1. ホーム
  2. 犬種別で選ぶ!お悩み解消ドッグフード
  3. ≫フレンチブルドッグの悩みを解消するドッグフード

フレンチブルドッグの悩みを解消するドッグフード

ミニチュアシュナウザーが元気で長生きするためには?グレインフリー&無添加のドッグフードが答えです。アレルギー・アトピー・肥満・食いつきの悩みの解消法も解説します

愛嬌のあるスタイルで人気のフレンチブルドッグですが、

  • いつも痒そうに1日中ぼりぼり・・
  • お腹の調子が良くない
などなど、悩みがつきません。
ドッグフードは合っていますか?おやつを沢山あげていませんか?ヒトのごはんを少しならとあげていませんか?フレンチブルドッグには、体質にぴったり合ったドッグフードを見つけてあげましょう。

フレンチブルドッグにはフレンチブルドッグ専用ドッグフードを買うべき?

フレンチブルドッグ専用ドッグフードはあり?なし?

色々心配なことの多いフレンチブルドッグ。特に、皮膚のトラブルが多く、薬を飲まないと痒みがおさまらないことも多いです。

そんなフレンチブルドッグには専用のドッグフードが販売されていますが、内容はどうなのでしょうか?皮膚トラブルの多いフレンチブルドッグに安心して選ぶことのできるドッグフードはあるのでしょうか?獣医の視点で厳しくチェックしました。

ドッグフードを選ぶときにはチェックすべきポイントがいくつかあります。そのポイントに沿って選択すると迷いません。フレンチブルドッグの場合、

  • グレインフリー
  • 無添加
  • ヒューマングレード
の3点です。

グレインフリー・無添加・ヒューマングレードについてもっと詳しく学ぶにはこちら。
健康にいいドッグフードの選び方3つのポイント


line01それでは、この3つのポイントを見ながら有名商品をチェックしてみましょう。
breed_senyou_drcheckline01

ロイヤルカナン フレンチブルドッグ専用


チェックポイント 評価 内容
グレインフリー
ダメ
トウモロコシ・米などが多く含まれています。
無添加
ダメ
保存料(ソルビン酸カリウム)・酸化防止剤(BHA・没食子酸プロピル)などが含まれています。
ヒューマングレード
ダメ
家禽ミート・植物性分離タンパクなどが含まれています

ウエルケア フレンチブルドッグ


チェックポイント 評価 内容
グレインフリー
ダメ
米糠・小麦・グルテンフィードなどが含まれています。
無添加
ダメ
二酸化ケイ素などが含まれています。
ヒューマングレード
ダメ
チキンミール・グルテンミールなどが含まれています。


「フレンチブルドッグ専用」ドッグフードはあまり期待しないほうがよい

breed_senyou_miniature schnauzer02フレンチブルドッグ用のドッグフードで「グレインフリー」「無添加」「ヒューマングレード」を満たしているもの、つまり安心して食べられるドッグフードは「ない」という結果になりました。

口コミなどを見ていると「おすすめ」「評判がいいから買いました」「良く食べます」などのおすすめコメントがたくさんありますが、使用されている原材料面では残念な結果になりました。

では、どんなフードなら安心して食べることができるのでしょうか?

フレンチブルドッグが元気で長生きするために必要なドッグフードNo.1はカナガン!

カナガンドッグフードカナガンドッグフード
フレンチブルドッグはアトピー・アレルギー・消化器疾患に気をつけたい犬種なので、ドッグフードは「カナガンドッグフード」をNO.1としておすすめしています。被毛は短く柔らかいのが特徴です。

フレンチブルドッグは代表的な短頭種で、呼吸器系のトラブルの多い犬種です。暑さ・寒さに非常に弱く、湿度や温度調節を必要とします。体重が増加すると呼吸器のトラブルが悪化しますのでカロリーオーバーには十分な注意が必要です。

