1. ホーム
  2. 症状別で選ぶ!改善・予防ドッグフード
  3. ≫犬の臭い対策~体・口・便・おしっこの臭いを消す方法

犬の臭い対策~体・口・便・おしっこの臭いを消す方法

犬の臭い対策
自分では気付かない自分の家の犬の臭い。掃除をしたり、こまめにシャンプーしたりしているのになぜかすぐ気になる臭いがしてしまいますよね。

これはドッグフードを変えることで解決するかもしれません。

体臭、口臭、うんち・おしっこの臭いどれも気になりますが、これらの臭いはドッグフードが関係していることがあります。その理由と対処法を解説していきます。

1. 食事で改善する

step1

ドッグフードを変えたら体臭がきつくなった。このようなお話を良く聞きます。実は体臭とドッグフードには密接な関係があるのです。

臭いが出ている犬にありがちな食生活

体臭の強い犬たちの食生活に共通するのは、

  • においの強いドッグフード
  • ジャーキーなどのおやつ

などをたくさん食べていることです。タンパク量の多さや、タンパク質の種類によって体臭は変わります。

体臭とドッグフードの関係~添加物や肉の品質、アレルギー~

体臭の原因には、

  • タンパク質系
  • 脂質系
  • 糖系

があります。この中で一番多く臭いが強いのがタンパク質系です。タンパク質が分解されると、硫黄を含むアンモニアや硫化水素、アミン類などに分解されます。この臭いが体臭になります。

また、脂質も体臭の原因になることが多く、皮膚のターンオーバーがうまくいかなくなると毛穴や皮脂腺の出口を詰まらせます。皮脂腺の出口が詰まると皮脂腺の中で活性酸素が発生し、皮脂を酸化させ、脂肪酸やアルデヒドのような体臭成分を産生します。

このような酸化の過程を繰り返し、ますます酸化が進むという悪循環が生じ体臭が強くなっていきます。

つまり、タンパク質・脂質の種類や量によって体臭は左右されているのです。廃棄するような質の悪い肉や副産物などの粗悪なタンパク源、絞りカスのような脂を使用しているドッグフードや、多量の添加物は体臭の原因になります。できるだけ良質な原材料を使用しているドッグフードを選ぶのが体臭対策には必要です。

口臭とドッグフードの関係

08con_2犬の口臭の原因は、

  • 歯垢
  • 歯石
  • 口の中の細菌

です。歯垢や歯石がほぼない子犬の口の臭いが気になることはほぼありません。歯垢の原因は、食べ物のカスと口の中の細菌です。この歯垢にカルシウムなどが結合して歯石になります。

犬の場合歯垢から歯石になるまでの日数が短く、約3~5日です。歯垢や歯石にはたくさんの細菌が含まれ、この細菌が歯肉に炎症を起こします。そして細菌から毒素が出ることで独特の口臭が起こります。

このような細菌のたまり場である歯垢や歯石ができにくいドッグフードを選ぶ方が良いでしょう。ドッグフードにはドライ・セミモイスト・ウエットなどさまざまな種類がありますが、歯に付着する割合が少ないのはドライフードです。嗜好性ではセミモイストやウエットに劣りますが、口腔内衛生を考えるとドライをお勧めします。

うんち・おしっこの臭いとドッグフードの関係

うんちの元は、食べたものと消化管内の古くなった細胞と細菌です。おしっこの元は血液です。うんちもおしっこも、共通する原材料は食べたものです。食べた物が消化吸収されて利用できなくなった食べ物カスが便として排泄されるので、この原材料が良質なものであればさほど強いにおいの便は出ません。尿も同様です。

血液の役割は栄養素や老廃物の運搬です。血液中に豊富な栄養素や老廃物などを含んだまま腎臓に運ばれ、濾過されて必要な栄養素が体に再吸収され、不要なものは尿中に排泄されます。この不要なものが多ければ多いほど、尿の臭いはきつくなる傾向があります。

「ミール」「ミート」といった肉の副産物や、犬に摂って消化しにくい原材料(トウモロコシなどの穀物)、添加物などが含まれているドッグフードは、消化不良やアレルギーを起こしやすく、排泄物の臭いが強くなります。

臭いの悩みにはカナガンがおすすめ!

