1. ホーム
  2. 犬種別で選ぶ!お悩み解消ドッグフード
  3. ≫キャバリアの悩みを解消するドッグフード

キャバリアの悩みを解消するドッグフード

キャバリアが元気で長生きするためには?グレインフリー&無添加のドッグフードが答えです。アレルギー・アトピー・肥満・食いつきの悩みの解消法も解説します

繊細でウエーブのかかった被毛、軽やかな歩き方が特徴的なキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル。ふわっとした被毛、きれいな毛並が素敵ですが、

  • 皮膚を痒がり、舐めたり咬んだり
  • 足を痛がり、歩きたがらない
といったトラブルでお悩みの飼い主さんが多数いらっしゃいますし、心臓が悪くなることでも有名な犬種です。かわいいキャバリアにいつまでも元気でいてもらうために、キャバリアに最適なフードを獣医と選びましょう。

キャバリアにはキャバリア専用のドッグフードを買うべき?

キャバリア専用ドッグフードはあり?なし?

涙やけやアレルギーになることが多いキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル。特に皮膚のトラブルを抱えるキャバリアは多く、こじれる傾向にあります。また、膝蓋骨脱臼という関節疾患で悩まされることもしばしば。

そんなキャバリアには、キャバリア専用のドッグフードが販売されていますが、内容はどうなのでしょうか?もしもそれが合わなかった場合、どの様なドッグフードを選べばよいのでしょうか?

「ドッグフードのどこをチェックして選べばいいのかわからない…」というときには、獣医が注目する以下のポイントを最低限満たすべきポイントとしてチェックしてください。キャバリアの場合は、

  • グレインフリー
  • 無添加
  • ヒューマングレード
  • グルコサミン・コンドロイチンが含まれているか
の4点です。

グレインフリー・無添加・ヒューマングレードについてもっと詳しく学ぶにはこちら。
健康にいいドッグフードの選び方3つのポイント


line01それでは、この4つのポイントを見ながら有名商品をチェックしてみましょう。
breed_senyou_drcheckline01

ロイヤルカナン キャバリア専用


チェックポイント 評価 内容
グレインフリー
ダメ
トウモロコシ・米などが多く含まれています
無添加
ダメ
保存料(ソルビン酸カリウム)・酸化防止剤(BHA・没食子酸プロピル)などが含まれています
ヒューマングレード
ダメ
家禽ミート・植物性分離タンパクなどが含まれています
グルコサミン・コンドロイチン
ふつう
加水分解甲殻類、加水分解軟骨として含まれています

ウエルケア キャバリア専用


チェックポイント 評価 内容
グレインフリー
ダメ
米糠・小麦・グルテンフィードなどが含まれています
無添加
ダメ
二酸化ケイ素などが含まれています
ヒューマングレード
ダメ
チキンミール・グルテンミールなどが含まれています
グルコサミン・コンドロイチン
ダメ
原材料に含まれていません
各社原材料表より記載

「キャバリア専用」ドッグフードはあまり期待しないほうがよい

breed_senyou_cavalier02キャバリア専用のドッグフードで「グレインフリー」「無添加」「ヒューマングレード」「グルコサミン・コンドロイチン含有」を完全に満たしているもの、つまりお勧めできるドッグフードは「ない」という結果になりました。パッケージには「キャバリア専用」と表記されていますが、実際に食べさせることを考えると、すすんで選びたいドッグフードではない印象を受けました。

では、どんなフードなら安心して食べることができるのでしょうか?

キャバリアが元気で長生きするために必要なドッグフードNo.1は!

カナガンドッグフードカナガンドッグフード
キャバリアは皮膚疾患・膝蓋骨脱臼などの関節疾患が多く、心疾患(特に僧帽弁閉鎖不全症)になる確率も非常に高いと言われています。このことを考慮すると、おすすめしたいドッグフードはカナガンドッグフードです。

皮膚病やアレルギーに対しては、良質なたんぱく質や脂肪酸が含まれているドッグフードを選ぶ必要があります。良質なたんぱく質とは、ヒトが食べても遜色がないようなグレードの肉のことを指し、これを「ヒューマングレード」といいます。市販の安価なドッグフードで使用されているような、廃棄寸前の粗悪な肉は、大切な家族の一員である犬には食べさせたくないですよね。カナガンドッグフードでは、人間も食べられるレベルの良質な鶏肉が使用されているので安心して与えることができます。

また、犬は本来穀類の消化が苦手で消化不良を起こしてしまいます。しかし市場には、穀類を大量に含むドッグフードがたくさん出回っています。原材料表に「トウモロコシ」「小麦」「コメ」などの表記があるドッグフードは避けましょう。カナガンドッグフードは穀類を一切使用しておらず、炭水化物源としては犬のおなかに優しく血糖値を上げにくいサツマイモが採用されています。

また、関節疾患に悩まされるキャバリアたちが多くいますので、グルコサミン・コンドロイチンが含まれていることもドッグフードを選ぶうえで大切です。カナガンですと、これらの成分もしっかり配合されています。

キャバリアの安心ドッグフードNO.1はカナガンドッグフード!