カナガンドッグフードはダイエット用フードではありませんが、体格に合った適量をしっかり計量して与えていれば大丈夫です。

またアレルギーやアトピーの犬が非常に多く、親犬などにアレルギー体質の犬がいる場合、アレルギー形質が子供にも遺伝すると言われています。アレルギーの犬の場合、アレルゲンとなる穀類(トウモロコシ・小麦・大麦など)を避けたいので、グレインフリー(穀物不使用)のカナガンドッグフードなら安心です。穀類は犬にとって、消化器官の異常や、皮膚のトラブルといったアレルギーを引き起こす原因の一つとなっていますので避けてあげてください。

カナガンドッグフードは無添加で、保存料や着色料のような発がん性物質が含む添加物は使用されていません。アレルギーの犬の中には化学物質に対してアレルギー反応を起こしている子もいますので、無添加のものを選んであげましょう。

また、グレードの低い肉を使ったドッグフードはさまざまな疾病を引き起こす原因になる場合もあります。特にフレンチブルドッグは皮膚がデリケートで、皮膚疾患を引き起こしやすい犬種なので、ドッグフードは良質なものを選ぶ必要があります。

french_bulldog2

カナガンドッグフードは、高品質な肉だけを厳選して使用しているので、フレンチブルドッグのおなかに負担をかけません。安価なドッグフードを選んでしまうと、肉の副産物であるフェザーミール・ミートミールなどは、人間の食べものであれば廃棄するような粗悪な部位がタンパク源として使用されてしまっています。グレードの低いドッグフードはさまざまな疾病を引き起こす原因になる場合もあります。

腸は、ドッグフードが必ず通過する場所で「体内最大の免疫器官」と言われています。粗悪な原材料を使用した「餌」は止めましょう。グレードが低く、副産物を多く使用したタンパク質や穀類、着色料や保存料などの添加物は、デリケートなフレンチブルドッグの皮膚や消化管に負担をかけます。

フレンチブルドッグの安心ドッグフードNO.1はカナガンドッグフード!

3pointsこれが食べたい!



以上をふまえると、次の3つを満たしたカナガンドッグフードがフレンチブルドッグにとっておすすめNo.1となります。

フレンチブルドッグには少し粒の大きさが小さいかもしれませんが、皮膚トラブルや消化不良でお悩みの犬たちに食べてもらいたいドッグフードです。

ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
公式ホームページは ▶▶こちら



トラブル・悩みのあるフレンチブルドッグにお勧めのドッグフード

フレンチブルドッグの悩み・なりやすい病気と言えば、

① アレルギー・アトピー
② 下痢
③ 涙やけ
④ 皮膚病
⑤ 抜け毛
です。

アレルギー・アトピー

カナガンドッグフード

フレンチブルドッグは皮膚のトラブルが非常に多く、特に「アトピー」「アレルギー」で皮膚の痒みに悩まされる犬が多くいます。アレルギーも「食べ物」「草木」「コットンやウールなどの布製品」「ハウスダスト」などに反応し、複数の原因が絡み合う場合も少なくありません。

特に「アトピー」はこじれることが多く、薬が切れなくなる場合が多いです。皮膚の免疫力の低下や、免疫能の異常なども関与しますので、皮膚の免疫力を上げ、皮膚コンディションを整えるためにも良い原材料を使用したドッグフードを選ぶ必要があります。

アトピーの子のドッグフード選びのポイントは、
1.オメガ3脂肪酸を摂取できる(亜麻仁油・えごま油・背の青い魚(EPA,DHA)・海藻など)
2.グレインフリー、ヒューマングレード、無添加である
3.単一タンパク質源である

の3つをチェックする必要があります。そこで私は、アトピーのフレンチブルドッグには、おすすめNo.1と同じく「カナガンドッグフード」をご紹介しています。これはこの3つのポイントを満たすフードだからです。

被毛に特に必要な脂肪酸はオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸です。これは、必須脂肪酸と呼ばれ、食べものから摂取しなければ、体内で作ることができません。両方皮膚に必要な脂肪酸ですが、最終的にオメガ3脂肪酸は炎症を抑える物質、オメガ6脂肪酸は炎症を促進する物質が作られるため、バランスが大切です。

