1. ホーム
  2. ドッグフードのお得な情報コラム
  3. ≫パピー用のドッグフードはいつまで続ける?切り替えのタイミングをアドバイス

パピー用のドッグフードはいつまで続ける?切り替えのタイミングをアドバイス

愛犬と生活している人なら誰でも通る道であるひとつの問題。それは、ドッグフードの切り替え時期です。

我が家のポポは1歳になりましたから、ちょうどその切り替え時期到来。同じような悩みを抱えている飼い主さんへ、ドッグフード切り替え時期のタイミングのちょっとしたアドバイスです。

パピーってなに?

愛犬家なら誰でもご存じだとは思いますが、まずはパピーとはなにかについて説明しておきましょう。パピーとは子犬のこと。子犬期はめざましく発達する大切な時期のため、ドッグフードやおやつにもパピー用と特別に記されたものが多くあります。

そんな特別な時期のため、ドッグフードなどさまざまなアイテムも成犬用とは違いがあります。子犬は体も、また消化器官もまだまだ未発達なため、十分な量を食べることができません。

そのため、子犬用のドッグフードは少しの量でも十分な栄養が摂取できるよう、成犬用に比べ栄養価が非常に高く作られており、パピー用として販売されています。

ある程度の量をしっかりと食べられるようになったきたにも関わらず、この高栄養のパピー用ドッグフードを与えていると、肥満の原因になったり、消化器官に負担をかける要因になります。ドッグフードの切り替えが必要な理由はこのためです。

切り替えのタイミングはいつなのか

パピー用ドッグフードの切り替えはタイミングがとても重要。なぜなら、パピー用のドッグフードを与え続けることは肥満の原因になってしまうからです。では、パピー用ドッグフードから成犬用ドッグフードに切り替えるタイミングはいつなのでしょうか。

まずは、愛犬の切り替え基準を知り、基準通りに切り替えてみましょう。愛犬の犬種や体の大きさによって、成犬となる時期が微妙に違います。

  • 超小型犬と小型犬・・・約8ヶ月
  • 中型犬・・・約12ヶ月
  • 大型犬・・・約18ヶ月
  • 超大型犬・・・約24ヶ月

このように、体の大きさによって成犬へ成長したとされる時期が違います。愛犬はどこに当てはまるのかをきちんとチェックしておきましょう。

上手く切り替えるコツ

成犬へと成長するタイミング、そしてパピー用ドッグフードから成犬用ドッグフードに切り替えるタイミングには基準がありますが、基準を軸としながら、愛犬の様子をみながら上手く調整していくことが、ドッグフードを上手く切り替えられるコツです。

愛犬の中には、今まで食べていたドッグフードをいきなり別のものに変えると、食欲が落ちてしまったり、全く食べなくなる子もいます。そのため、いきなる切り替えるのではなく、切り替え時期の少し前からパピー用ドッグフードに成犬用ドッグフードを混ぜ、成犬用ドッグフードの配合量を徐々に多くしていくなどの工夫が必要です。

また、まだ切り替えタイミングは来ていないものの、少し肥満気味になってきたと感じれば、切り替えタイミングを少し早める必要があります。日頃から愛犬の体を良く触っておくこともとても大切なことです。
▶ドッグフードペディアがすすめる安心ドッグフードランキングへ