これが食べたい!

まとめると、キャバリアの長生きのために大切なポイントは、

  • ヒューマングレードの原材料
  • グレインフリー
  • 無添加
  • グルコサミン・コンドロイチン配合

となり、これをすべて満たしているドッグフードがカナガンドッグフードになります。皮膚や関節がデリケートなキャバリアに試してほしいドッグフードです。

ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
公式ホームページは ▶▶こちら



トラブル・悩みのあるキャバリアにおすすめのドッグフード

キャバリアの悩みと言えば、

① 皮膚の痒み(アレルギー)
② 関節疾患
③ 心臓病
です。

皮膚の痒み(アレルギー)

ネルソンズドックフード

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは皮膚のトラブルが多く、マラセチア性皮膚炎を併発することが非常に多いです。また、アレルギーで皮膚の痒みが激しく薬が欠かせない犬たちも沢山います。このようなトラブルを抱えるキャバリアには、カナガンドッグフードをおすすめしています。

アレルギーは外部から侵入する「微生物」「草木の花粉」「イエダニ」などに対する免疫反応や「食物」に対する過敏反応です。最近問題になっているのは、同じ分類に入るものすべてにアレルギー反応を示す例です。例えば、豚肉に対してアレルギーがある場合は、牛肉もアレルギー反応を示すケースや、スギ花粉がダメな場合はリンゴにもアレルギー反応を示すなどです。このようにアレルギーは複雑になっていっています。

このような状況からわんちゃんを守っていくためには、アレルギーを助長すると言われている添加物や廃棄寸前の肉、もともと消化が苦手な穀類を含んでいない、人間が食べることができるレベルの原材料を使用しているドッグフードを選択してあげてください。カナガンドッグフードでしたら、良質な肉を使用し、穀類・添加物を使用していないので、安心して与えることができます。

また、アレルギーは細菌感染と同時に起きることがほとんどですので、皮膚のバリアも強くしていく必要があります。皮膚に特に必要な成分は、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸です。両方とも皮膚に必要な脂肪酸です。食品では亜麻仁や魚油・海藻に多く含まれるEPAやDHAが代表です。

カナガンドッグフードには「サーモンオイル」「海藻パウダー」が含まれており、オメガ3脂肪酸をしっかり摂取することができますので、皮膚トラブルのあるキャバリアに安心です。

ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
公式ホームページは ▶▶こちら

関節疾患

カナガンドックフード

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは丈夫な骨格をもっていますが、意外に関節疾患の多い犬種なので、関節ケア成分の配合されている「カナガンドッグフード」をおすすめしています。

特にキャバリアの場合、「膝蓋骨脱臼」が多く、内側に脱臼する内方脱臼が多く見られます。これは遺伝するとも言われています。膝蓋骨が脱臼すると膝を曲げにくくなり、びっこをひくようになります。特に安静状態から動こうとするときに脱臼が起こる傾向が強く、少し歩くと膝蓋骨があるべき位置に移動するので違和感なく歩行するようになりますが、脱臼を繰り返すうちに膝蓋骨を支える靱帯が伸びてしまい、脱臼したまま戻らなくなることも珍しくありません。

靱帯は筋肉につながっていますし、筋肉は骨につながっています。靱帯が本来ない方向へ引っ張られてしまうと筋肉を介して骨を引っ張るようになります。このような状態が長く続くと骨格が歪んでしまいますのでケアをしてあげましょう。

また、加齢とともに手首の関節を痛めることも多く、関節の保護はできるだけ早い段階からしてあげる方がいいでしょう。
おすすめのカナガンドッグフードには、関節の健康維持のためにとりたい成分コンドロイチン・グルコサミンが配合されているので、普段の生活で無理なくケアしてあげることができます。

ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
公式ホームページは ▶▶こちら

心臓病

アランズナチュラルドッグフード

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは先天的に心疾患の発生率が高いと言われる犬種です。良質のドッグフードを食べ、心臓に負荷のかかる肥満にならないように気をつけましょう。その点では、おすすめNo.1のカナガンドッグフードか、「アランズナチュラルドッグフード」も適しています。

元気そうに見えていても、毎年1回の健康診断は欠かさないようにしてください。肥満になると脂肪が蓄積します。その脂肪には毛細血管が張り巡らされていて、脂肪の蓄積によって毛細血管が増えると心臓から送り出された血液が再び心臓へ戻ってくるまでの血管の長さが長くなり、心臓に負荷がかかります。

