1. ホーム
  2. 症状別で選ぶ!改善・予防ドッグフード
  3. ≫【肥満・ダイエット】食事や運動をチェックして健康的に減量しよう!満腹感が得られるドッグフードを紹介します

【肥満・ダイエット】食事や運動をチェックして健康的に減量しよう!満腹感が得られるドッグフードを紹介します

肥満改善・ダイエット 獣医に聞いてきました
太ると分かってはいても、ついついあげてしまうおやつ。「欲しそうに見つめられるとね。。。」と私たちの食べ物を上げてしまったり。

おいしそうに食べるし、おねだりをされると少しくらいならと思ってしまいますよね。

でも、肥満は万病のもと!愛犬の健康のために、体重管理は飼い主さんの大切な役目でもあります。

ダイエットのコツは人間と同じです。食事(ドッグフード)やおやつから取るカロリーを少なくすること、運動をすることです。

ここでは、ワンちゃんと一緒に、楽しくダイエットする方法を見つけていきましょう。

【減量・ダイエット】まずは目標を立てよう

まずは目標を立てましょう。

減量プランを獣医とともに計画し、定期チェックをしながら挫折しないように頑張りましょう。

また、ダイエット成功例なども参考にして、計画の立て方や、つらい時期の乗り切り方など、参考にしながら頑張るのもよいと思います。

無理なダイエットは禁物

怒る

この時、大切なのは無理なダイエットはせず、少しずつゆっくりしたペースを心がけることです。

なぜなら、ワンちゃんからしてみると、急に食事量を減らされたり、おやつをもらえなくなることは、意地悪をされていると感じてしまう事があり、そのせいで、いたずらが増えたり、攻撃的になるなんて事もあります。

時には異物を食べたり、便を食べるようになる可能性があるので要注意です。

犬のダイエットは、ワンちゃん自身が「いつまでに痩せるぞ!」などといった自覚はない状態でスタートします。急激にダイエットするのは苦痛にしかならないのです。

目安を定めてスタートしよう

太るのは簡単ですが、痩せるのには時間がかかります。

1年間に1kgの減量をすると1カ月で85gの減量が可能です。

もう少し頑張れそうだったら、1年間に2kg減量で、1カ月に170gの原料が可能です。このように大体の目安をもって少しづつ確実にゆっくり痩せていきましょう

ドッグフードの袋には摂取カロリーが書いてありますが、これは標準的なドッグフードの量になります。

減量するためには減量用のカロリー計算をする必要があります。

獣医師広報版の犬のカロリー計算」があるので、参考にしてみましょう。

【減量・ダイエット】食事の見直し ドッグフードをチェック

ドッグフードまず大切なのが、摂取カロリーを減らすということです。

この時「体に必要な栄養分は摂取して健康的に痩せること」を忘れないようにしましょう。

量が減ることでカロリーは減っても、体を維持するために必要な栄養分も足りなくなってしまっては良くありません。

そして満腹感も大切です。カロリーを減らすために今までより量が少なくなってしまっては、ワンちゃんはすぐにお腹がすいてしまいます。

また予防のためにはドッグフードに記載されているエサの量を守って与えるようにしましょう。

そして、カロリーを制限するからこそ、粗悪な原料はNG!必要な栄養素がさらに不足してしまいます。

品質の良い原料のドッグフードを選びましょう。

ドッグフードは以下の点をチェックして購入しましょう。

獣医OK◎カロリーを減らしても栄養がしっかり摂れる
◎少ない量でも満腹感が得られる
◎粗悪な原料は使用していない(肉副産物などは×)

ドッグフードペディアの結論

ダイエットをするならモグワンがおすすめ

モグワンモグワンは100g344kcalで、健康な体を作るための栄養もたっぷり含まれています。豊富なアミノ酸、ビタミンA、アスタキサンチンなど

主原料には低脂肪で高タンパクなチキンとサーモンを使用しています。また少ない量でも満足感が得られるサツマイモが配合されています。ゆっくりと消化されるので負担が少なく、長時間空腹を感じません。

