1. ホーム
  2. 犬種別で選ぶ!お悩み解消ドッグフード
  3. ≫ミニチュアピンシャーに合ったドライフードの選び方とおすすめNo.1は?

ミニチュアピンシャーに合ったドライフードの選び方とおすすめNo.1は?

ミニチュア・ピンシャーが元気で長生きするためには?グレインフリー&無添加のドッグフードが答えです。アレルギー・アトピー・肥満・食いつきの悩みの解消法も解説します

スリムですっきりした体形、元気はつらつなミニチュアピンシャーですが、

  • 太りやすい
  • フケがでやすい
  • 毛が抜ける、皮膚炎が治りにくい
  • 関節疾患

など、悩みは尽きません。
ミニチュアピンシャーにはどのようなドッグフードが合うのでしょうか?一緒に見ていきましょう。

ミニチュアピンシャーにはミニチュアピンシャー専用のドッグフードを買うべき?

ミニチュア・ピンシャー専用ドッグフードはあり?なし?

虫食いのような脱毛が起きたり、フケが出る、太りやすいなどさまざまな悩みがでやすいミニチュアピンシャー。

また、関節疾患になることが多く、特に膝蓋骨脱臼になることが多い傾向にあります。ミニチュアピンシャー専用のドッグフードはあるのでしょうか?他犬種の専用ドッグフードはありますが、ミニチュアピンシャー専用のドッグフードは見つかりませんでした。

では、ミニチュアピンシャーにはどのようなドッグフードを選べば良いのでしょうか?
ドッグフードを選ぶときにポイントがいくつかあります。そのポイントに沿って選択してみましょう。

  • グレインフリー
  • 無添加
  • ヒューマングレード
  • グルコサミン・コンドロイチン

の4点です。

グレインフリー・無添加・ヒューマングレードについてもっと詳しく学ぶにはこちら。
健康にいいドッグフードの選び方3つのポイント


「ミニチュアピンシャー専用」ドッグフードはありません。

breed_senyou_miniature_pinscher02ミニチュアピンシャー専用のドッグフードはありません。ミニチュアピンシャーが健康的な毎日を送るためには、専用フードではないドッグフードから選ぶ必要があるということです。前述の4点を押さえたドッグフードを探してあげましょう。


愛犬が元気で長生きするために必要なドッグフードNo.1は!

カナガンドッグフードカナガンドッグフード
ミニチュアピンシャーは皮膚疾患、関節疾患に気をつけたい犬種です。特に、脱毛やフケ、膝蓋骨脱臼などが多く報告されています。良質なたんぱく質や皮膚に必要な脂肪酸、グルコサミン・コンドロイチンなどの関節保護に必要な原材料がしっかり含まれているドッグフードが必要です。

タンパク質と言ってもさまざまですが、「単一タンパク」「ヒトが食べることができるヒューマングレード」であるものをお勧めします。多くのドッグフードがさまざまなタンパク源を含んでいますが、アレルギー体質の場合少量含まれていても痒みが出ますので、単一のタンパク質の身を使用しているドッグフードの方が選択しやすくなります。

また、脂肪酸は皮膚に必要な必須脂肪酸である「オメガ3脂肪酸」「オメガ6脂肪酸」を多く含むものを選びましょう。グルコサミンはアミノ酸の一種で軟骨を再生したり修復したりする効果があります。一方、コンドロイチンはグルコサミンから作られ、軟骨の分解を抑制し、軟骨に水分をともつ働きがあります。このような成分を含んだドッグフードを選んであげましょう。

そして、グレインフリーであることも重要です。もともと、犬たちは穀類の消化が苦手です。苦手だから炭水化物の最終産物のブドウ糖が体内で余ります。余ると糖尿病になるだけではなく、AGEsという糖化最終産物ができ活性酸素が発生します。この過剰なブドウ糖を消費できる範囲のブドウ糖に減らしてあげることで体内のあらゆる種類の炎症の抑制が期待できます。

ミニチュアピンシャーの安心ドッグフードNO.1はカナガンドッグフード!

これが食べたい!

