1. ホーム
  2. 犬種別で選ぶ!お悩み解消ドッグフード
  3. ≫ミニチュアシュナウザーに合ったドライフードの選び方とおすすめNo.1は?

ミニチュアシュナウザーに合ったドライフードの選び方とおすすめNo.1は?

ミニチュアシュナウザーが元気で長生きするためには?グレインフリー&無添加のドッグフードが答えです。アレルギー・アトピー・肥満・食いつきの悩みの解消法も解説します

口ひげが特徴的でスタイルの良いミニチュアシュナウザーですが、

  • 口ひげのよだれやけが気になる
  • 皮膚病が良くならない
  • おしっこのトラブルが多い

など、気になることがたくさんありますよね。飼い主さんからはよく「よだれやけは茶色く染まり、拭いても一向に薄くなる気配もない。何とかしたい!」とご相談があります。確かに、お顔の真ん中だから気になりますよね。

これらの悩みは、ドッグフードで解決できるかもしれませんよ。ミニチュアシュナウザーにぴったりのドッグフードを見つけてあげましょう。

ミニチュアシュナウザーが元気で長生きするために必要なドッグフードNo.1は!

アランズナチュラルドッグフードアランズナチュラルドッグフード
ミニチュアシュナウザーはよだれやけ・皮膚のトラブルに気をつけたい犬種です。ひげがかわいいですが、このひげが唾液で茶色く変色してしまうことがしばしばあり、多くの飼い主さまの悩みになっています。

また、「シュナウザー面疱(めんぽう)症候群」と呼ばれる皮膚炎や脂漏症・アレルギーといった皮膚トラブルも多い犬種です。また尿結晶から尿路結石症を発症しやすく、尿結石の発症率はほかの犬種と比較して7.7倍とかなり高く、シュウ酸カルシウムやリン酸アンモニウムマグネシウム結石がとりわけ多くなっています。

同時に、ミニチュアシュナウザーは非常に太りやすく、体内での脂肪代謝にトラブルのあることの多い犬種です。特に膵炎や高脂血症の発生率が比較的高いと言われています。高脂血症では血液中に脂肪が多く存在している状態で、血液が流れにくくなり循環器系の病気になりやすくなります。これらのトラブルと餌の関連性は無視できないものがあります。

そこでお勧めしたいドッグフードは、アランズナチュラルドッグフードです。アランズナチュラルドッグフードは良質なドッグフードが満たす条件の「無添加」「ヒューマングレード」のすべてを満たしたドッグフードです。アランズナチュラルドッグフードは粗脂肪が12.5%と低いので、脂肪代謝の苦手なミニチュアシュナウザーなのでお勧めです。

また、保存料や着色料のような添加物の中には発がん性物質や化学物質に対するアレルギー反応を起こす子もいますので無添加が望ましいのですが、アランズナチュラルドッグフードはその点も心配ありません。

miniature_schnauzer_01

アランズナチュラルドッグフードは、さまざまな疾病を引き起こす原因となる、「肉の副産物」も不使用なので安心できます。肉の副産物とは、通常であれば廃棄するような部位(フェザーミール・ミートミールなど)のことで、人間の食卓には上がりませんが、安価なドッグフードではタンパク源として使用されてしまっているもののことです。アランズナチュラルドッグフードは人間でもおいしく食べられるレベルのラム肉しか使用されていません。

ミネラル分については粗灰分の表示しかないのが残念ですが、7%と低めなので結石が心配なミニチュアシュナウザーに向いています。さらにミニチュアシュナウザーは皮膚トラブルが起きやすい犬種ですので、アレルギーを引き起こしやすい「小麦・大豆・乳製品・とうもろこし・牛肉・豚肉」を原材料に使用していないアランズナチュラルドッグフードはおすすめです。

ミニチュアシュナウザーの安心ドッグフードNO.1はアランズナチュラルドッグフード!