そこでお勧めしたいのは「カナガンドッグフード」です。
理由は、ヒューマングレードの原材料を使用し、単一のタンパク源を使用していること。犬はもともと穀類の消化が苦手で、トウモロコシや小麦などの穀類を多く含むドッグフードは消化不良を起こしやすくなります。カナガンはそういった穀物を使用していないグレインフリードッグフードなので、犬の腸に負担がかかりません。また、添加物を使用していないため、尿や便に排出される毒素もほとんどなく、これらの臭いを軽減します。
カナガンドッグフード

カナガンが臭いの予防・解消に効果的な理由

  • ヒューマングレードの原材料で安心
  • 1種類のたんぱく質しか使用していないためアレルギーの子にあげやすい
  • 添加物を使用していない
  • グレインフリー  

dog_leg ドッグフードペディアによる解説ページは ▶▶こちら
dog_leg 公式ホームページは ▶▶こちら


原料の品質がよく、添加物を使用していないカナガンなら、涙やけやアレルギー、毛並みなどの気になる症状が改善されることも多いので、合わせてこのような悩みのある犬にはいつもおすすめしています。

2. シャンプー・歯磨き・ストレス解消で改善する

step2
体臭、口臭、排せつ物の臭いはなかなかゼロにできません。少しでも減らすにはどのようにすればよいのでしょうか?

体臭が強い犬におすすめの方法

体臭の強さは被毛の種類にも関係していて、シングルコートの犬たちはダブルコートの犬たちに比べ臭いが少ないと言われています。

体臭は、皮膚や被毛についた汚れや細菌やマラセチア、皮脂腺から分泌される脂の性状などで変わります。これらを落とすために、体臭が気になる犬には定期的にシャンプーを行ってください。

口臭が強い犬におすすめの方法

口臭が強い原因を絶つ必要があります。歯石が多く付着している犬は、歯石を取ってあげましょう。自宅で完全に除去することは難しいので、動物病院でスケーリング(歯石除去)してあげてください。

歯石は細菌の巣窟です。細菌が炎症を起こしたり、毒素を排泄したりすることで口臭の原因になります。また、歯石を除去した後に歯ブラシによる歯磨きや、歯磨きシートで歯の表面を拭くことで、歯石の再付着を防止するのも併せて行うとよいでしょう。

おしっこの臭いが強い犬におすすめの方法

07con_3うんちとおしっこの臭いの強い子は、ドッグフードの変更と合わせて動物病院での糞便検査と尿検査を行うことをおすすめします。膀胱炎や尿路結石がある場合は尿がかなり臭いますので、尿臭が強い場合には尿検査を行う方が良いです。

万が一、尿路結石がある場合には、早急に治療を始めなければ尿路閉塞になり、急性腎不全から亡くなることもあります。

何らかの病気が原因で尿臭が強いならば、治療することで臭いが気にならなくなります。また、飲水量が少なく尿が濃くなっているときにも尿臭は強くなりますので、飲水量のチェックもお忘れなく。

ドッグフードペディア厳選!消臭効果のあるグッズ

クエン酸・ミョウバン
クエン酸は尿臭が気になるときに使用します。ただし、濃度に気をつけましょう。濃度が薄ければ尿臭が残り、濃度が濃い場合はクエン酸の独特のにおいが残ります。

クエン酸は酸性で、尿臭の元のアンモニアはアルカリ性です。アルカリ性の尿に酸性のクエン酸をかけることで中和させ臭いの元を分解しています。クエン酸の臭いが気になる場合は、後からミョウバン水で拭くとよいですよ。

