1. ホーム
  2. 犬種別で選ぶ!お悩み解消ドッグフード
  3. ≫柴犬に合ったドライフードの選び方とおすすめNo.1は?

柴犬に合ったドライフードの選び方とおすすめNo.1は?

うちの柴犬が元気で長生きするためには?グレインフリー&無添加のドッグフードが答えです。アレルギー・アトピー・肥満・食いつきの悩みの解消法も解説します

柴犬は一見病気知らずに見えるけれど、

  • 皮膚の痒みでいつもポリポリ・・・
  • アトピーやアレルギーの症状がある
  • 太りやすい
  • 夏になるとバテて何も食べなくなってしまう

などなど悩みの多い犬種です。少しでも元気になってほしいですよね。しかも、柴犬は少し気難しい犬種なので、病気になってからでは投薬も大変です。ドッグフードを変えることで根本から健康な体づくりをしてあげましょう。

柴犬が元気で長生きするためにあげたいドッグフードNO.1は!

カナガンドッグフードカナガンドッグフード
柴犬にお勧めしたいドッグフードは、カナガンドッグフードです。カナガンは、良質なドッグフードが満たすべき条件
3points
のすべてをクリアしたドッグフードです。

柴犬は被毛・体重管理に気をつけたい犬種。被毛は上毛・下毛の2層構造で特に下毛が充実していて、換毛期の脱毛の量が多いのが特徴です。また、肥満傾向がある犬種ですから、カロリー管理をしっかりしないとどんどん太ります。毛量が多いからこそ、健康な被毛を維持するためには良質なたんぱく質や脂肪酸がしっかり含まれているドッグフードを選ぶべきです。

また、柴犬はアレルギー性皮膚炎やアトピー性皮膚炎になることが多く、治りにくい傾向があります。できるだけアレルギー反応を起こさないようにするには、添加物や着色料、原材料に気を配りたいところです。

「グレインフリー」とは、穀類を使用していないということです。市販されている多くのドッグフードには、穀類が使用されています。しかし、トウモロコシ・小麦・大麦などの穀物を犬に与えると、消化器官の異常や皮膚のトラブルなど、犬のアレルギーを引き起こしやすいと考えられています。

また、保存料や着色料のような添加物の中には発がん性物質がありますし、化学物質に対するアレルギー反応を起こす犬もいます。そのため、ドッグフードは無添加が望ましいです。

また、副産物であるフェザーミール・ミートミールなどは、人間は食べられず廃棄するような質の悪い肉の部位がタンパク源として使用されています。グレードの低い肉を使用したドッグフードは、様々な疾病を引き起こす原因になる場合もあります。柴犬は特にアレルギーやアトピーを引き起こしやすい犬種なので、ドッグフードは良質なものを選びましょう。

柴犬の安心ドッグフードNO.1はカナガン!

3pointsこれが食べたい!



の3点をふまえると、柴犬の健康にとって一番安心しておすすめできるのは「カナガンドッグフード」です。プレミアムフードの中では品質に対するコストパフォーマンスがダントツに高いのも魅力。離乳期から続けてあげてください。

ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
公式ホームページは ▶▶こちら



トラブル・悩みのある柴犬におすすめのドッグフード

アレルギー・アトピー

カナガンドッグフード

柴犬のアレルギーやアトピーは年々増え、こじれる傾向にあります。アレルギーやアトピーは外部から侵入する「食べもの」「花粉・ノミダニを含む環境」「微生物」が大きな原因になります。

この3要素の中のどれかに対する反応の程度を減らすと、アレルギー症状を抑えることができます。コントロールしやすいのは食べもの、つまりドッグフードです。実は、粗悪な原材料や添加物・着色料を使用しているドッグフードなどが、アレルギーやアトピーを爆発的に増加させている要因の一つではないかと言われています。

そこでお勧めするドッグフードは「カナガン」です。ヒューマングレード・グレインフリーのフードであることはもちろん、無添加であることもお勧めの点です。また、原材料のタンパク源が鶏のみなので、アレルギー症状のある犬たちのドッグフード選びが楽なので、非常におすすめできます。

ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
公式ホームページは ▶▶こちら

肥満

アランズナチュラルドッグフード

柴犬は油断すると肥満しやすい犬種で、半数以上の柴犬が肥満傾向にあると思われます。

犬の体型はBCS(Body Condition Score)で評価し、「5段階評価で1が痩せすぎ、5が太り過ぎ」というように表します。現在の柴犬の体型はBCS4以上の割合が多くなっています。

また、飼い主さんの8割がダイエットをさせたいと希望しておられますが、なかなか思い通りにやせられないのが現実です。これまでのダイエットの主流は「運動」「フード量のコントロール」でしたが、この方法ではなかなか体重が減らない頑固な肥満が増えています。

満腹感を持たせながらダイエットしていくには、脂質量のコントロールが必要です。子犬の場合は脂質17%程度、成犬・高齢犬では脂質14%程度がよいとされています。そこでおすすめなのがアランズナチュラルドッグフードです。こちらは脂質量が12.5%と低く、グレインフリーでヒューマングレードの原材料ですので、被毛のつやがなくなったり、パサパサしたりしない状態できれいにダイエットし、適正体重を維持していくことができます。

ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
公式ホームページは ▶▶こちら

食いつきが悪い


ndf_main_ranking

柴犬の飼い主さんからは「食べない」「すぐ飽きる」「ドッグフードは食べないのにヒトの食べ物は欲しがる」などのお悩みをよく聞きます。

ついついヒトの食べ物をあげてしまうと、飼い主さんの気持ちはよくわかるのですが、それをきっかけとしてドッグフードを食べなくなってしまうケースが多いです。ドッグフードを食べないので心配になり、またヒトのものをあげる悪循環になってしまうのもよくあるパターン。ヒトと犬では必要な栄養素が違いますので、この状態を繰り返すと、お腹は満たされますが栄養状態は偏ってしまいます。

栄養状態の偏りがアレルギーやアトピーを悪化させる原因にもつながりますので、「欲しがってもヒトの食べ物は絶対にあげない」ことを徹底してください。あげなければ犬たちはヒトの食べ物を知ることはないのです。

では、食いつきの悪い柴犬たちには具体的にどうすればいいのでしょうか。ドッグフードをメインにすることは変更せず、お野菜を軽く煮たものをトッピングしたり、少し塩を入れた鳥ガラスープ(鳥ガラを水で煮出したもの)をかけるなどしてみてください。

また、ドッグフードを良質のものに変え、最初は崩してふりかけのようにして食べさせながら、だんだんそのドッグフードに切り替えていく方法もあります。そこで一度お試しいただきたいのは「アランズナチュラルドッグフード」です。アランズは原料にラム肉を使用しています。安価なドッグフードでは香りづけとしてラム肉が使用されていることはありますが、アランズは原材料の55%をラムの生肉が占めていますので、食にうるさい性格の柴犬も喜んで食べてくれます。副産物や穀類、添加物も使用されていませんので、アレルギー傾向がある柴犬にもお勧めです。

ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
公式ホームページは ▶▶こちら

パピー期

カナガンドッグフード

子犬の頃にどのようなドッグフードを食べるかで将来が決定づけられると言っても過言ではありません。特に子犬の頃に下痢が多かった犬たちは成犬になっても消化器系が弱いことが多い傾向にあります。

食べたものが必ず通過するのが消化器系であり、これがからだ最大の免疫器官と言われています。離乳から一人ご飯になるときにどれだけ消化器系に負担をかけず、しっかりした栄養素が吸収できるかが非常に大切です。このことを考えると、離乳期のドッグフード選びが柴犬の一生の健康を左右すると言えるでしょう。

そこでお勧めしたいのは「カナガンドッグフード」です。カナガンは、腸に負担がかかる穀類は一切使用していませんし、無添加でミートミールなどの副産物を使用せず、タンパク源はチキンのみですから、アレルギーが心配な柴犬が一番最初に食べるドッグフードとして向いています。

原材料として多種類の肉が含まれているドッグフードを食べると、犬の体は多くのタンパク源に遭遇するのでアレルギー反応が出る可能性が高くなります。はじめの一歩の食事はヒトが食べることができる「ヒューマングレード」の原材料を使用した良質のドッグフードを選び、元気な日々を過ごせるようにしてあげましょう。

ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
公式ホームページは ▶▶こちら

柴犬専用のドッグフードはある?