ヒトでは肥満は成人病の原因になると言われていますが、それは犬でも同様のことが言えますし、遺伝的に心臓疾患が高い確率で発症すると言われているキャバリアではなおさら注意が必要です。特に、「僧帽弁閉鎖不全症」という心疾患になる確率が高いと言われています。僧帽弁とは、左心房と左心室の間にある弁で、僧帽弁閉鎖不全症とはこの弁がきちんと閉じることができなくなり血液の流れに支障をきたすものです。できるだけ心臓への負担を減らすために、肥満予防としてドッグフードの脂肪含量に注目してあげましょう。

キャバリア体重推移グラフ

上のグラフでピンク色の範囲に入っている犬は肥満気味ですので、ドッグフードや運動の見直しが必要になります。
おすすめのアランズナチュラルドッグフードは脂質量が12.5%と低いので肥満のリスクが低く、ヒューマングレードの原材料を使用しているので、安心して与えることができます。

ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
公式ホームページは ▶▶こちら

有名ドッグフードとキャバリアの相性をチェック

グレインフリー 無添加 もう1ポイント 価格
ロイヤルカナン
コーギー専用
ダメ
ダメ
米・副産物・酸化防止剤などの添加物が含まれアレルギー注意 1.5kg 2770円
プロマネージ
室内犬用
ダメ
ダメ
穀類・肉類・フィッシュミールなど副産物、酸化防止剤など添加物が含まれアレルギー注意 1.7kg 1781円
ウエルケア
キャバリア用
良い
ふつう

添加物の記載なし
副産物が含まれ、添加物の記載はないが安心はできない。アレルギー注意 2.4㎏ 2030円
アイムスシリーズ
ダメ
ふつう

着色料使用なし
穀類・肉副産物・魚副産物が含まれているが、着色料の使用なし。アレルギー注意 1㎏ 1111円
カナガン
良い
良い
タンパク源はチキンのみ
オメガ3脂肪酸としてサーモンオイル、海藻含有
2kg 3960円
アランズ
ドッグフード
良い
良い
タンパク源はラムのみ
オメガ3脂肪酸として亜麻仁、サ-モンオイル、海藻パウダー
2kg 3960円
ネルソンズ
ドッグフード
良い
良い
タンパク源はチキンのみ
亜麻仁、サ-モンオイル、海藻パウダー
2kg 3960円
アカナ
良い

(1部商品のみ)
良い
ラムのみ・ダックのみ
フィッシュのみなど単一タンパク質のアレルギー用ドッグフードあり
2.27kg 4644円

アレルギー、関節疾患、心臓疾患と様々な事に気を配らなくてはいけないキャバリアです。何に注目するかによってドッグフードの選択は変わりますが、総合的に判断しておすすめは「カナガン」です。

ヒューマングレードであることはもちろん、消化器系に負担をかける穀類を使用していないグレインフリーです。また、皮膚の抵抗力を上げるために必要なオメガ3脂肪酸を多く含む「サーモンオイル」「海藻」を含みますし、「コンドロイチン・グルコサミン」を配合し関節への配慮もしっかりしています。
ドッグフードでお悩みの飼主さまに一度お試しいただきたいドッグフードです。

カナガンドッグフードカナガンドッグフード
キャバリアの長生きと悩みの解消のために欠かせない条件、グレインフリーと無添加をしっかり満たした優秀なフードです。プレミアムドッグフードであるにもかかわらず、体重が6kgのキャバリアなら1日あたり約170円です。良質のドッグフードは病気になりにくい健康な体作りには欠かせません。迷わずカナガンをおすすめします。

公式サイトで確認する

まとめ

アレルギー・関節疾患・心疾患で悩まされることの多い犬種、キャバリア。「グレインフリー」「ヒューマングレード」「無添加」の良質の原材料を使用しているドッグフードを選び、健康な皮膚を保ち、関節に負担がかからないように体重管理をしっかり行う事が元気に毎日を送るための秘訣です。

よく読まれている記事

安心ドッグフードの選び方を
もっと詳しく知りたい方にはこちら

  • おすすめランキング

    おすすめランキング
    人気のフード6つの実力を辛口採点しました。

  • 選び方

    ドッグフードの選び方
    健康を守るために欠かせない注目ポイントを解説しています。
     

  • 粗悪な原料の危険と避け方

    粗悪な原料の危険と避け方
    安価なドッグフードの現実…知らなかったでは済まされません。

【執筆者】 獣医師 平松育子先生

bottom_writer山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の病院勤務を経て、2006年にふくふく動物病院を開業。飼い主と犬のかけがえのない日々の手助けをすることをモットーに、疾患の治療だけでなく、最適なドッグフードの選択のお手伝いも含めライフスパンのトータルケアを行う。プロフィールをもっと見る▶