重曹
重曹は弱アルカリ性です。体臭は一般的に酸臭とも呼ばれます。酸性の体臭に、弱アルカリ性の重曹を用いると中和され臭いが軽減されます。ところが、アンモニアなどのアルカリ臭に対して用いても、中和されず臭いも減りませんので消臭したいものがアルカリ臭なのか酸臭なのかをしっかり見極めて使用しましょう。

ファブリーズ
ファブリーズを代表とする消臭剤は、酸臭にはアルカリをアルカリ臭には酸性の成分を用い中和させ、香りの成分で残り香をマスキングしています。マスキング効果があるうちは排泄物の臭いや体臭は緩和されますので一時的な効果はあります。

08con_1

木酢液
含まれる有機酸類やアルカリ成分で中和し消臭します。また、液独特の香り(燻香)で残り香をマスキングします。消臭できますが液独特の香りが気になる場合は向かないかもしれません。

緑茶
緑茶に含まれるカテキンやフラボノイドの効果で口臭が軽くなります。カテキンには抗酸化、抗菌作用があります。緑茶を飲むことで、口腔内の雑菌な繁殖が抑えられますので、口臭が少なくなります。

ただし、カフェインやカテキンは蓄積すると中毒症状を起こすのでお勧めできません。また、シュウ酸という成分が緑茶には含まれていて飲み過ぎると結石ができることもあります。口臭には効果があるカテキンですがあまりお勧めできません。

3. こんなときには動物病院を受診

step3

動物病院を受診した方がいい状態の目安

次のような状態のときは、動物病院を受診して獣医師に相談してください。

  • 歯石がたくさん付着している
  • 体臭が強く、痒がったり、べたつきがひどい
  • フケがたくさん床に落ちるような状態
  • 尿の色が濃く、ツンとする臭い
  • 発酵したような便の臭い

受診の際は、こんなメモを受診しましょう

  • いつからか?
  • ドッグフードの種類や変更の有無
  • シャンプーの割合
  • シャンプーの種類
  • 歯磨きの有無
  • 病歴

などの情報がわかると、診察の助けになります。

動物病院で行う診察・検査

悩みごとに行う診察・検査は異なっています。

体臭の場合の診察・検査

  • 全体を触る触診
  • 抜毛検査、セロハンテープ検査など
  • 問診(時期、程度、ドッグフードの銘柄、ドッグフードの変更の有無、シャンプー
  • 受診歴、過去の病気など)

口臭の場合の診察・検査

  • 口腔内検査(歯石の付着程度、歯肉炎の有無など)
  • 歯石の付着がひどい場合はレントゲンを撮ることがあります。

便・尿の臭いの診察・検査

  • 糞便検査
  • 尿検査

考えられる病気
臭いが気になるとき、考えられる病気には次のようなものがあります。

  • 細菌性皮膚炎
  • マラセチア性皮膚炎
  • 脂漏症
  • 歯周疾患
  • 歯石
  • 消化不良
  • 食物不耐性
  • 食物アレルギー
  • 膀胱炎
  • 尿路結石

など。最悪の場合には命を落とす場合もありますので、自宅でのケアで改善しない場合には受診してくださいね。

動物病院で行う治療と使用する薬剤など

細菌性皮膚炎・マラセチア性皮膚炎・脂漏症

  • 抗生剤、抗真菌薬、抗ヒスタミン薬の投与
  • 適切なシャンプー
  • 良質のドッグフード

歯石・歯周疾患

  • 歯みがき
  • ドライフードメインの食事
  • 歯石除去
  • 抗生剤や消炎剤の投与、デンタルケア

排泄物の臭い

  • 整腸剤
  • 下痢止め
  • ドッグフードの変更
  • 抗生剤
  • 尿酸化剤

上記のような薬を使って治療していきます。

治療にかかる期間・費用

  • 体臭:約1カ月、5,000円程度です。
  • 口臭:歯石除去は費用15,000円~(血液検査は別)、内服薬の場合は体重によりますが、抗生剤と消炎剤を使用することが多いです。

