1. ホーム
  2. 犬種別で選ぶ!お悩み解消ドッグフード
  3. ≫ミニチュアダックスフンドに合ったドライフードの選び方とおすすめNo.1は?

ミニチュアダックスフンドに合ったドライフードの選び方とおすすめNo.1は?

うちのダックスが元気で長生きするためには?グレインフリー&低脂肪のドッグフードが答えです。ダイエット、アレルギー、毛並み、好き嫌いの悩みの解消法も解説します
人気犬種ランキング3位にランクインするダックスフンド。全犬種のなかで最も胴が長いのが特徴です。

ミニチュアダックスフンドは標準体重4kg台の小柄な犬ですが、もともと狩猟犬として走り回っていたルーツがあり、かなりの筋肉質な犬種なので、タンパク質の摂取と運動が多めに必要なんですよね。

太りやすく、健康管理を怠ると椎間板ヘルニアなどの重い持病を患ってしまいがちなダックスの飼育に頭を悩ませる飼い主さんが多数です。特に多い悩みは次の5つ。

  1. 肥満になりやすく、ダイエットが必要
  2. 涙やけ・目やに
  3. 好き嫌いが多い
  4. 毛並みが悪い・皮膚炎
  5. 便秘・下痢しやすい

そんなダックスフントの悩みを解決できるドッグフードがあります。もちろん個体差はありますが、ダックスフントという犬種に共通の悩みはドッグフード選びで解決できる可能性が高いです。

トラブルを起こしやすいドッグフードの避け方と、ダックスフントが元気で長生きできるドッグフードの選び方を解説していきます。

ダックスフントが元気で長生きするためにあげたいドッグフードNO.1は!

アランズナチュラルドッグフード

アランズナチュラルドッグフード
低脂肪なのに驚きの食いつきのよさ!

ミニチュアダックスフンドにぴったりのドッグフードを選ぶ際には、長い背骨を支える筋肉を保つために高タンパク質であることと、肥満を防ぐために低脂肪であることの2点のチェックが必要です。

その基準でドッグフードペディア監修選んだおすすめドッグフードがこれ。脂質が12%と低めの設定で太りにくいのが一番のオススメ理由です。プレミアムドッグフードは脂質が15%以上で高カロリーなものが多いなか、アランズナチュラルドッグフードだけは高タンパクと低脂質を両立させています。

さらに、脂質と糖質の代謝を促進するビタミンB1を含む玄米が使用されているので、糖尿病が心配なダックスと相性◎。また賢いダックスは好き嫌いをしやすいので、ラム肉のおいしい匂いで抜群の食いつき力を誇るアランズナチュラルドッグフードなら、食いつきの悩みも解消できる可能性大です。

ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
公式ホームページは ▶▶こちら

チェックポイント1 高タンパクであるか

ダックスフンドのからだに合ったドッグフードを選ぶ際には、「高タンパクであるか」というのが一番の重要ポイントです。

ダックスフンドの体は小柄ですが、長い背骨をしっかり支える筋肉を保つためにタンパク質をたくさん摂る必要があります。アランズナチュラルドッグフードは人間も食べられるレベル(ヒューマングレード)の上質でおいしいラム肉をたっぷり使用しているので、ダックスのタンパク質源に適しています。

チェックポイント2 低脂肪であるか

ダックスフンドはもともとアナグマや野ウサギなどの素早い小型動物を狩猟していた猟犬だったため、健康に暮らすためにはかなりの運動量が必要な犬種です。ですが、日本の住宅事情では、なかなか日常的には十分に運動させてあげられないのが実情ですよね・・・

そこで大切なのがドッグフードの脂肪分をしっかりチェックすること。脂肪分は内臓や毛並みの健康にとって大切な成分ですが、太りやすい犬種ダックスフンドがとりすぎると肥満に直結してしまいます。ドッグフードの脂質は10~12%程度の低脂質のものを選びましょう。

この2つのポイントを押さえると、ダックスフンドへのおすすめナンバーワンドッグフードは高タンパク&低脂質のアランズナチュラルドッグフードです。

トラブル・悩みのあるミニチュアダックスフンドにおすすめのドッグフード

肥満・ダイエット

ndf_main_rankingダックスの飼い主さんがもっとも頭を悩ませるのはカロリーのコントロール。好奇心旺盛で人懐こい性格のダックスは、人間の食べものをねだることも多く、つい与えてしまい、結果として普通のドライフードを食べなくなってしまいどんどん贅沢に…という話をよく聞きます。よくあるダイエット食に変えると毛並みがぱさぱさになったり、体調を崩したり、すぐお腹が空いて結局かなりの量を食べないと満足しないなどのケースもあります。

