1. ホーム
  2. 犬種別で選ぶ!お悩み解消ドッグフード
  3. ≫チワワの悩みを解消するドッグフード

チワワの悩みを解消するドッグフード

繊細なチワワが長生きするためには?吸収率がいい&無添加のドッグフードが答えです。少食・わがまま、下痢・嘔吐、涙やけの悩みの解消法も解説します

人気犬種ランキングで2位にランクインしている人気のチワワ。まるで語りかけてくるようなうるうるの瞳と小さな体がかわいいだけでなく、愛情深く人懐っこい性格が飼い主のこころを癒してくれることで非常に愛されている犬種です。

とてもかわいいチワワですが、華奢な見た目の通り体質はやはり繊細で、いざ飼うとなると健康面での悩みが尽きません。特に多い悩みは次の4つ。

  1. 少食・わがまま
  2. 肥満
  3. 嘔吐や下痢などお腹を壊しやすい
  4. 涙やけを起こしてしまう

そんなチワワの悩みを解決できるドッグフードがあります。もちろん個体差はありますが、チワワという犬種に共通の悩みはドッグフード選びで解決できる可能性が高いです。

トラブルを起こしやすいドッグフードの避け方と、チワワが元気で長生きできるドッグフードの選び方を解説していきます。

チワワが元気で長生きするためにあげたいドッグフードNO.1は!

カナガンドッグフード

カナガンドッグフード
わがままチワワも勢いよく食べた安心ドッグフード

動物愛護の先進国、イギリスで開発された、チキンベースのドッグフード。人間も食べられるレベルの良質でおいしいチキンを使用しているので、お肉のいい香りが食欲を刺激して嗜好性抜群なため、食にうるさいチワワでも満足した子が多数。「トッピングなしでもドライフードを食べられるようになった」「おやつが要らなくなった」「痩せ気味から標準体形になれた」などの口コミがチワワの飼い主さんから寄せられています。気になる価格は体重2kgのチワワの場合、1日あたり65円と続けやすいのがリピーター続出の理由です。

ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
公式ホームページは ▶▶こちら

チェックポイント1 無添加であるか

チワワのからだに合ったドッグフードを選ぶ際には、無添加(穀物不使用)であるかというのが一番の重要ポイントです。

身体の小さなチワワにとって、口にするものに有害な物質が含まれているとその影響がダイレクトに出てしまいます。同じ添加物を1g摂るのでも、体重20kgの大型犬なら大したことがないとしても、体重2kgのチワワが食べると10倍の影響を受けてしまうことになります。

避けなければならない添加物とは、具体的には以下のものを指します。

  • 酸化防止剤
  • 着色料
  • 香料

これら添加物はアレルギーの誘発や発がん性などの危険性が指摘されており、既に人間の食べものへの使用は禁止されているのに動物用のフードには未だ使用されてしまっているものもあります。そして添加物が使用されるということは、原料となる肉などの品質も低いということを意味しています。おいしく安全な肉であれば、添加物を利用しておいしそうに加工する必要がないからです。

チワワの体は下痢・嘔吐や涙やけといった症状で添加物の影響を大きく受けやすいので、特にこの点は慎重にチェックすることが大切です。

チェックポイント2 消化・吸収に負担の少ないグレインフリーがGOOD

一度に食べられる量の少ないチワワは、低血糖症になりやすい犬種です。一度の食事でお腹に負担をかけずにしっかり栄養をとりたいものです。

小さくてかわいらしいチワワですが、体のつくりは肉食そのもの。チワワの体にとって楽で負担の少ない栄養は、良質な肉によるタンパク質だということを忘れてはいけません。市販の安価なドッグフードのほとんどが肉よりもトウモロコシ・小麦などの穀物を多く使用しており、これが肉食であるチワワにとっては大変消化しにくいものなので、下痢嘔吐などの消化不良症状の原因になっていることがあります。体に合ったタンパク質を十分にとるためには、穀類を使用せず、良質な肉を中心につくられている「グレインフリー」「ヒューマングレードのタンパク質源」使用のドッグフードを選びましょう。

この2つのポイントを押さえると、チワワへのおすすめナンバーワンドッグフードは無添加&グレインフリーのカナガンドッグフードです。

トラブル・悩みのあるチワワにおすすめのドッグフード

少食・わがまま

canagan_main_rankingチワワの飼い主さんは少食や偏食、食のわがままで悩みに悩んでおられる方ばかり… 悩みの内容も、食が細い・ドライフードを噛まない・トッピングをしないと食べないなど様々ですが、そんな飼い主さんにぜひ試していただきたいのがカナガンドッグフードです。これは人間もおいしく食べられるレベルの高品質な鶏肉を贅沢に使用したドッグフードなので、ドライといえど素材の香りがしっかり残っていて食いつきがすごいんです。粒も細かく、小さなチワワの口でも食べやすいように小粒かつ真ん中に穴が開いている形状になっています。