ミニチュアシュナウザーに多いトラブルを予防・改善するためには、

  • 良質なタンパク質を原材料に使用していること
  • 穀類を使用していないグレインフリードッグフードであること
  • 不必要な添加物を使用していないこと
  • 脂肪分が多すぎないこと
  • ミネラル分が適正であること


 の5点を満たす「アランズナチュラルドッグフード」がおすすめです。

ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
公式ホームページは ▶▶こちら



トラブル・悩みのあるミニチュアシュナウザーにお勧めのドッグフード

ミニチュアシュナウザーの悩み・なりやすい病気と言えば、

  1. よだれやけ
  2. 皮膚病
  3. 尿路結石
  4. 高脂血症

です。

よだれやけ

アランズナチュラルドッグフード

よだれやけは「ドッグフードのタンパク量や質が合わない」などが原因で起こります。では唾液には何が含まれているのでしょうか?

唾液の99.5%が水分です。他には、有機成分(タンパク質・酵素・尿素・尿酸・クレアチニン)、無機成分(ナトリウム、カリウムなど)、ガス、細胞成分などが含まれています。この唾液に含まれる有機成分がひげなどにつき酸化することで茶色く変色します。タンパク量が多すぎたり、タンパク質の質が良くない、合わないと更にひどくなる場合もあります。

だからこそ良質のドッグフードを選択しできるだけトラブルを回避してあげたいものです。そこでお勧めするドッグフードは「アランズナチュラルドッグフード」です。ヒューマングレード・グレインフリーのフードであることはもちろん、無添加であることもお勧めの点です。特によだれやけがひどい場合は一度お試しいただきたいドッグフードです。

ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
公式ホームページは ▶▶こちら

皮膚病

canagan_main_ranking

シュナウザーは皮膚病が多く、特に
 ・シュナウザー面疱症候群(めんぽうしょうこうぐん)
 ・脂漏症
 ・アレルギー性皮膚炎
といった疾患が多くみられます。

各疾患に共通して、皮膚の免疫力の低下や、免疫能の異常などが関与しています。対策としては、皮膚の免疫力を上げ、皮膚コンディションを整えるために、良い原材料を使用したドッグフードを選ぶ必要があります。

被毛に特に必要な脂肪酸はオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸です。これは「必須脂肪酸」と呼ばれ、食べものから摂取しなければ、体内で作ることができない成分です。両方とも皮膚に必要な脂肪酸ですが、最終的にオメガ3脂肪酸は炎症を抑える物質、オメガ6脂肪酸は炎症を促進する物質が作られるため、バランスが大切です。

また、粗悪な原材料や添加物、着色料を使用しているドッグフードなどが、犬のアレルギーやアトピーが爆発的に増加している要因の一つではないかと言われています。

そこでおすすめのドッグフードが「カナガンドッグフード」です。カナガンドッグフードには必須脂肪酸を多く含む「サーモンオイル」「海藻パウダー」が含まれていますし、なおかつ腸に負担をかける穀類は入っていない「グレインフリー」で、危険な添加物は一切使用されていません。もちろん原材料はヒューマングレードです。皮膚炎のあるミニチュアシュナウザーにも安心しておすすめできます。

ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
公式ホームページは ▶▶こちら

尿路結石

canagan_main_ranking

シュナウザーは尿結石ができやすいことで有名です。発生率はほかの犬種に比べて7.7倍といわれています。尿結石ができる条件は、
 ・飲水量の低下
 ・ドッグフードのミネラルバランスが合っていない
 ・体質
などと言われています。

もともと、ミニチュアシュナウザーは飲水量が少なく、結石のリスクの高い犬種です。ドッグフードで十分栄養バランスが摂れているのに、おやつやヒトのご飯をあげていませんか?

