1. ホーム
  2. 症状別で選ぶ!改善・予防ドッグフード
  3. ≫獣医さんに教えてもらおう!皮膚炎・下痢などアレルギー症状を楽にするドッグフードの選び方

獣医さんに教えてもらおう!皮膚炎・下痢などアレルギー症状を楽にするドッグフードの選び方

獣医が教える皮膚炎・下痢などアレルギー症状改善
いつもボリボリ、ボリボリ。気がついたら皮膚が真っ赤になって腫れあがってる!だんだん毛が薄くなってきているような気がする。。。もしかしたら、ドッグフードがあわないのかも?アレルギーかもしれない!?

一日中痒そうに掻いていると本当に気になりますし、心配ですよね。でも、ドッグフードの選び方や環境の整え方などで痒みや下痢は良くなることもあります。

もしかしてうちの子も?こんな症状はアレルギーの可能性あり
アレルギー=皮膚を痒がるというイメージがありますが、実はそれだけではありません。他にどのような症状が起きるのでしょうか?

  • 耳が赤い、痒がる
  • 手をよくなめる
  • 下痢や軟便が続く

このような症状があるときには環境や食物に対してアレルギーがある可能性があります。
では、どのように対処していけばよいのでしょうか?

1. 食事で改善する

step1

かゆみの原因には、体内で起きる食物や添加物に対するアレルギー反応があります。犬の体内ではタンパク質や炭水化物に対してアレルギー反応を起こすことが多く、特にタンパク質は慎重に選ぶ必要があります。だからこそ、

  • 良質なタンパク質を使用しているドッグフード
  • 副産物・添加物を使用していないドッグフード

を選ぶ必要があります。

アレルギー改善にはカナガンドッグフード!

そこでお勧めしたいのは「カナガン」です。お勧めの理由は
カナガンドッグフード

  • 1.原材料の肉がヒューマングレードで多種類の動物性タンパク源ではなく鶏に厳選されている
  • 2.皮膚に必要なオメガ3脂肪酸が含まれている(サーモンオイル、海藻)
  • 3.ハーブや野菜からビタミンや抗酸化成分、線維分をとることができ添加物を使用していない
  • 4.品質管理が徹底していて原材料の産地などがはっきりしている

のように原材料にこだわっている点と、品質管理がしっかりしている点です。

カナガンドッグフードがアレルギーの予防・改善に効果的な理由

  • ヒューマングレードの原材料で安心
  • 1種類のたんぱく質しか使用していないためアレルギーの子にあげやすい
  • 添加物を使用していない

多くのドッグフードが多種類の動物性たんぱく質を使用しているので、アレルギーのある犬にとって非常にドッグフードを選びにくいのが現状です。その点、カナガンは単一の動物性タンパク質・脂質を使用している上に、自然由来の抗酸化成分やビタミンなのでさらに安心して選ぶことができます。

dog_leg ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
dog_leg 公式ホームページは ▶▶こちら



2. 体の外側から改善する

step2
皮膚炎や痒みの原因は、皮膚から浸入する場合と体内から起こる場合がります。体の外側か起こるかゆみに対しては、次の3つのアプローチが考えられます。

方法1

シャンプー
シャンプーにはいろいろな種類があります。細菌感染がひどいならば殺菌成分が入っているシャンプー、油っぽくべたべたした感じならば脱脂用のシャンプーを用いるなど症状に合わせて変える必要があります。

そして大切なのは犬の肌のpHに合わせたシャンプーを選ぶことです。犬の肌のpHはアルカリ性で、細菌が繁殖するのに最も適したpHです。かといって細菌が繁殖しないように酸性のシャンプーを使うと皮膚上にいる有用な細菌まで死滅してしまいます。では、どうすればよいのでしょうか?