そして注目したいのがストレス緩和ケア成分として、カモミールなどのハーブ類が配合されていること。これが精神的にもデリケートなチワワをリラックスさせてくれるため、わがままや甘えん坊でお困りの家庭の役に立つかもしれません。

ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
公式ホームページは ▶▶こちら

肥満・ダイエット

ndf_main_ranking小柄なチワワですが、実は肥満で悩んでいる子多数。
チワワの肥満の原因は、

  • 主食のドッグフードを食べず、おやつをあげてしまう
  • 去勢・避妊手術の前後で太りやすくなる

が多いですね。

これを解決するためには、おやつを必要以上に与えなくてもいいよう毎食のドッグフードをおいしくしっかり食べてもらうことに尽きます。必要な栄養をしっかり摂りつつカロリーと脂肪分を抑えたいならアランズナチュラルドッグフードがおすすめです。こちらはラム肉製のドッグフードなので、お肉のいい香りで気まぐれなチワワの食欲もしっかり刺激し、毎食のごはんをしっかり食べてもらえるようになります。

気になるカロリーは、100gあたり約334kcal。カナガンドッグフードは100gあたり361kcalなので、9%ほどカロリーオフになっています。脂質はカナガン17%に対し、アランズは12kcalと42%オフ。このデータを見ると、チワワの体力維持に必要な炭水化物とタンパク質をしっかりとりつつ、脂肪分を控えることができるのがわかります。

ダイエット中でもコミュニケーションをとるためにおやつをあげたいというのが飼い主の本音ですが、そんなときはアランズナチュラルドッグフードを少量あげましょう。おやつとして食べるにも十分おいしく食べごたえがあります。その分を朝(昼)晩の食事から引けばカロリーもしっかりコントロールできるので安心です。

ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
公式ホームページは ▶▶こちら

下痢・嘔吐

カナガンドッグフードチワワの悩みで特に多い下痢・嘔吐などの消化器症状。関連する症状として、オナラの匂いでお困りというおうちも多いです。犬はもともと嘔吐しやすい動物のため、吐いてもまたすぐ食べものを食べることができたり元気に過ごしていたりすれば問題にならないのですが、心配なのは元気がないとき。

チワワは身体が小さく、溜めておけるエネルギー量が小さいため、低血糖症になりやすい犬種です。一度に食べられる量も多くないため、少量でもしっかり消化吸収できてしっかり身になるドッグフードが望ましいのです。

下痢・嘔吐で悩むチワワにおすすめNO.1は、冒頭でもご紹介したカナガンドッグフード。こちらがお腹の弱い子にもおすすめの理由は、炭水化物源としてサツマイモを使用していることにあります。市販の安価なドッグフードでは、炭水化物源として肉以上にトウモロコシ・小麦を使用してしまい、肉食の犬の消化器に負担をかけているケースが多いのですが、カナガンで使用されているサツマイモは消化率が高く、安心して与えることができます。

また、サツマイモはGI値が低く、糖分がゆっくり時間をかけて吸収され、長持ちするため、長い時間空腹状態にならずに過ごすことができます。そしてサツマイモに含まれるビタミン類が免疫力アップ、ストレスへの抵抗力をアップさせてくれる効果もあります。サツマイモがもっと多くのドッグフードでも採用されるといいのですが、高価な原料のためなかなか他では見当たりません。

ユーザーからも、うんちの量や状態がよくなったとの口コミが多数寄せられています。

ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
公式ホームページは ▶▶こちら

涙やけ

ndf_main_rankingチワワは涙やけに悩まされることも多い犬種です。涙やけは、目が大きい小型犬に起こりやすく、ドッグフードに含まれるタンパク質が体質に合っていないときに生じやすいと言われています。動物病院で診てもらったり清潔にするなどのケアを続けても改善しない場合は、ドッグフードの変更を試してみた方がいいでしょう。

涙やけのあるチワワにはタンパク質の種類を変えてみることが有効なケースが多いので、ラム肉を原料としたアランズナチュラルドッグフードがおすすめです。

こちらは添加物もゼロなので安全性はパーフェクト。人間も食べられるおいしいクオリティのラム肉をたっぷり使用しているため、食いつきに悩みのあるチワワも喜んで食べたとの口コミ多数です。

おすすめ1位のカナガンはチキンベースのドッグフードなので、「うちの子、チキンは合わないかもしれない…」と感じる方は、こちらのラム肉のアランズナチュラルドッグフードを試してみるのがいいでしょう。

ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
公式ホームページは ▶▶こちら

有名ドッグフードとチワワの相性をチェック!