まとめると、長生きできるドッグフードのポイントは

  • ヒューマングレードの原材料
  • グレインフリー
  • 無添加
  • グルコサミン・コンドロイチン配合

ということになります。

そこでお勧めしたいドッグフードは、カナガンです。
カナガンは原材料がヒューマングレード、穀類を含まないグレインフリー、無添加であることはもちろんのこと、関節に必要なグルコサミンやコンドロイチンを含んでいます。
皮膚や関節がデリケートなミニチュアピンシャーにお勧めのドッグフードです。

ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
公式ホームページは ▶▶こちら



トラブル・悩みのあるミニチュアピンシャーにおすすめのドッグフード

ミニチュアピンシャーの悩みと言えば、

① 太りやすい
② フケがでやすい
③ 毛が抜ける、皮膚炎が治りにくい
④ 関節疾患
です。

太りやすい

アランズナチュラルドッグフード

ミニチュアシュナウザーは太りやすい犬種です。特に、避妊手術・去勢手術の後は肥満になりやすく、手術前の体重を維持するためにはカロリーを30%減らす必要があると言われています。

1歳の頃の体重が適正体重と言われていますので、時々チェックする習慣が大切です。大幅に増加した体重を減らすのは大変ですが、定期的な体重チェックで微調節するのは比較的楽です。

また、ドッグフード選択も大切です。これまでのダイエットは「運動」「フードの量のコントロール」でしたが、これだけではなかなか体重が減らない頑固な肥満が増えています。満腹感をもたせながらダイエットしていくには、脂質量のコントロールが必要です。

また、子犬の頃の生活習慣やフードの選択も重要です。太りやすい体質は生後6か月までに決まります。脂肪細胞の数が6か月までに決定され、その後はこの脂肪細胞が余剰な脂肪をため込み風船のように膨らみます。この脂肪細胞の数が少ないほど太りにくいのです。一度決定された脂肪細胞の数は生涯変わることがないとされています。子犬の頃のドッグフードの選択は大切です。

ミニチュア・ピンシャー体重推移グラフ

上のグラフでピンク色の範囲に入っている犬は肥満気味ですので、ドッグフードや運動の見直しが必要になります。

原材料中の脂質量に着目するとお勧めしたいドッグフードはアランズナチュラルドッグフードです。脂質量が12.5%と低く、グレインフリーでヒューマングレードの原材料ですので、被毛のつやがなくなったり、パサつくなどのトラブルがない状態で健康的にダイエットし維持していくことができます。

ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
公式ホームページは ▶▶こちら

フケがでやすい

カナガンドックフード

フケがでやすいのは、皮膚の乾燥や皮膚が古い角質から新しい角質に変わるターンオーバーがうまくいっていないことが原因です。皮膚はたくさんの働きを持っていますがそのうちの一つに、水分の保持という役割があります。

皮膚は何層かの構造をとっていますが、その皮膚を構成する細胞間の横のつながりが何らかの原因で薄くなると細胞間に隙間ができます。この隙間から水分が蒸散したり、外部から細菌やアレルゲン(アレルギーのもとになる物質)が侵入します。水分の蒸散が多くなると皮膚を構成する細胞の水分が少なくなり、その結果皮膚がはがれやすくなってしまい大量のフケが発生します。

ターンオーバーの異常はさらに複雑な原因で起こりますが皮膚の抵抗力や水分保持力、ドッグフードの質などが問題になります。

そこで、お勧めのドッグフードはカナガンです。カナガンはチキンのみを使用し、サーモンオイルや海藻など皮膚に必要なオメガ3脂肪酸を多く含む原材料を使用しています。

ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
公式ホームページは ▶▶こちら

毛が抜ける、皮膚炎

カナガンドッグフード

ミニチュアピンシャーは小さな範囲の脱毛が起きやすい犬種です。また、細菌性皮膚炎などの皮膚疾患にもなりやすい傾向があります。また皮膚の薄い耳介の端が炎症を起こし脱毛したり、皮膚が欠損することもあります。特に耳の場合は血液循環の問題で脱毛が起きてしまうこともあります。

犬の皮膚はヒトの皮膚に比べて厚みが1/6と薄く、水分保持力が弱くなります。抵抗力が落ちてしまうと簡単に細菌感染が起こり、脱毛や炎症につながります。

皮膚に必要な「オメガ3脂肪酸」「オメガ6脂肪酸」をできるだけ摂取しましょう。これは体内で合成できない脂肪酸ですので、食品から取り入れるしかありません。

また、皮膚を構成する成分はタンパク質がメインなので、良質のたんぱく質を使用しているドッグフ-ドを選びましょう。ドッグフードのタンパク源として「ミートミール」が使用されていることがあります。ミールとは「廃棄すべき部分」に相当します。例えば、皮膚や被毛・ひづめなどです。このような部分がタンパク源として使用されていることもありますが、本来食べる部分ではありません。このような部分がたくさん含まれているドッグフードがありますので、購入する際には原材料表をしっかり見て「~ミール」と表記のあるものは避けましょう。