カナガンドッグフードには「サーモンオイル」「海藻」が配合されていて、必須脂肪酸をバランスよく摂ることができます。

また、アレルギーやアトピーは外部から侵入する「細菌などの微生物」「花粉」「寄生虫やダニ・ノミ」などに対する免疫反応、または「食べもの」に対する過敏反応です。この反応が過剰すぎて身体に「痒み」「クシャミ」「下痢」などの何らかの反応が出ている状態がアレルギーやアトピーです。

痒みというのは、「食べ物」「花粉・ノミダニを含む環境」「微生物」が大きな原因になります。実は、粗悪な原材料や添加物、着色料を使用しているドッグフードなどがアレルギーやアトピー爆発的に増加している要因の一つではないかと言われています。

カナガンドッグフードには、これらの粗悪な原材料や添加物が使用されていないので、アトピーの子にも安心しておすすめできるのです。

「アトピーの犬に対して手作りご飯はどうでしょうか?」というご質問をよく受けますが、手作りご飯は栄養バランスをとっているようで実は過不足が出てしまいます。やはりドッグフードメインで考えた方が良いですね。

ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
公式ホームページは ▶▶こちら

下痢

カナガン

フレンチブルドッグは軟便や下痢になることが非常に多いのですが、ドッグフードを変更することで良化することがしばしばあります。軟便や下痢のあるフレンチブルドッグには「カナガンドッグフード」をおすすめしています。

食べものが原因の下痢には「食物アレルギー」と「食物不耐性」があります。両方症状は「下痢」や「嘔吐」です。では、何が違うのでしょうか?

「食物アレルギー」は免疫反応が関与しますが、「食物不耐性」は免疫反応が関与しません。食物不耐性は特定の食物を分解する消化酵素を持っていなかったり(牛乳を飲んだらお腹がゴロゴロする乳糖不耐性が有名です)、添加物などの化学物質を体が処理できなかったことなどが原因になります。

食物不耐性とは、アレルギーよりも意味合いが広く、ドッグフードやドッグフードの構成成分、添加物などに起因するあらゆる身体への悪影響が含まれています。食物不耐性は個人差がはっきりしていて、ある犬には大問題を引き起こす成分が、他の犬にはまるで影響を起こさなかったりします。

では、「食物アレルギー」と「食物不耐性」はどのように見分ければよいのでしょうか?一番簡単な見分け方は、

  • 下痢や嘔吐などの消化器症状のみの場合:食物不耐性
  • 消化器症状もあるが、皮膚の痒みなども伴う場合:食物アレルギー

です。ですから、食物不耐性の場合はどの食品や添加物などに腸が耐えられないのかが分かれば、その食品や添加物を摂取しなければ問題は解決します。

食物アレルギーの場合は体内で免疫反応が起きているので、「類似する食品」や「おなじ系統の食品(例】菜種がダメならキャベツもダメ。両方アブラナ科です)」に対しても反応します。ヒトでは「ソバアレルギー」が有名ですが、ソバに対して食物アレルギーを持っているヒトが、間違ってソバを食べてしまったときに最悪亡くなるケースがあります。これは、アレルギー反応の暴走で「アナフィラキシ―ショック」と呼ばれ、普通のアレルギー反応よりも激しい反応が起こることによって引き起こされるものです。

このような症状をできるだけ引き起こさないためには「無添加」で良質なドッグフードを選ぶ必要があります。そこでお勧めするドッグフードは「カナガン」です。ヒューマングレード・グレインフリーのフードであることはもちろん、無添加であることもお勧めの点です。

ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
公式ホームページは ▶▶こちら

涙やけ

ndf_main_ranking

涙やけがひどいフレンチブルドッグには、「アランズナチュラルドッグフード」をおすすめしています。

涙やけは
・鼻涙管狭窄
・アレルギー
・ドッグフードのタンパク量や質が合わない
などが原因で起こります。鼻涙管は目の涙点から鼻の奥につながり涙を流す通路です。この通路が細い、曲がっているなどの理由で涙が流れなくなると目の外にあふれて目の周囲がいつも濡れていたり、涙に含まれるタンパク質が酸化して茶色くなったりします。

フレンチブルドッグは短頭腫で涙管のトラブルが多い犬種なので、余計涙やけがひどくなる傾向にあります。だからこそ良質のドッグフードを選択し、できるだけトラブルを回避してあげたいものです。

そこでお勧めするドッグフードは「アランズナチュラルドッグフード」です。ヒューマングレード・グレインフリー・無添加であることに加え、粗タンパク量が20%とほかのドッグフードに比較して控えめなので、涙やけの改善に有効です。特に涙やけがひどい場合は一度お試しいただきたいドッグフードです。

ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
公式ホームページは ▶▶こちら

皮膚病

カナガンドッグフード

フレンチブルドッグは、アトピーやアレルギーだけではなく、細菌性皮膚炎や真菌症も多発します。これは、皮膚の抵抗力が弱いことなどが原因です。こんな子には「カナガンドッグフード」をおすすめしています。

皮膚の免疫力の低下や免疫能の異常なども関与しますので、治療にあたっては、皮膚の免疫力を上げ、皮膚コンディションを整えるためにも良い原材料を使用したドッグフードを選ぶ必要があります。皮膚病になりやすいフレンチブルドッグにおすすめなのは「カナガンドッグフード」です。

被毛に特に必要な脂肪酸はオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸です。これは必須脂肪酸と呼ばれ、食べものから摂取しなければ、体内で作ることができません。カナガンドッグフードなら、必須脂肪酸をバランスよく摂るのに適しています。

カナガンドッグフードには、「サーモンオイル」「海藻パウダー」などのオメガ3脂肪酸が豊富に含まれていて、なおかつ腸に負担をかける穀類は入っていない「グレインフリー」です。もちろん原材料はヒューマングレードです。

ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
公式ホームページは ▶▶こちら

有名ドッグフードとフレンチブルドッグの相性をチェック

グレインフリー 無添加 もう1ポイント 価格
ロイヤルカナン
フレンチブルドッグ用
ダメ
ダメ
米・副産物・酸化防止剤などの添加物が含まれアレルギー注意 1.5kg 2711円
プロマネージ
室内犬用
ダメ
ダメ
穀類・肉類・フィッシュミールなど副産物、酸化防止剤など添加物が含まれアレルギー注意 1.7kg 1781円
ウエルケア
フレンチブルドッグ用
良い
ふつう

添加物の記載なし
副産物が含まれ、添加物の記載はないが安心はできない。アレルギー注意 2.7㎏ 1934円
アイムスシリーズ
ダメ
ふつう

着色料使用なし
穀類・肉副産物・魚副産物が含まれているが、着色料の使用なし。アレルギー注意 1㎏ 1111円
カナガン
良い
良い
タンパク源はチキンのみ
オメガ3脂肪酸としてサーモンオイル、海藻含有
2kg 3960円
アランズ
ドッグフード
良い
良い
タンパク源はラムのみ
オメガ3脂肪酸として亜麻仁、サ-モンオイル、海藻パウダー
2kg 3960円
ネルソンズ
ドッグフード
良い
良い
タンパク源はチキンのみ
亜麻仁、サ-モンオイル、海藻パウダー
2kg 3960円
アカナ
良い

(1部商品のみ)
良い
ラムのみ・ダックのみ
フィッシュのみなど単一タンパク質のアレルギー用ドッグフードあり
340g 929円
2.27kg 4644円
6.8kg 10584円
13kg 15120円

