1. ホーム
  2. 犬種別で選ぶ!お悩み解消ドッグフード
  3. ≫ペキニーズの悩みを解消するドッグフード

ペキニーズの悩みを解消するドッグフード

ペキニーズが元気で長生きするためには?グレインフリー&無添加のドッグフードが答えです。アレルギー・アトピー・肥満・食いつきの悩みの解消法も解説します

ふわっとした毛並、くりくりした瞳で人気のペキニーズですが、

  • 呼吸が苦しそうにぜいぜいしている
  • 歩き方が不自然
  • 目やにが多い
などなど、悩みがつきません。
いつまでも元気でいてほしい!!少しでも健康に良いドッグフードを選びたいですよね。どのようなドッグフードを選べばよいのでしょうか?一緒に見ていきましょう。

ペキニーズにはペキニーズ専用ドッグフードを買うべき?

ペキニーズ専用ドッグフードはあり?なし?

歩き方が気になる、呼吸するたびにぜいぜい音がするけど、ちゃんと呼吸できているの?などさまざまな悩みがでやすいペキニーズ。

また、目のトラブルも多く目やにもよく出ます。さらに関節疾患になることが多く、膝蓋骨脱臼になることが多い傾向にあります。ペキニーズ専用のドッグフードはあるのでしょうか?他犬種の専用ドッグフードはありますが、ペキニーズ専用のドッグフードは見つかりませんでした。

では、ペキニーズにはどのようなドッグフードを選べば良いのでしょうか?

ドッグフードを選ぶときにポイントがいくつかあります。そのポイントに沿って選択してみましょう。

  • グレインフリー
  • 無添加
  • ヒューマングレード
  • グルコサミン・コンドロイチン
の4点です。

グレインフリー・無添加・ヒューマングレードについてもっと詳しく学ぶにはこちら。
健康にいいドッグフードの選び方3つのポイント


「ペキニーズ専用」ドッグフードはありません。

breed_senyou_pekingese02ペキニーズ専用のドッグフードはありません。ペキニーズが健康的な毎日を送るためには、専用フードではないドッグフードから選ぶ必要があるということです。どのようなドッグフードを探せばよいのでしょうか?前述の4点を押さえたドッグフードを見つけてあげましょう。


ペキニーズが元気で長生きするためにあげたいドッグフードNo.1は!

アランズナチュラルドッグフードアランズナチュラルドッグフード
ペキニーズは肥満や関節疾患に気をつけたい犬種です。また、ペキニーズは代表的な短頭種で呼吸器系のトラブルが多い犬種です。夏場や梅雨時で湿度が高くなると呼吸が荒くなったり、寝息がひどくなったりします。肥満のペキニーズたちはこれが特にひどくなります。

また、暑さ・寒さに非常に弱くエアコンをかけて湿度や温度調節を必要とします。体重が増加すると呼吸器のトラブルが悪化しますのでカロリーオーバーには十分な注意が必要ですが、もともと運動を苦手とする犬種なのでダイエットに運動をとりこむ事は難しく、夏場などは熱中症を起こしやすくなります。

さらに、関節疾患が多く「膝蓋骨脱臼」「椎間板ヘルニア」などに悩む犬たちも多数見受けられます。このような病気から守ってあげるためには体重の増加を防ぐために良質のタンパク質を含み脂肪分を押さえたドッグフードや、コンドロイチン・グルコサミンを含むドッグフードを選びましょう。

また、眼が突出しているために目にトラブルが多く、目が乾いたような状態になる乾性角結膜炎(ドライアイ)の犬や、ひどい涙やけの犬たちも多いです。涙やけの原因は「アレルギー」「ドッグフードのタンパク含量が多い」「ドッグフードのタンパク質があわない」などさまざまですが、ドッグフードを変更することで症状が良くなることもあります。 

気をつけることがたくさんあるペキニーズですが、以下の点に注意してドッグフードを選んであげましょう。

ペキニーズの安心ドッグフードNO.1はアランズナチュラルドッグフード!

これが食べたい!

