1. ホーム
  2. 犬種別で選ぶ!お悩み解消ドッグフード
  3. ≫シーズーに合ったドライフードの選び方とおすすめNo.1は?

シーズーに合ったドライフードの選び方とおすすめNo.1は?

シーズーが元気で長生きするためには?グレインフリー&無添加のドッグフードが答えです。アレルギー・アトピー・肥満・食いつきの悩みの解消法も解説します

シーズーは、一見病気知らずに見えるけど、

  • 皮膚が赤くなり、いつも掻いたりなめたり
  • ベタベタした感じがして、フケがたくさん落ちる
  • 季節によっては臭いが気になる・・
  • 目やにや涙やけもひどくて、目薬をさしてもなかなか良くならない

などとトラブルが起こりやすく、「どうしたらいいの?」とお悩みの飼い主さんが多い犬種。シーズーの皮膚トラブルは本当に大変ですよね。評判がいいフードと言われても、うちの子に合うか不安・・・シーズーにあったおすすめのドッグフードを見つけて、皮膚トラブルを少しでも軽くしてあげましょう。

シーズーが元気で長生きするために必要なドッグフードNo.1は!

アランズナチュラルドッグフードアランズナチュラルドッグフード
シーズーにお勧めしたいドッグフードは、アランズナチュラルドッグフードです。
アランズは、良質なドッグフードが満たすべき条件
3points
のすべてをクリアしたドッグフードです。

シーズーは皮膚・被毛・目に気をつけたい犬種です。被毛はオーバーコートとアンダーコートのダブルコートで、オーバーコートがとても長く密集しているのが特徴です。

また、もともとチベット高原原産の犬など、寒冷地の犬を祖先に持っているので被毛が長く、アンダーコートが密生しているため、絡みやすく健康な被毛を維持するためには、栄養素を多く必要とします。

健康な被毛を維持するためには、
良質なたんぱく質や脂肪酸がしっかり含まれているドッグフードを選ぶべきです。

また、シーズーはマラセチア性皮膚炎になることが多く、治りにくい傾向があります。
また、脂漏症の犬も多く、皮脂を好む皮膚の常在菌であるマラセチアが、繁殖しやすい環境になっています。

できるだけ、皮膚の常在菌であるマラセチアが皮膚炎の原因にならないようにするには、皮膚のコンディションを良くし、抵抗力を上げるためにも、添加物や着色料、原材料に気を配りたいところです。

さらに、眼球が大きく前方に飛び出しているので、涙がこぼれやすく涙やけやドライアイの犬が多く、なかなか改善せずお悩みの方が多くいらっしゃいます。

アレルギーが関与していることもありますが、ドッグフードに含まれるたんぱく質の種類や量が合わない場合もあります。また、添加物が悪さをしている場合もあります。

「グレインフリー」とは、穀類を使用していないということです。
市販されている多くのドッグフードには、穀類が使用されています。
しかし、トウモロコシ・小麦・大麦などの穀物は、消化器官の異常や、皮膚のトラブルなど、犬のアレルギーを引き起こしやすいと考えられています。

また、保存料や着色料のような添加物の中には発がん性物質がありますし、化学物質に対するアレルギー反応を起こす犬もいます。そのため、ドッグフードは無添加が望ましいです。

また、副産物であるフェザーミール・ミートミールなどは、人間が食べられず廃棄するような質の悪い肉の部位がタンパク源として使用されています。

グレードの低い肉を使用したドッグフードは、様々な疾病を引き起こす原因になる場合もあります。シーザーは特に皮膚がデリケートのため、様々な皮膚疾患を引き起こしやすい犬種なので、ドッグフードは良質なものを選びましょう。

シーズーの安心ドッグフードNO.1はアランズナチュラルドッグフード!

3pointsこれが食べたい!



の3点をふまえると、シーズーの健康にとって一番安心しておすすめできるのは「アランズナチュラルドッグフード」です。原料の品質が高く悪いものが一切入っていないことに加え、おいしいラム肉の香りで食いつきがいいのも魅力。小食で悩みがちなシーズーもおいしく食べてくれるでしょう。

ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
公式ホームページは ▶▶こちら



トラブル・悩みのあるシーズーにおすすめのドッグフード

シーズーの悩みと言えば、

① マラセチア性皮膚炎
② アレルギー
③ 涙やけ
④ ドライアイ
です。

マラセチア性皮膚炎

カナガンドッグフード
シーズーは皮膚のトラブルが非常に多く、特に「マラセチア性皮膚炎」で皮膚の痒みに悩まされる犬が多くいます。

もともと、寒冷地にすんでいる犬なので日本のような湿度が高い気候はあっていません。特にマラセチアはカビの一種なので、高温多湿を好みます。そのため寒冷地で生まれ育ったシーズーの皮膚トラブルは、こじれやすいのです。

また、シーズーは脂漏症も多く、この皮脂を餌にどんどんマラセチアが増えます。だからこそ、皮膚の免疫力を上げ、皮膚コンディションを整えるためにも、良い原材料を使用したドッグフードを選ぶ必要があります。

被毛に特に必要な脂肪酸は、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸です。これは、必須脂肪酸と呼ばれており、食べものから摂取しなければ体内で作ることができません。

両方皮膚に必要な脂肪酸ですが、最終的にオメガ3脂肪酸は炎症を抑えるもの、オメガ6脂肪酸は炎症を促進するものが作られるためバランスが大切です。特に皮膚に大切なオメガ3脂肪酸ですが、何が期待できるのでしょうか?