色々比較してみると、最終的にやはりおすすめは「カナガンドッグフード」です。いろいろなドッグフードの原材料を見ると、数行にわたって聞いたことがないような材料が入っているドッグフードがありますが、カナガンドッグフードはいたってシンプルで、聞いたことのある原材料です。私たちにとって身近なものだからこそ聞いたことがある名前なのです。

犬たちは食べものを選ぶことはできません。与えられたものを食べて暮らしていきます。

  • 無添加
  • 廃棄処分するような肉や魚は使用していない
  • 腸に負担のかかる穀類が入っていないもの

犬の健康を第一に願う獣医師としては、このような条件に当てはまる良質なドッグフード「カナガンドッグフード」をお勧めします。

カナガンドッグフードカナガンドッグフード
フレンチブルドッグの長生きと悩みの解消のために欠かせない条件、グレインフリーと無添加をしっかり満たした優秀なフードです。プレミアムドッグフードであるにもかかわらず、体重が10kgのフレンチブルドッグなら1日あたり327円です。この価格で健康に過ごせるなら・・・迷わずカナガンドッグフードをおすすめしたいです。

公式サイトで確認する

フレンチブルドッグの適正体重・平均寿命をチェック

性質:遊びが大好きで、やんちゃな面があり愛嬌たっぷりの犬種です。梅雨や夏などの高温多湿に弱いので夏場の環境には気を配る必要があります。運動は必要ですが、最低限で大丈夫です。

適正体重
9~12kg
出生時・・・200g前後
出生から11カ月までの体重変化例

フレンチブルドッグ体重推移グラフ

1歳から平均寿命までの体重変化
1歳:9kg
2~10歳:9.0~12.0kg
10~14歳:8~11kg

コラム:フレンチブルドッグの抜け毛対策

フレンチブルドッグの被毛はアンダーコートとオーバーコートがある「ダブルコート」です。そのため、換毛期にはアンダーコートがごっそり抜け短い抜け毛がパラパラ・・・と掃除が大変でお悩みの方が多いです。換毛期にごっそり抜けるのは実はいいことなのですが、何とかしたいですよね。

そこでおすすめの対策は、ブラッシングとこまめなシャンプー。換毛は皮膚や被毛のコンディションが良好な証拠です。むやみやたらに止めるわけにはいきません。ラバーブラシで毎日ブラッシングすると抜け毛が取れますし、皮膚のマッサージになります。また、シャンプーは2週間に1回ほどのペースで行うと洗う時に抜け毛が取れます。

お悩みの方はぜひ上記のようなこまめなケアをしてあげてください。

カナガンドッグフードカナガンドッグフード
カナガンドッグフードは皮膚炎、涙やけ、下痢などフレンチブルドッグに多い症状の対策ができ、美しい毛並みを保ってくれることでイギリスで大変人気のあるドッグフードです。獣医師の視点で厳しくチェックし、ナンバーワンとしておすすめしています。

公式サイトで確認する

まとめ

アレルギー・涙やけ・下痢・抜け毛で悩まされることの多い犬種、フレンチブルドッグ。重度のアトピーで悩まされることもしばしば。だからこそ、良質なドッグフードを選んであげてください。添加物やさまざまな原材料の入ったドッグフードは避け、単一タンパク質がお勧めです。

よく読まれている記事

安心ドッグフードの選び方を
もっと詳しく知りたい方にはこちら

  • おすすめランキング

    おすすめランキング
    人気のフード6つの実力を辛口採点しました。

  • 選び方

    ドッグフードの選び方
    健康を守るために欠かせない注目ポイントを解説しています。
     

  • 粗悪な原料の危険と避け方

    粗悪な原料の危険と避け方
    安価なドッグフードの現実…知らなかったでは済まされません。

【執筆者】 獣医師 平松育子先生

bottom_writer山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の病院勤務を経て、2006年にふくふく動物病院を開業。飼い主と犬のかけがえのない日々の手助けをすることをモットーに、疾患の治療だけでなく、最適なドッグフードの選択のお手伝いも含めライフスパンのトータルケアを行う。プロフィールをもっと見る▶