  • 良質なタンパク質を原材料に使用していること
  • 穀類を使用していないグレインフリードッグフードであること
  • 不必要な添加物を使用していないこと
  • 関節に配慮していること
  • 脂肪分が多すぎないこと

この点をふまえると、お勧めしたいドッグフードは、アランズナチュラルドッグフードです。アランズナチュラルドッグフードはヒューマングレードであることはもちろん、単一のタンパク質を使用しているためアレルギーにも対応しやすいドッグフードです。また、コンドロイチン・グルコサミンも含まれていますので、関節疾患にも配慮されています。

ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
公式ホームページは ▶▶こちら



トラブル・悩みのあるペキニーズにお勧めのドッグフード

ペキニーズの悩み・なりやすい病気と言えば、

① 関節疾患(膝蓋骨脱臼、椎間板ヘルニア)
② 乾性角結膜炎・涙やけ
③ 短頭種気道症候群
が代表的なものです。

関節疾患(膝蓋骨脱臼・椎間板ヘルニア)

カナガンドックフード
ペキニーズは関節疾患が多く、膝蓋骨脱臼や椎間板ヘルニアになりやすい犬種です。膝蓋骨脱臼は膝蓋骨が本来ある膝の真正面から足の内側にずれてしまい、肢の曲げ伸ばしが困難になる病気です。膝蓋骨は靱帯で支えられていますが、内側に膝蓋骨がずれることで靱帯が引っ張られます。靱帯につながっている筋肉も同様に内側に引っ張られてしまうので骨格が歪みます。

また、ペキニーズは軟骨異栄養症になりやすい犬種です。軟骨がうまく成長しない病気なのですが、軟骨異栄養症の犬は椎間板ヘルニアになりやすいと言われています。椎間板ヘルニアは脊椎と脊椎の間にある椎間板物質が何らかの原因ではみ出し脊髄を圧迫することで、痛みを感じるようになります。この圧迫が強く長時間続くと神経麻痺を起し、肢の感覚がなくなり歩行困難になります。

遺伝要因も大きいのですが、発症するリスクを減らすためには、太らせないことが大きなポイントになります。体重が増えれば増えるほど骨格系にかかる負担は大きくなります。また、関節を保護する目的でコンドロイチン・グルコサミンは欠かせません。

そこでお勧めするのはカナガンです。カナガンはしっかりした骨格を作るために必要なたんぱく質を使用しています。このタンパク源はヒューマングレードの本格的な鶏肉を使用しています。また、コンドロイチン・グルコサミンも含まれています。

ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
公式ホームページは ▶▶こちら

乾性角結膜炎(ドライアイ)・涙やけ

アランズナチュラルドッグフード

ペキニーズは短頭種で眼球が少し飛び出しています。そのため、愛嬌のある表情をしていて人気のある犬種ですが、眼球が突出しているため目のトラブルが多いのも事実です。さまざまな目のトラブルがありますが、中でも乾性角結膜炎(ドライアイ)や涙やけが非常に多くみられます。

乾性角結膜炎は何らかの理由で涙の分泌が悪くなり眼球表面が乾きがちになります。眼の乾燥を防ぐために眼のふちにあるマイボーム腺から油脂分が分泌され眼球を乾燥から保護しようという働きが起こります。この油脂分が多くなると油脂が眼球表面を覆うようになり目やにで目の周囲がべたべたになってしまいます。

また、涙やけの原因は「目の構造」、「アレルギー」、「ドッグフード」のあることが多く、アレルギーを抑えたりドッグフードの変更で良くなることもしばしばあります。ペキニーズは眼球突出気味なので、涙をためる涙袋が小さく眼が乾燥しやすくなります。しかし、目の構造は犬種の特徴なので解決が難しく、同じ犬種であっても涙やけの程度には差があります。アレルギーの原因は「環境中のアレルゲン」「食べ物」などが多いのですが、血液検査を行うことでアレルギーの原因は分かります。

また、涙やけは涙に含まれるたんぱく質が空気に触れて変色したものが毛に着色したものです。ドッグフードに含まれるタンパク質の質や量を変えることで軽減する場合もあります。

そこでお勧めなのは、アランズナチュラルドッグフードです。アランズナチュラルドッグフードはタンパク源としてチキンのみを使用しており、もちろんヒューマングレードの品質です。

ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
公式ホームページは ▶▶こちら

短頭種気道症候群

アランズナチュラルドッグフード

ペキニーズをはじめとする短頭種は鼻が短いことが特徴です。鼻は臭いをかぐだけでなく、外から侵入してくる細菌などの微生物やアレルゲンを捕まえる働きもあります。また、冷たい空気が肺に直接入らないように温める働きも持っています。短頭種の場合鼻が短いことでこのような働きが少し弱く呼吸器疾患にかかりやすくなります。

また、喉の奥にある軟口蓋という部分が他の犬種に比べて長いことが多くこの状態を「軟口蓋過長」といいます。さまざまな呼吸器系の問題が起きやすいのですが、このような気道に関するトラブルを全部まとめて【短頭種気道症候群】といいます。短頭種の犬種たちは「いびきがひどい」、「呼吸が荒い」、「呼吸の音が大きい」など呼吸に関する悩みが多いのですが、これを悪化させるのが肥満です。肥満すると気管や鼻腔のまわりに脂肪がたくさん付き圧迫します。圧迫されるとますます空気の通りが悪くなり呼吸がしにくくなります。

