1. ホーム
  2. 犬種別で選ぶ!お悩み解消ドッグフード
  3. ≫ジャック・ラッセル・テリアの悩みを解消するドッグフード

ジャック・ラッセル・テリアの悩みを解消するドッグフード

ジャック・ラッセル・テリアが元気で長生きするためには?グレインフリー&無添加のドッグフードが答えです。アレルギー・アトピー・肥満・食いつきの悩みの解消法も解説します

陽気で活発、元気いっぱいのジャック・ラッセル・テリアですが、

  • 太りやすい
  • 皮膚の痒みでいつもポリポリ・・・
  • アトピーやアレルギーの症状がある
  • 歩き方が気になる

などなど悩みの多い犬種です。飼い主さんからは、「今のドッグフードではカロリーオーバー?」「関節を悪くするって聞いたけど、今のままのドッグフードでいいのか心配」といったご相談をよく受けます。かわいいジャックラッセルにはできるだけ長く元気でいてほしいですよね。獣医と一緒に最適なドッグフードを見つけましょう。

ジャック・ラッセル・テリアにはジャック・ラッセル・テリア専用のドッグフードを買うべき?

ジャック・ラッセル・テリア専用ドッグフードはあり?なし?

肥満や関節のトラブル・皮膚のかゆみなどで悩まされることが多いジャック・ラッセル・テリア。ジャック・ラッセル・テリア専用のドッグフードが販売されていますが、内容はどうなのでしょうか? もしもそれが合わなかった場合、どのようなドッグフードを選べばよいのでしょうか? 

実はジャック・ラッセル・テリアに適したドッグフード選びには、獣医が着目するチェックポイントがあるんです。それを押さえれば、原材料を見るだけで「良い」「悪い」の判断がつきます。

チェックするポイントは、

  • グレインフリー
  • 無添加
  • ヒューマングレード
  • 脂肪の量
の4点です。

グレインフリー・無添加・ヒューマングレードについてもっと詳しく学ぶにはこちら。
健康にいいドッグフードの選び方3つのポイント


line01それでは、この4つのポイントを見ながら有名商品をチェックしてみましょう。ジャック・ラッセル・テリアの場合、専用ドッグフードはウェルケア製の1種類しか販売されていません。
breed_senyou_drcheckline01

ウエルケア ジャック・ラッセル・テリア専用


チェックポイント 評価 内容
グレインフリー
ダメ
米糠・小麦粉などが多く含まれています
無添加
ダメ
着色料の使用はありませんが、ビタミン類などは表記があいまいです
ヒューマングレード
ダメ
チキンミール・グルテンミールなどが含まれヒューマングレードではありません
脂肪含量・質
良い
脂肪含量が8.5~10.5%以上と少なめですが、少なすぎるかもしれません
ウェルケア 原材料表より

「ジャック・ラッセル・テリア専用」ドッグフードは過信しないで!

breed_senyou_jack_russell_terrier02ジャック・ラッセル・テリア専用のドッグフードで「グレインフリー」「無添加」「ヒューマングレード」「脂肪の量」がクリアされているもの、つまり安心して食べられるドッグフードは「ない」という結果になりました。


では、どんなフードなら安心して食べることができるのでしょうか?

愛犬が元気で長生きするために必要なドッグフードNo.1は!

カナガンドッグフードカナガンドッグフード
ジャック・ラッセル・テリアはキツネ狩りの際に馬について走り、キツネを追い出すことを役割としていた犬種なので、かなり高い運動能力を持っています。現代の生活下では、その当時ほどの運動量は実現できないため肥満しやすく、減量が大変です。

また、関節疾患やアレルギー性皮膚炎も多く、悩みの多い犬種です。運動不足になると、肥満だけでなく問題行動(家具などを破壊する・気が荒くなるなど)が起こりやすくなりますので、できるだけ運動を取り入れる必要があります。

このように注意点の多いジャック・ラッセル・テリアに適したフードは、カナガンドッグフードです。

ジャック・ラッセル・テリアの安心ドッグフードNO.1はカナガンドッグフード!

