1. ホーム
  2. ドッグフードのお得な情報コラム
  3. ≫ドッグフード先進国はどこ?ドッグフードの原産国を比較・格付け

ドッグフード先進国はどこ?ドッグフードの原産国を比較・格付け

日本にも愛犬家が増えてきたとはいえ、まだまだ欧米諸国に比べると、さまざまな分野で遅れているなと感じることも多いのではないでしょうか。

まだまだペット後進国と言われる日本は、ドッグフードのガイドラインも諸外国とは違うようです。大切な愛犬に毎日与えるからこそ、ドッグフードにはこだわりたい。

そんな愛犬家のために、ドッグフードを格付けランキングにしてみました。管理人の独断ですが、少しでも参考になれば幸いです。

気になる日本のドッグフードのガイドラインとは

さまざまなドッグフードが溢れるなか、一番気になるのが、わが日本のドッグフードガイドライン。どのような基準や規定のなかで作られているのでしょうか。日本で作られ販売されているドッグフードには、大きく分けて2つのガイドラインが存在しています。

農林水産省と環境省が定めたペットフード安全法

大切なペットの健康と安全を守るために定められた、製造法のガイドラインがペットフード安全法です。原材料名や賞味期限、製造業者などの記載はもちろんのこと、原産国の記載も定められています。

また、海外からの輸入の際は、その輸入業者と製造業者の届け出、それらを帳簿に細かく記録しなければなりません。規則に反した業者を処罰したり、さまざまな検査や調査をする権利も有しています。

民間団体やペットフード団体が定めた安全なペットフードの製造に関する実施基準

国の各省庁が定めたガイドラインの他に、ペットフード業界が独自に定めた規制法もあります。製造工程はもちろん、管理保管基準、購買、輸送、衛生管理、原材料など事細かに設定されたガイドラインです。

このようなガイドラインや規制法が定められている日本ですが、ドッグフードは食品であるという認識ではないため、人間では規制されている成分が使用OKになっている場合もあります。日本はまだペット後進国と言われている理由はそこにあるかもしれません。

ドッグフード原産国格付けランキング

1位 ドイツ

ペット先進国といえば、なんといってもドイツを忘れてはいけません。動物愛護に対する国民の意識が一番強い国だと言えます。

そんなドイツではドッグフードは人間が食べることができる原料で作らなければならない、いわゆるヒューマングレードのドッグフードしか製造してはいけない決まりです。また、最も厳しいと言われるEU規則に従わなければなりません。また有名ななオーガニック認証機関Biolandもドイツにあります。

2位 イギリス

イギリスもペット先進国として有名な国。カナガンやナチュラルドッグフードもイギリスが原産国です。イギリスで最も有名な団体と言えば、PFMA(イギリスペットフード工業会)で、ほとんどのペットフードメーカーが加入している団体です。原材料はもちろん、副産物に至るまで厳しく規制しています。

3位 アメリカ

アメリカにはFAD(食品医薬品局)とAAFCO(アメリカ飼料検査官協会)という二大安全基準があります。また、各州やペットフード業界にもいくつもの基準があり、それらをクリアしたドッグフードのみ販売可能となっています。

結果は、やはり欧米が先進国上位を占める

ペットフード後進国と言われる日本やその他アジアと比べ、やはりヨーロッパやアメリカなどが上位を占める結果に。次点にはカナダなどの国が続きます。

特にヨーロッパなどは、ペットや動物に関する規則や法律なども厳しく、動物愛護の精神が高いようです。

日本人の感覚では、「国産のものは安心」というのがありますが、それはヒト用の食品に限った話。ドッグフードの業界では、国産より欧米産のものが安心です。ドッグフードランキングでも、イギリス産のドッグフードが上位を占めています。

▶安心ドッグフードランキングへ