・皮膚や被毛を維持し、毛艶と毛吹きに良い
・アレルギーやアトピーの症状緩和
・心臓と血管の病気、腫瘍の予防効果

このように、皮膚トラブルや心疾患の多いシーズーにはなくてはならないものです。

オメガ3脂肪酸は、魚油・海藻に多く含まれるEPAやDHAが代表です。そこで、これらを含んでいるドッグフード「カナガンドッグフード」をお勧めします。

カナガンドッグフードには
・「サーモンオイル」
・「海藻パウダー」
   
が含まれていて、なおかつ腸に負担をかける穀類は入っていない「グレインフリー」です。もちろん原材料はヒューマングレードです。多くのドッグフードを調査してきた結果、自信をもっておすすめできるドッグフードです。

ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
公式ホームページは ▶▶こちら

アレルギー

カナガン

シーズーのアレルギーやアトピーはマラセチア性皮膚炎と併発し、こじれる傾向にあります。

アレルギーやアトピーは、外部から侵入する「細菌などの微生物」「花粉」「寄生虫やダニ・ノミ」などに対する免疫反応、又は「食べもの」に対する過敏反応です。
この反応が過剰すぎて、身体に「痒み」「クシャミ」「下痢」などの何らかの反応が出ている状態が、アレルギーやアトピーです。

痒みというのは、
・「食べ物」
・「花粉・ノミダニを含む環境」
・「微生物」

が大きな原因になります。このアレルギーのコップという発想があるのですが、この痒みの3要素が痒みのコップの中にある時は、痒みは感じません。溢れた場合に痒みを感じるようになります。

この3要素の中のどれかに対する反応の程度を減らすと、アレルギーのコップから痒みの原因があふれなくなります。

コントロールしやすいのは食べもの、つまりドッグフードです。
実は、粗悪な原材料や添加物、着色料を使用しているドッグフードなどが、アレルギーやアトピー爆発的に増加している要因の一つではないかと言われています。

そこでお勧めするドッグフードは「カナガン」です。

ヒューマングレード・グレインフリーのフードであることはもちろん、無添加であることもお勧めの点です。
また原材料のタンパク源が鶏のみなので、アレルギー症状のある犬たちのドッグフード選びが楽です。

ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
公式ホームページは ▶▶こちら

涙やけ

ndf_main_ranking

涙やけは
・「鼻涙管狭窄」
・「アレルギー」
・「ドッグフードのタンパク量や質が合わない」

などが原因で起こります。鼻涙管は、目の涙点から鼻の奥につながり、涙を流す通路です。

この通路が細い、曲がっているなどの理由で涙が流れなくなると、目の外にあふれて目の周囲がいつも濡れていたり、涙に含まれるタンパク質が酸化して茶色くなったりします。

シーズーは、短頭腫で涙管のトラブルが多い犬種なので、余計涙やけがひどくなる傾向にあります。だからこそ良質のドッグフードを選択し、できるだけトラブルを回避してあげたいものです。

そこでお勧めするドッグフードは「アランズナチュラルドッグフード」です。

ヒューマングレード・グレインフリーのフードであることはもちろん、無添加であることもお勧めの点です。
粗タンパク量が20%とほかのドッグフードに比較して控えめなのですが、特に涙やけがひどい場合は、一度お試しいただきたいドッグフードです。

ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
公式ホームページは ▶▶こちら

ドライアイ

アランズナチュラルドッグフード
シーズーは顔に比較して目の占める面積が広く、また眼球が突出しているために目のトラブルが多い犬種です。
ドライアイの原因は様々ですが、最も多いのは「免疫介在性」によるものだと言われています。

これは、免疫システムの異常で、免疫細胞が自分の涙腺の細胞を異物と間違って認識してしまい、自分の涙腺細胞を破壊してしまうことにより起こるドライアイです。

涙腺細胞が破壊されると、涙が作れなくなります。

涙は目の表面を潤したり、ゴミを流したりする役目がありますが、この作用が減少するため、眼瞼(がんけん)にあるマイボーム腺という油を分泌する腺が活発になります。

油を過剰に分泌し、目が乾かないようにしようとするために、目の回りがベタベタになり、「大量の目やにが出るけど、どうしたらいいの?」という事態を招きます。

免疫を調節する目薬などで治療しますが、目薬が欠かせなくなります。
一番いいのは、子犬の頃から良質のドッグフードを食べ、免疫システムをできるだけ正常に維持することです。

そこでお勧めするドッグフードは、「アランズナチュラルドッグフード」です。
ヒューマングレード・グレインフリーのフードであることはもちろん、無添加であることもお勧めの点です。また、原材料が単一タンパク質なのでアレルギーの管理に向いています。

ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
公式ホームページは ▶▶こちら

シーズー専用のドッグフードはある?