これが食べたい!

  • 良質なタンパク質を原材料に使用していること
  • 穀類を使用していないグレインフリードッグフードであること
  • 不必要な添加物を使用していないこと
  • 関節に配慮していること
  • 脂肪分が多すぎないこと

カナガンは以上のポイントを満たしていますので、ジャック・ラッセル・テリアの肥満防止・関節ケア・皮膚炎の改善が期待できます。少々粒が小さいのが物足りないかもしれませんが、内容を第一に考えるとやはりカナガンをおすすめしたいです。

ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
公式ホームページは ▶▶こちら



トラブル・悩みのあるジャック・ラッセル・テリアにお勧めのドッグフード

ジャック・ラッセル・テリアの悩みと言えば、

① 肥満
② 関節疾患(膝蓋骨脱臼)
③ 皮膚病、アレルギー

が代表的です。

肥満

アランズナチュラルドッグフード

ジャック・ラッセル・テリアは馬について走ることが可能なほどの身体能力があるので、お散歩程度の運動量では運動不足になり太りやすくなってしまいます。現在、半数以上のジャック・ラッセル・テリアが肥満傾向にあると推定されます。特に肥満が気になるジャック・ラッセル・テリアには、「アランズナチュラルドッグフード」というフードをおすすめしています。

体型はBCS(Body Condition Score)で評価し「5段階評価で1が痩せすぎ、5が太り過ぎ」というように現します。現在のジャック・ラッセル・テリアの体型はBCS4以上の割合が多くなっています。また、飼い主さまの8割がダイエットをさせたいと希望しておられますが、なかなかやせないのが現実です。

ジャック・ラッセル・テリア本来の運動量を実現するのは現代の日本では難しいので、ダイエットは食事のコントロールが中心になります。ストレスを溜めず、満腹感を持たせながらダイエットしていくには、脂質量のコントロールが必要です。体重が下のグラフでピンクの範囲に入ると肥満になりますので、ドッグフードの見直しが必要です。

ジャック・ラッセル・テリア体重推移グラフ

子犬の場合は脂質17%程度、成犬・高齢犬では脂質14%程度が良いとされています。おすすめのアランズナチュラルドッグフードは脂質量が12.5%と低く、グレインフリーでヒューマングレードの原材料ですので、被毛のつやがなくなったり、パサパサしたりせず、きれいにダイエットし維持していくことができます。人間も食べられるレベルのおいしいラム肉を使用していますので、犬の満足度が高いのも魅力的です。

ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
公式ホームページは ▶▶こちら

関節疾患(膝蓋骨形成不全)

ネルソンズドックフード

ジャック・ラッセル・テリアは骨格がきゃしゃで関節疾患の多い犬種なので、特に関節をケアしたい場合は「ネルソンズドッグフード」をおすすめしています。

関節疾患のなかでも「膝蓋骨脱臼」が多く、内側に脱臼する内方脱臼が多く見られ、これは遺伝するとも言われています。膝蓋骨が脱臼すると膝を曲げにくくなり、びっこをひくようになります。

特にジャック・ラッセル・テリアの場合、安静状態から動こうとするときに脱臼が起こる傾向が強く、少し歩けば膝蓋骨があるべき位置に戻るので違和感なく歩行するようになるのですが、これを繰り返すうちに膝蓋骨を支える靱帯が伸びてしまい脱臼したままになることも珍しくありません。

靱帯は筋肉につながっていますし、筋肉は骨につながっています。靱帯が本来ない方向へ引っ張られてしまうと筋肉を介して骨を引っ張るようになります。このような状態が長く続くと骨格が歪んでしまいますので、早めのケアが重要です。