犬種専用ドッグフードは売っている?柴犬専用のドッグフードは、次のメーカーから発売されています。

ロイヤルカナン 柴犬用

  • 対象年齢:子犬用(~10か月)、成犬用(10か月~8歳)、中高年齢犬用(8歳以上)
  • 皮膚・被毛トラブルの多い柴犬のために、EPA・DHA、ルリチシャ油を配合
  • 動物性タンパク少なめ(鶏、七面鳥)、トウモロコシ・米使用
  • 酸化防止剤:ソルビン酸カリウム、BHA、没食子酸プロピル
  • カロリー:377 kcal/100g
  • 価格:3kg 4,514円(公式通販マイロイヤルカナン)
  • 原産国:ポーランド、フランス、ロシア、中国、南アフリカ、カナダ、アメリカ、ブラジル、アルゼンチンのいずれか

マースジャパン プロマネージ 柴犬専用

  • 対象年齢:不明
  • 皮膚・被毛トラブルの多い柴犬のために、EPA・DHA、ルリチシャ油を配合
  • 動物性タンパク少なめ(チキン、チキンエキス、家禽類、フィッシュミール)、米・さとうもろこし・とうもろこし・コーングルテン使用
  • 酸化防止剤:BHA、BHT、クエン酸、ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物
  • カロリー:350 kcal/100g
  • 価格:4kg 2,981円(Amazon)
  • 原産国:オーストラリア(AAFCO基準クリア)

スマック 柴犬用

  • 対象年齢:全年齢対応
  • 皮膚・被毛トラブルの多い柴犬のために、EPA・DHA、ビール酵母を配合
  • 動物性タンパク少なめ(肉類(ミートミール、チキンエキス、チキンレバーパウダー))、穀類(とうもろこし、コーングルテンフィード、パン粉、小麦粉、米糠、コーングルテンミール等)使用
  • 酸化防止剤:なし
  • カロリー:330 kcal/100g
  • 価格:2.2kgkg 667円(Amazon)
  • 原産国:日本

ウェルケア 柴犬専用

  • 対象年齢:成犬用(12か月~7歳)、シニア用(7歳以降)
  • 関節ケア成分のグルコサミン、コンドロイチン、コラーゲン配合
  • 動物性タンパク高め(鶏肉、チキンミール、チキンパウダー)、米糠、小麦粉、グルテンフィード、米粉、グルテンミール使用
  • 添加物:香料、二酸化ケイ素
  • カロリー:340kcal以上/100g
  • 価格:2.7kg 1,934円(Amazon)
  • 原産国:日本

イースター 日本犬 柴犬用

  • 対象年齢:子犬用(~1歳)、成犬用(1歳~6歳:チキン味と魚味)、中年齢犬用(7歳~10歳)、高齢犬用(11歳~)
  • お腹の健康に乳酸菌、皮膚・毛並みにカモミール、DHA・EPA配合
  • 動物性タンパク少なめ(肉類(チキンミール、フェザーミール))、穀類(小麦粉、コーングルテンフィード、米ぬか、脱脂米ぬか)使用
  • 添加物:香料(バターオイル)
  • カロリー:330kcal以上/100g
  • 価格:3kg 4,514円(公式通販マイロイヤルカナン)
  • 原産国:日本

以上5つが代表的な柴犬専用フードです。共通点は、皮膚のケア成分オメガ3脂肪酸と、胃腸のケア成分各種が配合されているという点でした。

柴犬はアレルギーになりやすい犬種で皮膚トラブルや下痢などに悩まされやすいので、専用フードをラインナップしているメーカーが多いようです。

まとめ

アレルギーやアトピーで悩まされることの多い犬種、柴犬。丈夫そうに見えますが、デリケートな犬種です。だからこそ、良質なドッグフードを選んであげてください。また、子犬の頃の食生活が将来を左右しますので、じっくり検討して最良のドッグフードを選んであげてください。

カナガンドッグフードカナガンドッグフード
柴犬の長生きと悩み解消のために欠かせない条件、グレインフリーと無添加をしっかり満たした優秀フードです。プレミアムドッグフードであるにもかかわらず、体重8kgの柴犬なら1日あたり約262円しか食費がかかりません。この価格で健康が手に入るので、迷わずカナガンをおすすめしたいです。

▶公式サイトで確認する

よく読まれている記事