犬種専用ドッグフードは売っている?シーズー専用のドッグフードは、次のメーカーから発売されています。

ロイヤルカナン シーズー用シリーズ

  • 対象年齢:子犬用(~10か月)、成犬~高齢犬用(10か月~)
  • シーズーの毛並みを保つために、EPA・DHA、ルリチシャ油を配合
  • 動物性タンパク少なめ(鶏、七面鳥)、米使用
  • 酸化防止剤:ソルビン酸カリウム、BHA、没食子酸プロピル
  • カロリー:子犬用400kcal、成犬~高齢犬用401kcal /各100g
  • 価格:子犬用1.5kg 3,056円、成犬・高齢犬用1.5kg 2,797円(公式通販マイロイヤルカナン)
  • 原産国:ポーランド、フランス、ロシア、中国、南アフリカ、カナダ、アメリカ、ブラジル、アルゼンチンのいずれか

マースジャパン プロマネージ シーズー用

  • 対象年齢:記載なし
  • 目の健康のためのアントシアニン、毛づや・皮膚の健康のためのひまわり油とビタミンB群、亜鉛を配合
  • 動物性タンパク高め(チキン、家禽類)、米使用
  • 酸化防止剤:BHA、BHT、クエン酸、ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物
  • カロリー:365kcal/100g
  • 価格:1.7kg 1,290円(Amazon)
  • 原産国:オーストラリア(AAFCO基準クリア)

愛犬元気 ベストバランス カリカリ仕立て シー・ズー用

  • 対象年齢:全年齢
  • 目、皮膚・毛づやの健康維持のために、マリーゴールド・ビタミンA・B群・C・Eを配合
  • 動物性タンパク低め(肉類、魚介類、チーズ)、穀類(トウモロコシ、小麦粉、パン粉、コーングルテンミール、玄米)使用
  • 酸化防止剤:ソルビン酸K、エリソルビン酸Na、ミックストコフェロール、ハーブエキス
  • 添加物:着色料(二酸化チタン、赤色106号、黄色4号、黄色5号、青色1号)
  • カロリー:約360kcal/100g
  • 価格:2kg 1,315円
  • 原産国:日本
  • キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル、パグ、フレンチ・ブルドッグ、狆(ちん)にもおすすめ

サンライズ スタイルズ シーズー用

  • 対象年齢:成犬用
  • 目の健康維持のためマリーゴールドを配合
  • 動物性タンパク高め(肉類(チキン、鶏冠抽出物(ヒアルロン酸を含む)等))炭水化物源は糖類、豆類、でん粉類、穀類
  • 酸化防止剤:プロピレングリコール、ソルビン酸カリウム、エリソルビン酸ナトリウム、ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物
  • カロリー:約250kcal/100g
  • 価格:1.2kg 1,382円
  • 原産国:日本

イースター ウェルケア シー・ズー専用

  • 対象年齢:全年齢
  • 目の健康のためビタミンA,B,E、タウリン、皮膚と毛づやのためにDHA・EPA、カモミール、関節のためにグルコサミンコンドロイチン、コラーゲン、お腹の健康のためにビール酵母、オリゴ糖を配合
  • 動物性タンパク高め(肉類(鶏肉・チキンミール))、米糠・小麦粉・コーングルテンフィード・米粉・コーングルテンミール使用
  • 酸化防止剤:不明
  • 添加物:香料(バターオイル、ミルクフレーバー)
  • カロリー:335kcal以上/100g
  • 価格:1kg 約600円(楽天平均価格)
  • 原産国:日本

以上が代表的なシーズー専用のドッグフードです。目のケア成分、毛並みをよくする成分を配合してあるのが共通点でした。

まとめ

マラセチア性皮膚炎・脂漏症・アレルギーや目のトラブルで悩まされることの多い犬種、シーズー。

もともと寒冷地原産なので、日本の気候は少し苦手です。だからこそ、良質なドッグフードを選ぶ必要があります。また、子犬の頃の食生活が将来を左右しますので、じっくり検討して最良のドッグフードを選んであげてください。

アランズナチュラルドッグフードアランズナチュラルドッグフード
アランズナチュラルドッグフードは、良質なドッグフードを選ぶ際にチェックする3つのポイント、グレインフリー・無添加・ヒューマングレードのすべてを満たした完璧なドッグフードです。
シーズーが悩まされやすい涙やけ、ドライアイの改善に効果を発揮してくれます。

世界最高クラスの高品質に対し、毎日のコストは体重6kgのシーズーの場合、193円。これでシーズーの体調を根本的に改善できるので、十分「アリ」の価格です。

公式サイトで確認する

よく読まれている記事