1. ホーム
  2. ドッグフードのお得な情報コラム
  3. ≫ペーストタイプのドッグフードとは?製法や他のフードとの違い、有名メーカーを紹介

ペーストタイプのドッグフードとは?製法や他のフードとの違い、有名メーカーを紹介

ペーストタイプのフードって何?

同じドッグフードとして販売されているものでも、ドライタイプとペーストタイプのドッグフードの製法や、そのメリットデメリットはどう違うのでしょうか?選ぶポイントはどこをチェックしたらいいのでしょうか?

ペーストフードは水分値が高く、長期品質維持が可能な優れものフード

ドライフードに比べて、お肉や野菜の素材感がある水分値の高いペーストタイプのフードは総称して「ウエットフード」と呼ばれています。ドライフードの水分値が10%以下で設定されているのに比べて、ペーストタイプのウェットフードは水分値75%以上に設定されているため、製法では加熱加工をしていても、加圧や乾燥加工をされてない状態を与えられます。

ペーストタイプのウェットフードには「缶詰」「レトルトパウチ」「アルミトレー」の容器に入れられて販売されていますが、ドライフードに比べると開封前の品質保持期間が長いこともペーストタイプの特長です。しかしながら、フードの水分値が高いため、開封後の品質保持は逆に短いため、すぐに与えなければいけません。
 

ペーストタイプのドッグフード選び方に注意

ドライタイプのドッグフードのほとんどは「総合栄養食」として栄養バランスを満たされていますが、ペーストタイプに関しては、「総合栄養食」のほかに、「補完食」「副食」など、種類が豊富です。水分が多いので、重量があっても、カロリーが低い場合などペーストタイプのドッグフードだけでは栄養バランスが満たせないものあります。

ペーストタイプを選ぶ際は、「総合栄養食」か、またそうでない場合は、ドライタイプのドッグフードと併用してカロ リーや栄養バランスが十分に保てるように与える量を調整する必要があります。

ペーストタイプの有名メーカーを紹介

レシピや素材へのこだわりや、介護などのシーンに合わせて選べる、商品ラインアップ豊かな有名メーカーを紹介します。

デビフ

日本国産のドッグフードブランドです。「ドッグ(d)・ベビー(b)・フード(f)=デビフ」仔犬に安心して与えられるものづくりがコンセプトです。療養時の栄養補給食や、老犬の介護食など幅広いラインアップが魅力です。ウェブサイトでは与え方や、アレンジレシピも豊富です。
http://www.dbfpet.co.jp/

ジウィピーク

ニュージーランド原産のドッグフードブランドです。生食に等しい100%天然素材の犬猫用総合栄養食コンセプで、グレインフリーで製品の肉魚介の配合率は90%以上という贅沢なレシピです。
http://ziwipeak-jp.com/

ナチュラルハーベスト

アメリカ原産のドッグフードブランドです。缶詰タイプ、レトルトタイプそれぞれ種類が豊富で、手作り食のように骨周りの肉をじっくり煮込んだ「ホームスタイル」のラインアップは記念日のご馳走に与えたいシリーズです。
http://www.natural-harvest.co.jp/

種類豊富で食いつきの良いペーストタイプのドッグフードは、食べムラがある愛犬には強い味方です。単体で与えるよりも、いつものフードのトッピングとして与えた方が栄養管理もしやすくて、コストも良く、色々試せる楽しみも広がりますね。

▶ドッグフードペディアがすすめる安心ドッグフードランキングへ