おすすめのネルソンズドッグフードは、良質ドッグフードの条件「グレインフリー」「無添加」「ヒューマングレード」を満たすのはもちろん、コンドロイチン・グルコサミンを含み関節にやさしいドッグフードです。

ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
公式ホームページは ▶▶こちら

皮膚病・アレルギ―

ネルソンズドッグフード

ジャック・ラッセル・テリアは皮膚のトラブルが非常に多く、特に「アレルギー」で皮膚の痒みに悩まされる犬が多くいます。これらの症状が気になる場合のおすすめドッグフードは「ネルソンズドッグフード」です。

アレルギーやアトピーは外部から侵入する「細菌などの微生物」「花粉」「寄生虫やダニ・ノミ」などに対する免疫反応、又は「食べもの」に対する過敏反応です。この反応が過剰すぎて身体に「痒み」「クシャミ」「下痢」などの何らかの反応が出ている状態がアレルギーやアトピーです。

市販の安価なドッグフードに使用されている粗悪な原材料や添加物、着色料などが、アレルギーやアトピー爆発的に増加している要因の一つではないかと言われています。ネルソンズドッグフードにはそれらの有害原料は一切含まれていないので、安心して与えることができます。

皮膚病・アレルギーのケアの際は、皮膚のバリアも強くしていく必要があります。そのために必要な栄養素は、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸です。これは必須脂肪酸と呼ばれ、食べものから摂取しなければ体内で作ることができませんジャック・ラッセル・テリアがオメガ3脂肪酸を十分に摂取すると、次のような効果が期待できます。

  • 皮膚や被毛を維持し、毛づやと毛ぶきに良い
  • アレルギーやアトピーの症状緩和

オメガ3脂肪酸は、亜麻仁や魚油・海藻に多く含まれるEPAやDHAが代表的です。ネルソンズドッグフードには「亜麻仁油」「サーモンオイル」「海藻パウダー」が含まれているので、オメガ3脂肪酸をしっかり摂取できます。なおかつ腸に負担をかけ、炎症の原因物質を発生させる穀類も使用されていない「グレインフリー」のフードなので、皮膚炎やアレルギーに悩むジャック・ラッセル・テリアに適しています。

ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
公式ホームページは ▶▶こちら

有名ドッグフードとジャック・ラッセル・テリアの相性をチェック

グレインフリー 無添加 もう1ポイント 価格
ウエルケア
ジャック・ラッセル・テリア専用
ダメ

米糠・小麦粉などが多く含まれています
ダメ
着色料の使用はありませんが、ビタミン類などは表記があいまいです
ダメ
チキンミール・グルテンミールなどが含まれヒューマングレードではありません
2.7kg 1647円
アイムス 体重管理用
(1~6歳)チキン 小粒
ダメ

トウモロコシ粉・粗びきコムギなどが含まれてます
ダメ

着色料の使用はありませんが、ビタミン類やミネラル分の添加があります
ふつう
亜麻仁油が使用され、皮膚や歯石への配慮がありますが、穀類の使用が多く、家禽類が原材料に加えられヒューマングレードではありません
900g 814円
ロイヤルカナン
ミニライトウエイトケア
ダメ
トウモロコシ・大麦米などが高い割合で含まれています
ダメ

BHAなどの酸化防止剤が使用されています
ふつう
着色料は使用していません。肉類・動物性油脂などの表記が多くヒューマングレードではありません。
2kg 1824円
ヒルズ
サイエンスダイエット
ライト
ダメ
トウモロコシ・小麦・コーングルテンなどが高い割合で含まれています
ダメ
着色料の使用はありませんが、ビタミン類やミネラル分の添加があります
ダメ
トリ肉エキス・ポークエキスなどを使用していて、ヒューマングレードではありません。
1.5kg 1933円
ニュートロ
シュプレモ 小型犬用
ダメ