グレインフリー 無添加 おなかに優しい 価格
カナガン
ドッグフード
とても良い
とても良い
とても良い
2kg 3,960円+税
アランズ
ドッグフード
とても良い
とても良い
良い
2kg 3,960円+税
アカナ
アダルト・スモール・ブリード
ふつう
とても良い
良い
2.27kg 4,644円
ナチュラルハーベスト
ベーシックフォーミュラ
メンテナンス・スモール
ダメ
ふつう
ふつう
1.59kg 2,500円
ニュートロシュプレモ
小型犬成犬用
ダメ
良い
良い
3kg 3,200円
アボダーム
スモールブリード・アダルト
ダメ
ふつう
ふつう
2.2kg 3,349円
ユーカヌバ
チワワ用
ダメ
ふつう
ダメ
0.8kg 1,490円
サイエンスダイエット
小型犬用成犬用
ダメ
ふつう
ふつう
3kg 2,550円
スタイルズ
チワワ用
ダメ
ダメ
ふつう
1.2kg 1,296円
アイムス
小型犬用成犬用
ダメ
ダメ
ダメ
2.2kg 1,630円
ロイヤルカナン
チワワ成犬用
ダメ
ダメ
ダメ
1.5kg 2,792円

「チワワ用」と名づけられている商品でも、チワワの体が本当に必要としている条件をクリアしているものはわずかですね。有名な売れ筋商品でもふたを開けてみると品質が悪く、グレインフリーと無添加の条件を満たしていませんでした。

ドッグフードペディアおすすめのカナガンアランズナチュラルドッグフード以外では、アカナ・アダルトスモールブリードも品質がいいのですが、こちらは2.27kgで4,644円とかなり高額な価格帯になります。同程度の品質をクリアしているカナガンアランズナチュラルドッグフードは2kgで3,960円なので、続けやすさも考慮するとこちら2点の方が安心しておすすめできるドッグフードと言えます。

チワワが元気で長生きするために、そして食いつき・下痢嘔吐・涙やけなどのトラブルを解消するためには、やはりカナガンドッグフードが一番安心です。

カナガンドッグフードカナガンドッグフード
健康で長生きな体の基礎をつくれるドッグフード
チワワの長生きと悩み解消のために欠かせない条件、無添加と高吸収率をしっかり満たした優秀フード。プレミアムドッグフードであるにもかかわらず、1日あたり97円と手ごろな価格で続けやすいのが嬉しいです。涙やけ、下痢嘔吐など消化不良のトラブルなどでお悩みのチワワ、食のわがままが出てきてしまったチワワも、カナガンドッグフードならフードジプシーが止まる可能性大です。

▶公式サイトで確認する

まとめ

毎回の食事のたびに「これなら食べてくれるかなぁ…」「これがだめだったら次はどうしよう…」と悩みに悩んで疲れ果ててしまいますよね。嘔吐・下痢の症状があるときは片付けも大変で、飼い主も犬も情けなくつらい気持ちになってしまいがちですし、栄養が不足しないか、体力の低下も心配になります。大切な家族の一員であるチワワに元気で長生きしてほしいというのは飼い主全員の切実な願いです。

毎日の悩みを解消して、かわいいチワワとゆったりした気持ちで暮らせるように、ドッグフードを安心なものにぜひ変えてみてください。

【あわせてよく読まれている記事】

安心ドッグフードの選び方を
もっと詳しく知りたい方にはこちら

  • おすすめランキング

    おすすめランキング
    人気のフード6つの実力を辛口採点しました。

  • 選び方

    ドッグフードの選び方
    健康を守るために欠かせない注目ポイントを解説しています。
     

  • 粗悪な原料の危険と避け方

    粗悪な原料の危険と避け方
    安価なドッグフードの現実…知らなかったでは済まされません。

【執筆者】 獣医師 平松育子先生

bottom_writer山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の病院勤務を経て、2006年にふくふく動物病院を開業。飼い主と犬のかけがえのない日々の手助けをすることをモットーに、疾患の治療だけでなく、最適なドッグフードの選択のお手伝いも含めライフスパンのトータルケアを行う。プロフィールをもっと見る▶