ほんの少しでも、もともと結石ができやすい犬種ですし、尿路結石だけでなく胆泥症や胆石もできやすいので、油断は禁物です。

定期的に尿検査を行ったり、「少しにおいがきつい」「尿の色が濃い気がする」「何回も排尿するが少ししか出ていない」などは危険サインを見逃さないようにしてください。
 
体質はコントロールしにくいのですが、飲水量のコントロールやドッグフードの選択はできそうですよね。もともと尿路結石ができやすいミニチュアシュナウザーだからこそ良質なドッグフードを選んであげてください。結石ができてしまうと治療が本当に大変ですし、結石を繰り返します。

そこで、お勧めのドッグフードは「カナガン」です。ヒューマングレードでグレインフリーであることはもちろんですが、カナガンには「クランベリー」が配合されています。クランベリーは尿のpHを調節する効果があり、泌尿器疾患を予防します。また、添加物を使用していないため安心です。

ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
公式ホームページは ▶▶こちら

高脂血症

ndf_main_ranking

ミニチュアシュナウザーはもともと脂質代謝異常がある犬種です。脂質代謝異常から引き起こされる病気は多く、代表的なものは以下です。
 ・糖尿病
 ・甲状腺機能低下症
 ・クッシング症候群
 ・腎疾患
 ・肝臓、胆嚢疾患
 ・急性膵炎、慢性膵炎

高脂血症は血液検査をすればすぐ分かるのですが、本来透明な血漿(けっしょう)という部分が真っ白に濁っています。白いのは簡単にいえば脂肪です。これが原因となり、上記のような病気を引き起こしてしまいます。

ミニチュアシュナウザーは特に高脂血症のリスクが高い犬種です。脂肪分が少なく、繊維を豊富に含んだドッグフードが向いているので、アランズナチュラルドッグフードをお勧めします。高品質で、ヒューマングレードであることはもちろんですが、粗脂肪が12.5%、粗繊維が6.0%と脂肪が少なく、繊維が多いので、高脂血症になりやすいミニチュアシュナウザーにはぴったりです。

ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
公式ホームページは ▶▶こちら

ミニチュアシュナウザー専用のドッグフードはある?

犬種専用ドッグフードは売っている?ミニチュアシュナウザー専用のドッグフードは、次のメーカーから発売されています。

ロイヤルカナン ブリード ヘルス ニュートリション ミニチュア シュナウザー 専用フードシリーズ

  • 対象年齢:子犬用(~生後10ヵ月齢)、成犬~高齢犬用(生後10ヵ月齢~)
  • 配合成分:ミニチュアシュナウザーの泌尿器トラブル予防成分、被毛の色褪せを防ぐアミノ酸を配合
  • 動物性タンパク少なめ(家禽ミート(鶏、七面鳥))、穀物(米、とうもろこし、コーングルテン)使用
  • 酸化防止剤:ソルビン酸カリウム、BHA、没食子酸プロピル
  • カロリー:子犬用377kcal、成犬~高齢犬用363kcal/100g
  • 価格:子犬用1.5kg 3,056円、成犬~高齢犬用3kg 4,515円(公式通販マイロイヤルカナン)
  • 原産国:ポーランド、フランス、ロシア、中国、南アフリカ、カナダ、アメリカ、ブラジル、アルゼンチンのいずれか

イースター ウェルケア ミニチュアシュナウザー専用

  • 対象年齢:全年齢用、7歳以上用
  • 配合成分:皮膚と毛づやのためにDHA・EPA、カモミール、お腹の健康のためにビール酵母、オリゴ糖、健康な生活習慣にコエンザイムQ10、L-カルニチン(+高齢犬用は関節の健康のためのグルコサミン)
  • 動物性タンパク高め(チキン(鶏肉・チキンミール))、穀物(米糠・小麦粉・グルテンフィード・米粉、グルテンミール)使用
  • 酸化防止剤:不明
  • 添加物:香料(ガーリックオイル)
  • カロリー:全年齢用340kcal以上、7歳以上用325kcal以上/100g
  • 価格:全年齢用2.7kg 1,934円、7歳以上用2.4kg 1,934円(Amazon)
  • 原産国:日本