そんな飼い主さんにぜひ試していただきたいのが、冒頭でもご紹介したアランズナチュラルドッグフードです。他の高級ドッグフードがおおむね脂質16-17%と高脂質気味であるなか、唯一アランズナチュラルドッグフードは脂質12%と低脂肪の設定。

ダックスフントは太りすぎると長い背骨に大きな負担がかかり、椎間板ヘルニアなどにかかりやすいため、カロリーダウンをしつつ筋力を維持する必要がありますが、アランズナチュラルドッグフードは低脂質・高タンパクのバランスがとても優れているので安心です。

ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
公式ホームページは ▶▶こちら

涙やけ

nelsons_main_ranking

ダックスフンドはくりくりのかわいい目をしていますが、涙やけ・目やにを起こしやすい犬種です。涙やけ・目やにの原因のひとつはドッグフードの相性が悪いこと。

ドッグフード中の添加物が体に溜まってうまく排出できず、涙に含まれて出てきてしまっているのが涙やけだと言われています。また、原料の肉の相性が悪い場合も涙やけが起こることがあります。

これを解決するためにはカナガンドッグフードがおすすめです。おすすめナンバーワンのアランズナチュラルドッグフードがラム肉使用のフードであるのに対し、カナガンはチキンを使用した無添加ドッグフードです。脂質はアランズよりやや高めになっているので肥満気味のダックスにはおすすめしにくいですが、運動がしっかりでき、ダイエットの心配がない子なら、涙やけ対策としてカナガンに変えてみるのが有効な方法です。

ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
公式ホームページは ▶▶こちら

好き嫌い

ndf_main_ranking
ダックスはとてももの覚えがよく頭のいい犬種。それゆえ一度おいしいものの味を覚えてしまうとなかなか市販のドライフードを食べず、フードをローテーションさせたりトッピングをしたりと苦戦してしまいます。

ウェットフードはドライフードに比べると食いつきのいいフードですが、あのしっとり感を出すために大量の添加物が使用されているので、内容的にはドライフードより危険なのです。

おいしさと安心を両立させるのであれば、人間も食べられるレベル(ヒューマングレード)のおいしいお肉を新鮮なまま使用したドライフードをあげるのがベストです。それが叶うのは冒頭でもご紹介したアランズナチュラルドッグフードです。アランズナチュラルドッグフードは良質な生のラム肉をたっぷり使用しているため、開封すると私たち人間にもわかるほどふんわりとおいしそうなラム肉の匂いが漂ってきます。嗅覚のすぐれた犬にとってはまさにごちそうの香り。87%の犬が大喜びで食べたとのアンケート結果が出ています。

その上価格は体重4kgのダックスであれば1日あたり129円とお手頃なのが嬉しいです。

ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
公式ホームページは ▶▶こちら

毛並み・皮膚炎

カナガンドッグフード

続いて多い悩みが毛並みや皮膚のトラブル。毛並みが悪かったり、皮膚炎ができてかゆがったりする場合の原因は3つあります。

1つは良質なタンパク質不足。もう1つは添加物へのアレルギー反応。もう1つは腸内環境が悪いということです。

これらを改善するのに有効なのはカナガンドッグフードです。これは動物愛護の先進国・イギリスで大変評価の高いドッグフードで、健康な犬の体づくりをするために徹底的にこだわってレシピが開発されています。犬の健康をサポートする成分が、フードだけでサプリ並みに充実しているので、本国イギリス&日本で人気が高まっています。

輝く毛並みをつくるオメガ3脂肪酸(DHA・EPA)を豊富に含むサーモンオイルと海藻、腸内環境改善のオリゴ糖、関節ケアのグルコサミンコンドロイチンなど、サプリを足してでもとりたい有効成分がもともと入っているドッグフードはそうありません。かなりおすすめです。

ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
公式ホームページは ▶▶こちら

便秘・下痢

canagan_main_ranking

便秘・下痢などおなかのトラブルで悩むことも多いダックスフント。原因はさまざまですが、1つにはドッグフードの消化不良や含まれている成分へのアレルギー反応が挙げられます。

その場合、ドッグフードに穀物が使用されていないか確認してみる必要があります。安価なドッグフードでは、かさ増しのために肉より多く小麦やトウモロコシを混ぜてコストダウンしていることがほとんどで、この穀類が肉食のダックスの消化器に負担をかけてしまうのです。

おすすめはカナガンドッグフード。穀物を使用しないグレインフリーのドッグフードで、炭水化物源としては低アレルギー、低GIのサツマイモを使用しています。サツマイモは血糖値の上昇がゆっくりなので、肥満や糖尿病になりやすいダックスと非常に相性のいい食材です。食物繊維やお腹に優しいハーブ類も配合されているのでおすすめです。

ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
公式ホームページは ▶▶こちら

ダックス専用のドッグフードはある?