適正体重を維持することで気道の圧迫を少なくし呼吸をしやすい状態にしてあげることが大切です。それに加えて夏場はエアコンを入れて室内で生活することが望ましいほど暑さに弱い犬種です。激しい運動は向きませんし、季節によっては熱中症になるので減量するために運動量を増やすことはお勧めできません。

ペキニーズ体重推移グラフ

上のグラフでピンク色の範囲に入っている犬は肥満気味ですので、ドッグフードの見直しが必要になります。

そこでお勧めしたいドッグフードはアランズナチュラルドッグフードです。良質のたんぱく質を使用し、もちろんヒューマングレードです。さらに、脂肪分が10.3%と低く体重を気にする必要のあるペキニーズに向いています。

ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
公式ホームページは ▶▶こちら

有名ドッグフードとペキニーズの相性をチェック

グレインフリー 無添加 もう1ポイント 価格
プロマネージ
室内犬用
ダメ
ダメ
穀類・肉類・フィッシュミールなど副産物、酸化防止剤など添加物が含まれアレルギー注意 1.7kg 1781円
アイムスシリーズ
ダメ
ふつう

着色料使用なし
穀類・肉副産物・魚副産物が含まれているが、着色料の使用なし。アレルギー注意 1㎏ 1111円
ヒルズ
サイエンスダイエット
アダルト
ダメ

トウモロコシ・米・小麦などが使用されています。原材料のトップはトウモロコシです。
ふつう

明らかな保存料などの表記はありませんが、合成の添加物は加えられています。着色料の使用なし
ダメ
トリ肉(チキン・ターキー)が主要なタンパク源ですが、広い意味での鳥肉です。チキンエキスやポークエキスが使用されヒューマングレードではありません。
3.6kg 2799円
カナガン
良い
良い
タンパク源はチキンのみ
オメガ3脂肪酸としてサーモンオイル、海藻含有
2kg 3960円
アランズ
ドッグフード
良い
良い
タンパク源はラムのみ
オメガ3脂肪酸として亜麻仁、サ-モンオイル、海藻パウダー
2kg 3960円
ネルソンズ
ドッグフード
良い
良い
タンパク源はチキンのみ
亜麻仁、サ-モンオイル、海藻パウダー
2kg 3960円
アカナ
良い

(1部商品のみ)
良い
ラムのみ・ダックのみ
フィッシュのみなど単一タンパク質のアレルギー用ドッグフードあり
2.27kg 4644円

総合的に評価するとおすすめは「NDFナチュラドッグフード」です。

色々比較して最終的にやはりおすすめは「アランズナチュラルドッグフード」です。ヒューマングレードであることを基本にした原材料へのこだわりと、本当に犬の健康に必要なものを厳選して使用しています。また、脂肪分が少なく体重増加防止に配慮できる点を評価しました。もちろん保存料や着色料などは入っていない無添加です。しっかり選んで、健康な毎日をおくることができるようにしてあげましょう。

まとめると、以下の点に考慮しているドッグフードがペキニーズに最適です。

  • 脂肪分が少ない
  • 単一で良質のたんぱく質を使用している
  • ヒューマングレード
  • 無添加
ペキニーズのお悩みはさまざまで、どの悩みにポイントを絞るかによってドッグフードの選択は変わりますが、総合的に判断して「アランズナチュラルドッグフード」をお勧めします。

アランズナチュラルドッグフードアランズナチュラルドッグフード
ペキニーズの長生きと悩みの解消のために欠かせない条件、低脂肪と良質のタンパク質、無添加をしっかり満たした優秀なフードです。プレミアムドッグフードであるにもかかわらず、体重が6kgのペキニーズなら1日あたり192円です。良質なプレミアムフードで1日当たりのドッグフード代金がこの価格であれば、自信をもってお勧めできます。

公式サイトで確認する

まとめ

関節疾患・目のトラブル・短頭種気道症候群などで悩まされることの多い犬種ペキニーズ。体重の増加を防ぐことで関節疾患や呼吸器系のトラブルは軽減されます。良質なたんぱく質を含み、脂肪の含有量の低いドッグフードを選んであげましょう。

よく読まれている記事

安心ドッグフードの選び方を
もっと詳しく知りたい方にはこちら

  • おすすめランキング

    おすすめランキング
    人気のフード6つの実力を辛口採点しました。

  • 選び方

    ドッグフードの選び方
    健康を守るために欠かせない注目ポイントを解説しています。
     

  • 粗悪な原料の危険と避け方

    粗悪な原料の危険と避け方
    安価なドッグフードの現実…知らなかったでは済まされません。