ミニチュアシュナウザー専用フードは、カロリーが控えめで、高タンパク、低脂肪に作られているものが多いです。配合成分は各社で注目ポイントが異なるようです。

アランズナチュラルドッグフードアランズナチュラルドッグフード
ミニチュアシュナウザーの長生きと悩みの解消のために欠かせない条件、グレインフリーと無添加をしっかり満たした優秀なフードです。プレミアムドッグフードであるにもかかわらず、体重が8kgのミニチュアシュナウザーなら1日あたり262円です。この価格で健康に過ごせるなら・・・迷わずアランズナチュラルドッグフードをおすすめしたいです。

公式サイトで確認する

ミニチュアシュナウザーの適正体重・平均寿命をチェック

ドイツ原産の犬で、シュナウザーとは「小さなひげ」の意味で、口周りのひげが大きな特徴になっています。遊び好きで、好奇心が強く、活発な犬種です。警戒心が強い一面もありますが、あまり争いは好みません。活動的ですが、激しい運動は必要なく散歩やボールを使っての運動で十分です。

被毛は密集した下毛と、ワイヤーのような上毛の2層構造です。被毛は抜けにくく伸びるのですが、下毛と余分な上毛を抜いた方が良好な被毛を維持し、退色を防ぐことができるといわれています。週1~2回程度のコーミングと2カ月に1回程度のシャンプーをお願します。

適正体重
7~8kg
出生時・・・180g前後
出生から11カ月までの体重変化例

ミニチュアシュナウザー体重推移グラフ

1歳から平均寿命までの体重変化
1歳:8kg
2~10歳:8.0~9.0kg
10~14歳:7.5~8.5kg

コラム:ミニチュアシュナウザーがかかりやすい皮膚病

ミニチュアシュナウザーは皮膚病に悩まされることの多い犬種です。その代表的なものを紹介します。

シュナウザー面疱(めんぽう)症候群

これはミニチュアシュナウザーの背中にみられる角化異常を原因とする皮膚炎で、首から腰にかけて急疹ができて毛が薄くなります。二次感染が起きると、かさぶたができたり痒くなったりします。治療としては、角質を溶解するシャンプーを用いたり、抗生剤などの投与を行ったりしますが、完治する病気ではありません。治りが悪いときにはホルモン測定検査やアレルギー検査を行う場合もあります。

miniature-schnauzer_01

脂漏症(しろうしょう)

これも多く見られる皮膚病です。脂漏症は、慢性的な角化異常や皮脂腺の分泌機能の変化が原因です。これには、アレルギーやその他の疾患が関係している場合と、関係していない場合があります。関係していない場合を「特発性脂漏症」と言い、これは更に「乾性」と「油性」に分かれます。
特にミニチュアシュナウザーでは遺伝が関与した特発性脂漏症が発症することがあります。痒みを伴わないフケが出て治まらない場合は、特発性乾性脂漏症の可能性が高いです。

アレルギー性皮膚炎

こちらも多い皮膚病です。ミニチュアシュナウザーの場合、「食べ物」「草木」「コットンやウールなどの布製品」「ハウスダスト」などに反応し、複数の原因が絡み合う場合も少なくありません。

これらの疾患のあるミニチュアシュナウザーの飼い主さんには、良質なドッグフードを選んでいただくようお願いしています。「手作りご飯はどうでしょうか?」というご質問をよく受けますが、手作りご飯は栄養バランスをとっているようで、実は過不足が出てしまうものです。やはりドッグフードメインで考えた方が良いですね。

まとめ

よだれやけ、尿結石、シュナウザー面疱(めんぽう)症候群をはじめとする皮膚疾患、高脂血症など様々な病気を心配しないといけないミニチュアシュナウザー。大変ですが、その分「しっかりみてあげないと!」と気合いが入りますよね。ヒューマングレード、無添加のドッグフードをしっかり選んであげてくださいね。

アランズナチュラルドッグフードアランズナチュラルドッグフード
低カロリー、高タンパクな高品質ドッグフードといえばアランズナチュラルドッグフードです。ミニチュアシュナウザーの心配な病気の予防や改善に、もっとも安心しておすすめできるのがこちらです。迷っている方はまずアランズナチュラルドッグフードを試してみるのがおすすめです。

公式サイトで確認する

よく読まれている記事