたり、ペースト状にすると、より食べやすくなります。

飲み込みが悪い場合にも喉越しを良くする効果があります。

老犬・シニア期によくある質問Q&A

7歳のダックスを飼っています。最近噛んだり飲み込んだりする力が落ちてきた気がします。今までドライフードだったのですが、ウェットタイプの方が食べやすいのでしょうか?
ウェットタイプ、もしくはドライフードをふやかして

高齢になると歯石がたくさん付着し、歯がぐらついてしまう子もいます。その場合ドライフードが食べにくくなるケースが見受けられます。食べにくそうにしているのであればいったんウエットタイプにしてもよいでしょう。ドライフードをふやかす方法もあります。

11歳のMIXを飼っています。ずっとアダルト用をあげ続けているのですが、特に体調や体重の変化など感じません。このままアダルト用をあげていて大丈夫でしょうか?
出来れはシニア用にしましょう

可能であればシニア用に変更しましょう。シニア用には老齢犬に必要な成分が含まれています。オメガ3脂肪酸や、グルコサミンコンドロイチンがその一例です。また、シニア用は循環器疾患などにそなえて塩分量が控え目になっています。

ネットで「シニア用フードにするとタンパク質が足りなくて衰弱が早まる」と読んだのですが、本当でしょうか?
栄養バランスが良いものを選びましょう

シニア用のドッグフードは様々なコンセプトで作られています。タンパクが制限されているものもありますが、そうではないものもありますので、しっかりドッグフードの表記を見てください。腎臓や肝臓が悪いなど病気を抱えている場合はタンパク制限が必要です。そのような病気を抱えていない場合は良質なタンパクをしっかり含んだドッグフードが良いでしょう。

結論

足腰が衰えたり、病気も心配な老犬期。

消化吸収能も少しづつ衰えて、食も細くなっていきます。

だからこそ無駄なものが含まれない確かな品質のドッグフードを選んで、元気な毎日を送ることができるようにしてあげましょう。

ドッグフードペディアの結論

高齢のワンちゃんに与えるならモグワンがおすすめ

モグワンモグワンは高齢のワンちゃんに大切なグルコサミン・コンドロイチンやオメガ6,3脂肪酸を配合したドッグフードです。

低カロリーで高たんぱく、必要な栄養素がしっかりと摂れるようつくられているので、食が細くなったワンちゃんでも安心して与えることが出来ます。

公式サイトで確認する


よく読まれている記事