玄米・粗びき米・米糠などが使用されています
ふつう

添加物は使用していますが、表記がはっきりしません
ふつう
チキン生肉・乾燥チキン・乾燥ラム肉・乾燥サーモンなどタンパク質源として採用している点が評価できます。その分穀類の多用が残念です。
1㎏ 1504円
ナチュラルナース
ベーシックフォーミュラ/ナーサリー
ダメ

玄米を使用しています
ふつう

添加物を使用していますが、天然由来成分です
良い
ラム肉・カンガルー肉などアレルギーを起こしにくい原材料を使用し基準も厳しくヒューマングレードです。
800g 2417円
カナガン
良い
良い
タンパク源はチキンのみ
オメガ3脂肪酸としてサーモンオイル、海藻含有
2kg 3960円
アランズ
ドッグフード
ダメ
玄米・全粒オーツ麦など穀類を使用しています
良い
タンパク源はラムのみ
オメガ3脂肪酸として亜麻仁、サ-モンオイル、海藻パウダー
2kg 3960円
ネルソンズ
ドッグフード
良い
良い
タンパク源はチキンのみ
亜麻仁、サ-モンオイル、海藻パウダーが含まれています。コンドロイチン・グルコサミン含有
2kg 3960円
アカナ
良い

(1部商品のみ)
良い
ラムのみ・ダックのみ
フィッシュのみなど単一タンパク質のアレルギー用ドッグフードあり
6.8kg 10584円

色々比較して最終的にやはりおすすめは「カナガンドッグフード」です。色々なドッグフードの原材料を見ると数行にわたって聞いたことがないような材料が入っているドッグフードがありますが、カナガンナチュラルドッグフードはいたってシンプルで、聞いたことのある原材料しか使用されていません。私たちにとって身近なものだからこそ聞いたことがある名前なのです。

犬たちは食べものを選ぶことはできません。与えられたものを食べて暮らしていきます。

  • 無添加
  • 腸に負担のかかる穀類の入っていないもの
  • 廃棄処分するような肉や魚は使用していない
  • グルコサミン・コンドロイチンで関節サポート

犬の健康を第一に願う獣医としては、このような条件に当てはまる良質なドッグフード「カナガンドッグフード」を、安心ナンバーワンとしてお勧めします。

カナガンドッグフードカナガンドッグフード
ジャック・ラッセル・テリアが元気に過ごし、悩みを解決するために欠かせない条件、グレインフリー・無添加・ヒューマングレードをしっかり満たした優秀フードです。1日にかかる食費は237円で、品質を考えるとリーズナブルです。グルコサミン・コンドロイチンも含まれているため関節への配慮もばっちりです。獣医の立場から高品質のドッグフードを食べて病気になりにくい体つくりをするのが最重要と考え、カナガンドッグフードをおすすめしています。

公式サイトで確認する

まとめ

肥満・関節の病気やアレルギー・皮膚炎で悩まされることの多い犬種、ジャック・ラッセル・テリア。運動量の多い犬種なので少しハードな遊びなども取り入れてあげてください。そして第一に、丈夫な体つくりのためにも良質なドッグフードを選んであげましょう。

よく読まれている記事

安心ドッグフードの選び方を
もっと詳しく知りたい方にはこちら

  • おすすめランキング

    おすすめランキング
    人気のフード6つの実力を辛口採点しました。

  • 選び方

    ドッグフードの選び方
    健康を守るために欠かせない注目ポイントを解説しています。
     

  • 粗悪な原料の危険と避け方

    粗悪な原料の危険と避け方
    安価なドッグフードの現実…知らなかったでは済まされません。

【執筆者】 獣医師 平松育子先生

bottom_writer山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の病院勤務を経て、2006年にふくふく動物病院を開業。飼い主と犬のかけがえのない日々の手助けをすることをモットーに、疾患の治療だけでなく、最適なドッグフードの選択のお手伝いも含めライフスパンのトータルケアを行う。プロフィールをもっと見る▶