肉副産物などの粗悪な原料は一切使用していません。

公式サイトで確認する

【減量・ダイエット】運動の見直し 運動の種類やお散歩時間をチェック

運動ダイエットに運動は欠かせません。

ワンちゃんと一緒に楽しみながらできる運動をおすすめします。

オススメの運動の種類

  • お散歩
  • ドッグランへ行く
  • アジリティトレーニング
  • フリスビーで遊ぶ


お散歩の目安時間
通常のお散歩の時間は
小型犬:30分
中型犬・大型犬:60分
程度が目安とされています。

ダイエットを目的とするならば、この時間より少し長めが良いでしょう。

お散歩は、飼い主さんのペースに合わせて歩くことが多いので、時にはドッグランで走るのもよいと思います。

また、アジリティトレーニングやフリスビーは運動量が多く、かなりのカロリー消費が期待できるので、おすすめです。ただし高齢の犬たちには向きません。

減量・ダイエットによくある質問Q&A

もっと食べたいとねだられると飼い主もつらいです。犬も飼い主もストレスのないダイエット方法はありますか?
満腹感が得られる工夫が大切

満腹感のないダイエットは続かないと思います。カロリーが高いフードの量を減らすのではなく、カロリーの低いもので量を増やす、サツマイモなど満腹感が持続するものが含まれているフードを選ぶなどして、満腹感が続くように工夫しましょう。

ダイエット用のサプリメントも使った方がいいんでしょうか?
時にはサプリに頼るのも◎

まずはドッグフードのカロリーを減らして改善するように頑張りましょう。それでもダイエットの効果がなかなか出ない時には、弾みをつけるためにサプリメントを利用するのもよいと思います。初めからサプリのみで対策するのはやめましょう。

手作り食でダイエットさせた方がいいのではないかと考えていますがいかがでしょうか?
基本はバランスの良いドッグフードがおすすめ

ダイエットに関わらず、ワンちゃんにはバランスの取れた食事が必要になり、これにはしっかりとした知識が必要になります。安易にカロリーを下げた手作り食であればいいというのは危険。栄養面が満たされなければ、毛艶が悪くなったり、やつれた感じになってしまいます。ドッグフードをメインにし手作り食を少々混ぜるのは良いと思いますよ。

メインをドライフード、おやつを手作りにしてカロリーダウンしようと思います。おすすめの手作りおやつを教えてください。
ゼリー、ささみのジャーキー、砂肝ジャーキーなどがオススメ

ゼリーやささみのジャーキー、砂肝ジャーキーなどカロリーが低く、脂肪分もかなり低いのでお勧めです。ひと手間加えるなら、ボーロも簡単でカロリーが低いのでおすすめです。

器具を使ったジョギングや水泳などでダイエットさせてくれる犬の合宿があると聞きましたが、どうでしょうか
利用するのもよいでしょう

実際に出向いて説明を受け、見学などをしっかりしてから決めましょう。自宅ではなかなかうまくいかない場合は利用するのもよいと思います。合宿で体重が落ちた後も、しっかり維持していきましょう。

まとめ

現在では、40%近くのワンちゃんが肥満、または重度の肥満と言われています。

大切なのは、結果を急いでの無理なダイエットはしないことと、きれいにダイエットするために栄養バランスを極端に崩さないように気をつけることです。

また「少しくらいならいいかな」の積み重ねが、体重オーバーにつながります。

おやつは1日の必要カロリー量の中に含めて肥満にならないように気をつけましょう。

ドッグフードペディアの結論

肥満が気になるならモグワンがおすすめ

モグワンモグワンは動物性たんぱく質が50%以上含まれた高たんぱくフードです。脂質12%と控えめで、100gあたりたった344kcalです。

原料はすべて人間でも食べられるヒューマングレードだから安心して与えることが出来ますよ!

腹持ちのよいサツマイモも使用しているので、ダイエット中のワンちゃんにオススメです。

公式サイトで確認する

よく読まれている記事