1. ホーム
  2. ドッグフードのお得な情報コラム
  3. ≫犬が「うまい!おいしい!」と感じるドッグフードはどんな味?犬の味覚・嗅覚の特性から考える

犬が「うまい!おいしい!」と感じるドッグフードはどんな味?犬の味覚・嗅覚の特性から考える

犬の嗅覚が優れていることは有名です。そのため、麻薬探知犬や犯人の臭いを追跡する警察犬、人間の臭いを嗅ぎ分ける災害救助犬など、あらゆる場面で活躍しています。そんな犬が「うまい!おいしい!」と感じるドッグフードはどんな味なのでしょう。犬の味覚や嗅覚の性質から調査しました。
col55

犬の「嗅覚」と「味覚」について

犬の嗅覚

犬の嗅覚は人間の数千倍から1億倍と言われています。特に鼻先から口にかけてのマズルが長い犬程嗅覚に優れ、パグブルドッグなどマズルの短い犬は、マズルの長い犬に比べ嗅覚に劣ります。

犬は濡れた鼻先から数種類の臭いを嗅ぎ分ける能力に優れており、遠くの臭いを嗅ぎ取ることは得意ではありません。犬が最も敏感に反応する臭いは「酢酸(さくさん)」と呼ばれる酸臭で、人間の1億倍優れています。次いで「酪酸(らくさん)」と呼ばれる腐ったバターのような臭いで、人間の80万倍と言われています。

【ドッグフードペディアが】教える!パグへのおすすめドッグフード、パグによくある悩みを解消するドッグフード解説

【ドッグフードペディアが】教える!ブルドッグへのおすすめドッグフード、ブルドッグによくある悩みを解消するドッグフード解説

犬の味覚

犬の味覚の基本感覚は「甘い」「酸っぱい」「苦い」「塩辛い」の4つで構成されています。味覚は、舌の表面にあるつぼみの形をした「味蕾(みらい)」と呼ばれる構造で受容されます。味蕾は人間がおよそ9,000個持っているのに対し、犬は1,700個と少なく、人間に比べ味覚に優れていません。

犬がもっとも反応するのは砂糖などの「糖類」です。そのため、犬は甘いものを好みます。次いで「酸味」を感知する味蕾が多いため、「甘いアミノ酸」を好む傾向があるといえます。

出典:イラストでみる犬学

犬が「うまい!おいしい!」と感じるドッグフードはどんな味?結論

嗅覚や味覚の性質から、臭いの強いものほど興味があり、「酸味の効いた甘い物」が好きなことが分かりました。このことから、新鮮な肉や果物、乳製品を使用したドッグフードを犬はおいしいと感じると言えるでしょう。しかし、いくら臭いの強い甘いものが好物とはいえ、人口の甘味料や香料は犬の健康に良くありません。

おすすめは「カナガン」

カナガンの原材料:骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル、ビタミン(ビタミンA 16,250IU、ビタミンD3 2,400IU、ビタミンE 240IU)、グルコサミン1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ

獣医がおすすめするカナガンドッグフード辛口採点結果を見る

カナガンの購入ページへ

カナガンの原材料には良質な肉をたくさん使用しているため、犬の好む酸味や甘み、臭いが十分です。また、サツマイモやリンゴ、フラクトオリゴ糖、クランベリーなどは、自然な材料で犬の好きな甘みや酸味を引き出しているため、嗜好性に優れていると言えるでしょう。

犬に「おいしいもの」を食べさせたいのであれば、砂糖や人工添加物を使用した「おやつ」より、天然成分で酸味や甘み、ジューシーな臭いを引き出した「カナガン」をおすすめします。カナガンは良質な総合栄養食でありあがら、犬の嗜好性も考え抜かれて作られている、優れたドッグフードと言えるでしょう。

よく読まれている記事