細菌が繁殖するための条件は「温度」「湿度」「pH」「栄養素」です。もともと犬は人より体温が高く38度台が平熱です。また、被毛があるため湿度は高めですし、皮膚のpHはアルカリ性なので細菌が繁殖するために必要な条件の「温度」「湿度」「pH」はそろっています。

condition_hihu02

皮膚にあり細菌繁殖に欠かせない栄養素と言えば「皮膚がはがれおちた垢」「皮脂」です。これは毎日少しづつ皮膚上にたまっていくので、シャンプーすることで定期的に落としていくことが大事です。ただし、皮脂についてはおとし過ぎてしまうと悪影響なので健康な皮膚では1カ月に1回、アレルギーや皮膚炎のある状態では症状にもよりますが、1~2週間に1回程度の割合でシャンプーします。

方法2

外用薬
シャンプー以外で対症療法的なアプローチは外用薬です。小さな範囲で痒みが出ている時には内服薬よりも外用薬をお勧めします。

外用薬は舐めるので。。。と言う方が多いのですが、お散歩に行く前に塗れば歩くことに気を取られ舐めることを防げます。外用薬の吸収は早いのでお散歩から帰るころには吸収されています。また、お薬を塗った後に遊んであげるのも良いと思います。

3. それでも治らない場合には

step3
それでも治らない場合には、動物病院を受診してください。アレルギー症状は治療しなければ進行することがほとんどですし、早期に対策を立てた方が今後の治療が楽になります。

主な検査

【被毛検査】

  • 内容:被毛を抜き、毛の根元にすむ寄生虫の有無や毛の質を調べます。
  • 検査費用:1,500円~

【そうは検査】

  • 内容:皮膚を引掻いて皮膚の中にすむ寄生虫を検査します。
  • 検査費用:1,500円~

【セロハンテープ検査】

  • 内容:セロハンテープを皮膚の表面にある細菌などをとり染色して調べます。
  • 検査費用:1,500円~

【アレルゲン特異的IgE検査】

  • 内容:食物、環境などを含むアレルギーの原因を血液で一度に調べることができます。
  • 検査費用:15,000円~

【リンパ球反応検査】

  • 内容:食物アレルギー専用の検査。陽性になった場合、その食べ物に対して異常に増殖するリンパ球が血液中に存在することを示します。
  • 検査費用:35,000円~

ペット保険の適用

適応になります。

治療にかかる期間

約1週間~2カ月

アレルギーの原因とは?

アレルギーはどのようにして起こるのでしょうか?

1. 免疫の問題

アレルギーを起こす犬もいれば、起こさない犬もいます。アレルギーの原因になるものは花粉や食べ物などの身近なものが多いです。このようなものに対して過敏に反応するのがアレルギーです。外部から侵入する物に対して過敏反応が起こるのは免疫のコントロールがうまくいっていないことが原因です。

2. ドッグフードが合わない

ドッグフードに含まれる添加物や品質の悪い原材料、犬が消化しにくい炭水化物などに対してアレルギー反応が出ることがあります。特にグレードの低い肉や廃棄対象の副産物が含まれているドッグフードは要注意です。

3. ノミなどの外部寄生虫

ノミの唾液に対してアレルギー反応を起こし激しい痒みが起こることがあります。これが引き金になって皮膚症状が悪化することもありますのでしっかり予防する必要があります。
皮膚につけるタイプや内服薬などさまざまな寄生虫の予防薬があります。1回投与すると1カ月間予防可能です。


合成添加物はNG!

canagan_main

  • 良質なタンパク質を使用しているドッグフード
  • 副産物(タンパク質であるが食用ではない部分。例えば、皮膚や被毛、ひづめなど)を使用していないドッグフード

ドッグフードに含まれる添加物がアレルギー反応の一因ではないかと言われています。それだけでなくグレードが低すぎる肉や犬が消化しにくい炭水化物の多給もアレルギー症状悪化の原因と言われています。そこでおすすめドッグフードはカナガンです。カナガンはヒューマングレードの原材料を使用し、グレインフリー、無添加ですので安心して食べることができます。

dog_leg ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
dog_leg 公式ホームページは ▶▶こちら