犬種専用ドッグフードは売っている?チワワ専用のドッグフードは、次のメーカーから発売されています。

ユーカヌバ(Eukanuba) ミニチュア・ダックスフンド用

  • 対象年齢:成犬(1歳以上)
  • 太りすぎによる足腰への負担がないようカロリーを調整
  • 動物性タンパク高め(鶏、七面鳥)、トウモロコシ・小麦・大麦使用
  • 酸化防止剤:BHA、没食子酸プロピル
  • カロリー:非公開
  • 価格:2.7kg 4,298円
  • 原産国:オランダ
  • コーギー、ダンディ・ディンモント・テリア、オーストラリアン・テリア、スカイ・テリア、プチ・バセット・グリフォン・バンデーンにも適した栄養バランス

スタイルズ ミニチュアダックス用

  • 成犬用、6歳以上用、10歳以上用と年齢別バリエーションあり
  • 口が小さく噛む力が弱い子用の、ソフト(半生)タイプ。歯磨きケアが必要
  • 動物性タンパク高め(チキン等、内容不明)、穀類(内容不明)使用
  • 酸化防止剤:プロピレングリコール、ソルビン酸カリウム、エリソルビン酸ナトリウム、ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物と多め
  • カロリー:約250kcal/100g
  • 価格:1.2kg 1,382円
  • 原産国:日本(サンライズ社)

ロイヤルカナン BHN ダックスフンドシリーズ

  • パピー用(離乳~生後10か月)、成犬用(10か月~7歳ごろ)、中高齢犬用(8歳~)
  • 骨の健康のためカルシウムとリンの配合バランスに配慮
  • 動物性タンパク少なめ(鶏、七面鳥)、米使用
  • 酸化防止剤:ソルビン酸カリウム、BHA、没食子酸プロピル
  • カロリー:373 kcal/100g(成犬用)やや高め
  • 価格:1.5kg 2,797円(公式通販マイロイヤルカナン)
  • 原産国:ポーランド、フランス、ロシア、中国、南アフリカ、カナダ、アメリカ、ブラジル、アルゼンチンのいずれか

以上3つが代表的なダックス専用フードです。同じダックス用であっても、メーカーごとに価格帯や対象年齢、素材、カロリーなどに特徴が違います。おうちのチワワの性格や体質に合わせて気になるポイントをチェックしていきましょう。

ダックスが元気で長生きするために、そして肥満・涙やけ・好き嫌い・毛並み・下痢便秘などのトラブルを解消するためには、やはりアランズナチュラルドッグフードが一番安心です。

アランズナチュラルドッグフードアランズナチュラルドッグフード
高タンパク・低脂肪・無添加のクオリティ+おいしさが最高レベル
ダックスの長生きと悩み解消のために欠かせない条件、高タンパクと低脂肪をしっかり満たした優秀フード。プレミアムドッグフードであるにもかかわらず、1日あたり129円と手ごろな価格で続けやすいのが嬉しいです。

肥満、涙やけ、毛並みなどのトラブルなどでお悩みのダックス、好き嫌いが激しいダックスも、アランズナチュラルドッグフードならフードジプシーが止まる可能性大です。

▶公式サイトで確認する

まとめ

運動やカロリー制限が大切だとわかってはいても、なかなかセオリー通りの生活を365日続けるのは難しいですよね。ドライフードをおいしそうに食べてくれないとかわいそうで、ついトッピングやおやつを足してカロリーオーバーになりがちです。そんなご家庭こそ、難しい手作り食に無理やり移行するのではなく、品質の面でもおいしさの面でも信頼できるドライフード1つと出会えることが一番幸せではないかとドッグフードペディア編集部は願っています。

毎日の悩みを解消して、かわいいダックスとゆったりした気持ちで暮らせるように、ドッグフードを安心なものにぜひ変えてみてください。
よく読まれている記事