そこでお勧めするのは「カナガン」です。カナガンはヒューマングレードの原材料を使用していることはもちろん、消化の負担になる穀類を使用していない「グレインフリー」です。また、保存料や着色料などの添加物も不使用です。海藻やサーモンオイルなどの「オメガ3脂肪酸」を多く含むものを原材料として使用しています。

ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
公式ホームページは ▶▶こちら

関節疾患

カナガンドッグフード

ミニチュアピンシャーは関節疾患の多い犬種です。特に膝蓋骨脱臼は多く内側に脱臼する内方脱臼が多くみられます。遺伝するとも言われています。膝蓋骨が脱臼すると膝を曲げにくくなり、びっこをひくようになります。特に安静状態から動こうとするときに脱臼が起こる傾向が強く、少し歩くと膝蓋骨があるべき位置に移動するので違和感なく歩行するようになります。

しかし、これを繰り返すうちに膝蓋骨を支える靱帯が伸びてしまい脱臼したままになることも珍しくありません。靱帯は筋肉につながっていますし、筋肉は骨につながっています。靱帯が本来ない方向へ引っ張られてしまうと筋肉を介して骨を引っ張るようになります。このような状態が長く続くと骨格が歪みます。

そこでお勧めするドッグフードは、カナガンです。「グレインフリー」「無添加」「ヒューマングレード」であることはもちろん、コンドロイチン・グルコサミンを含み関節にやさしいドッグフードです。

ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
公式ホームページは ▶▶こちら

有名ドッグフードとミニチュアピンシャーの相性をチェック

グレインフリー 無添加 もう1ポイント 価格
プロマネージ
室内犬用
ダメ
ダメ
穀類・肉類・フィッシュミールなど副産物、酸化防止剤など添加物が含まれアレルギー注意 1.7kg 1781円
アイムスシリーズ
ダメ
ふつう

着色料使用なし
穀類・肉副産物・魚副産物が含まれているが、着色料の使用なし。アレルギー注意 1㎏ 1111円
カナガン
良い
良い
タンパク源はチキンのみ
オメガ3脂肪酸としてサーモンオイル、海藻含有
2kg 3960円
アランズ
ドッグフード
良い
良い
タンパク源はラムのみ
オメガ3脂肪酸として亜麻仁、サ-モンオイル、海藻パウダー
2kg 3960円
ネルソンズ
ドッグフード
良い
良い
タンパク源はチキンのみ
亜麻仁、サ-モンオイル、海藻パウダー
2kg 3960円
アカナ
良い

(1部商品のみ)
良い
ラムのみ・ダックのみ
フィッシュのみなど単一タンパク質のアレルギー用ドッグフードあり
2.27kg 4644円

色々比較して最終的にやはりおすすめは「カナガン」です。色々なドッグフードの原材料を見ると数行にわたって聞いたことがないような材料が入っているドッグフードがありますが、カナガンはいたってシンプルで、聞いたことのある原材料です。私たちにとって身近なものだからこそ聞いたことがある名前なのです。

犬たちは食べものを選ぶことはできません。与えられたものを食べて暮らしていきます。「無添加」「腸に負担のかかる穀類の入っていないもの」「廃棄処分するような肉や魚は使用していない」、そして関節疾患の多いミニチュアピンシャーに必要なコンドロイチン・グルコサミンを含んでいる良質なドッグフード「カナガン」をお勧めします。

カナガンドッグフードカナガンドッグフード
ミニチュアピンシャーの長生きと悩みの解消のために欠かせない条件、グレインフリーと無添加をしっかり満たした優秀なフードです。プレミアムドッグフードであるにもかかわらず、体重が6kgのミニチュアピンシャーなら1日あたり約170円です。良質のドッグフードは病気になりにくい健康な体作りには欠かせません。迷わずカナガンをおすすめします。

公式サイトで確認する

まとめ

肥満・脱毛や皮膚炎・関節疾患で悩まされることの多い犬種、ミニチュアピンシャー。「グレインフリー」「ヒューマングレード」「無添加」の良質の原材料を使用しているドッグフードを選び、健康な皮膚を保ち、関節に負担がかからないように体重管理をしっかり行うことが元気に毎日を送るための秘訣です。

よく読まれている記事