犬種別アレルギーケアのアドバイス

犬種によってアレルギー症状も異なります。アレルギーを起こしやすい犬種と特徴や対策をみていきましょう。

プードル

プードル皮膚のアレルギーは少ない犬種ですが、涙やけのトラブルはよく起きます。予防のためにもドッグフードはヒューマングレードの原材料を使用した高品質のものを選び、発症した場合には早めにドッグフードの切り替えやアレルギー検査を行いアレルゲンを確認しましょう。

チワワ

チワワ皮膚のアレルギーは少ない犬種ですが、涙やけのトラブルはよく起きます。予防のためにもドッグフードはヒューマングレードの原材料を使用した高品質のものを選び、発症した場合には早めにドッグフードの切り替えやアレルギー検査を行いアレルゲンを確認しましょう。

シーズー

シーズー原産地が中国で比較的涼しくカラッとした地域を好み、高温多湿の気候は苦手な犬種です。被毛が長いのでブラッシングを欠かさず、湿度が上がらないように除湿を心がけることで皮膚のトラブルは回避しやすいでしょう。

ミニチュアダックスフント

ミニチュアダックスフントアレルギーを起こしやすい犬種です。皮膚のアレルギー症状がある場合はワクチンなどのアレルギーも注意しましょう。子犬のころから耳の痒みや手の痒みが目立つ場合は早めのアレルギー検査をお勧めします。

パピヨン

パピヨン皮膚のアレルギーは少ない犬種ですが、涙やけのトラブルはよく起きます。予防のためにもドッグフードはヒューマングレードの原材料を使用した高品質のものを選び、発症した場合には早めにドッグフードの切り替えやアレルギー検査を行いアレルゲンを確認しましょう。

マルチーズ

マルチーズ皮膚のアレルギーは少ない犬種ですが、涙やけのトラブルはよく起きます。予防のためにもドッグフードはヒューマングレードの原材料を使用した高品質のものを選び、発症した場合には早めにドッグフードの切り替えやアレルギー検査を行いアレルゲンを確認しましょう。

柴犬

eye_breed06アレルギーを起こしやすくかつ悪化しやすい犬種です。子犬のころから耳の痒みや手の痒みが目立つ場合は早めのアレルギー検査をお勧めします。また、子犬のころからドッグフードは良質なものを使用し、特にタンパク質の質と種類には気をつけましょう。

フレンチブルドッグ

eye_breed10アレルギーを起こしやすく非常に悪化しやすい犬種です。特にアトピー気質は遺伝するので血縁にアレルギー体質の犬がいる場合は要注意です。子犬のころから耳の痒みや手の痒みが目立つ場合は早めのアレルギー検査をお勧めします。また、子犬のころからドッグフードは良質なものを使用し、特にタンパク質の質と種類には気をつけましょう。

飼い主さんからよくある質問にお答えします

昔は犬のアレルギーなんて聞いたことがなかったけれど、最近増えているのはどうして?

正確な解答は見つかっていないのですが、多種多様な食べものや今まで食べたことがないような添加物を取り込むようになったのが原因ではないかと思われます。

1つの肉ばかり食べさせるとアレルギーになってしまうって本当?ローテーションは必要?

アレルギー反応は反応の閾値(限界値)を超えると目に見える形で起こります。単一のものばかり食べてアレルギー反応の閾値を越えることもあるので、ローテーションが良いと思います。

犬のアレルギー検査はどんなことをするの? 費用はどれくらい?

血液検査が主流です。アレルゲンとなりうる身近な食べもの、草木、カビ、布、昆虫などに対するアレルギー反応の有無を調べます。金額は検査会社、内容によりますが、15000~60000円です。

犬のアレルギーには手作り食とドッグフードどちらがいいの?

アレルゲンには個体差がありますので原材料を厳選できる点では手作り食が良いかもしれませんが、必要な栄養バランスを取るのが困難です。アレルゲンができるだけ入っていないドッグフードをお勧めします。

アレルギーの犬に与えてはいけないのはどういうドッグフード

添加物が多いもの、微量でもアレルゲンが入っているもの、副産物や~類といった表記の多いものはやめましょう。

うちの子はまだアレルギーじゃないけれど、予防のために気をつけた方がいいことは?

腸は最大の免疫器官なので腸内環境を整えること、良質のドッグフードやおやつを選び、原産国や製造国に気を配ってください。

犬のアレルギーは遺伝するの?

 残念ながらアトピー体質は遺伝すると言われています。

犬のアレルギー検査はどんなことをするの? 費用はどれくらい?

血液検査が主流です。アレルゲンとなりうる身近な食べもの、草木、カビ、布、昆虫などに対するアレルギー反応の有無を調べます。金額は検査会社、内容によりますが、15000~60000円です。

涙やけはアレルギー反応?

涙やけはアレルギー反応の場合とドッグフード原材料のタンパク質の量と質が合わない場合があります。

オーガニック(有機栽培)のドッグフードはやっぱりアレルギーにもいいの?

化学肥料の成分が植物に取り込まれ有害物質になることもありますので、化学肥料を原則使わないオーガニックのドッグフードはアレルギーに良いと言えます。

シニア犬(高齢犬)になるとアレルギーがでやすいって本当?

シニアになると抵抗力がおちてきますので、アレルギー反応がでやすくなります。

 パピー(子犬)から成犬用にドッグフードを切り替えるとき、気をつけるべきことは?

 徐々に切り替えることと、切り替えの最中に嘔吐・下痢が起きた場合は新しく混ぜた成犬用のドッグフードの使用を中止してください。高品質なドッグフードを選ぶのはもちろんです。

アレルギー体質でもダイエットしたい。お勧めのドッグフードは?

アレルギー体質はダイエットすることで軽くなる場合もあります。線維分の多いドッグフードを選ぶといいでしょう。

療法食って何?

別名「治療食」「処方食」といいます。心臓病、糖尿病などのように食事管理をしなければならない病気用のドッグフードのことを療法食といいます。

アレルギー用と書いてあっても安いものだとやっぱり不安。価格帯はいくらからが安心?

私たちが肉を購入する時に100g当たり150円前後以上を購入すると思います。これを目安にすると1㎏で1500円以上が安心して購入できるドッグフードです。

まとめ

アレルギーは遺伝する場合もありますが、ドッグフードやおやつの選択、環境の整え方などで症状が軽減します。食べたもので体はつくられます。ドッグフードがその子にあっているのか、どのような品質なのかは犬たちの体調が答えです。カナガンを代表とするような犬の健康を第一に考えたドッグフードでしっかり健康のサポートをしてあげましょう。


keturon_dr02アレルギー対策にはカナガンドッグフード

canagan_main
カナガンドッグフード5つの特徴

  • ヒューマングレードの原材料で安心
  • 1種類のたんぱく質しか使用していないためアレルギーの子にあげやすい
  • 有害な人工添加物を使用していない
  • グレインフリー(穀物不使用)なので穀物アレルギーを予防できる
  • 毎日続けても負担にならない低価格
    (2kg 3,960円+税 体重3kgの子なら1日97円)
カナガンはヒューマングレードのチキンをタンパク源として使用しています。またタンパク源が単一ですのでアレルギーが心配な犬たちに最適です。また、グレインフリーで着色量や保存料などの添加物を含みませんので安心して食べることができます。

公式サイトで確認する

よく読まれている記事

安心ドッグフードの選び方を
もっと詳しく知りたい方にはこちら

  • おすすめランキング

    おすすめランキング
    人気のフード6つの実力を辛口採点しました。

  • 選び方

    ドッグフードの選び方
    健康を守るために欠かせない注目ポイントを解説しています。

  • 粗悪な原料の危険と避け方

    粗悪な原料の危険と避け方
    安価なドッグフードの現実…知らなかったでは済まされません。

【執筆者】 獣医師 平松育子先生

bottom_writer山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の病院勤務を経て、2006年にふくふく動物病院を開業。飼い主と犬のかけがえのない日々の手助けをすることをモットーに、疾患の治療だけでなく、最適なドッグフードの選択のお手伝いも含めライフスパンのトータルケアを行う。プロフィールをもっと見る▶