ペット保険は適用されるか
ペット保険は会社によって若干異なりますが、予防や美容で行うことについては保険適用になりません。体臭や口臭、排泄物の臭いについては原因によっては適用になります。歯みがき粉やシャンプーなどは対象外です。

犬の臭いの原因とメカニズム

犬の臭いは、「ステップ1.食事で改善する」でも解説したように、ドッグフードの品質と密接な関係にあります。これをもう少し詳細に見ていきましょう。

体臭の原因は、ドッグフードに含まれるタンパク質の種類や量です。また、皮膚の細菌が出す毒素の臭いでもあります。タンパク質の質が悪く量が多いと、分解の結果発生するアンモニアの量が多くなり、これが体臭の原因になります。

また、皮脂腺からの分泌物が多かったり、シャンプーの頻度が少なくても多くても皮膚のコンディションが悪くなり、細菌やマラセチアの繁殖が起こる結果、このような細菌が出す毒素の臭いが体臭になります。また、このような状態を放置すると炎症がさらに進んでしまったり、病気の見落としにつながります。たかが体臭と思わず対処していくことが必要です。

08con_3

歯垢や歯石にはたくさんの細菌が含まれ、この細菌が歯肉に炎症を起こします。細菌から毒素が出ることで独特の口臭が起こります。歯石が付着していることを放置すると歯肉が退行してしまい、歯が抜けてしまったり、目の下から膿が出たり、時には炎症から口の中に腫瘍ができてしまうこともあります。

ドライフードを選ぶことで歯垢が付着しにくくなり、口臭を抑えることができますので、ウェットタイプのドッグフードを与えている飼い主さんは要注意です。

また、排せつ物の臭いは、粗悪な原材料を使用しているドッグフードの消化分解できなかった残りかすの臭いです。尿の臭いが強い場合は、膀胱炎や尿路結石などの病気や飲水量の減少などが原因のこともありますが、ドッグフード中のタンパク質が分解された結果アンモニアになり、これが代謝されて尿酸と言う形で排泄されますので、やはりドッグフードの原材料の質に左右されると言ってもよいでしょう。

最後にもうひとつ、臭いとかかわりがあるのがストレスです。ストレスや緊張は人と同様に犬でも抵抗力を下げてしまい、体全体のコンディションが悪くなります。細菌感染をはじめとする感染症になりやすくなりますので要注意です。

犬種と臭いの関係とは?臭いの強い犬種・少ない犬種

犬種と臭いの間には関係性があり、一般的にシングルコートの犬は体臭が少ないと言われています。他にも、垂れ耳の犬種、短頭種のように鼻が短く顔にしわが多い犬種も臭いが強くなります。犬種別にいえば、次のような傾向があります。

  • 臭いが強い犬種:コーギー、ゴールデンレトリバー、柴犬、パグ、アメリカンコッカ―スパニエル、シーズーなど
  • 臭いが少ない犬種:プードル、マルチーズ、チワワなど

臭くなりやすい犬種の特徴と対策

臭くなりやすい犬種の特徴はダブルコートです。ダブルコートとは、アンダーコートと言う下毛とオーバーコートと言う上毛の二重構造になっている被毛のことです。毛量がシングルコートに比べて多くなり、通気性が悪いため、細菌繁殖しやすく臭いが強くなってしまいます。

コーギーや柴犬はアンダーコートが密で湿気がこもりやすく、細菌繁殖しやすいため臭いが強くなります。
 
smell_1

ゴールデンレトリバーやアメリカンコッカ―スパニエルは垂れ耳で、耳の通気性が悪く、細菌繁殖し外耳炎になりやすいため耳が臭いやすいです。

smell_2

シーズーはもともと寒冷地に住む犬なので、高温多湿の日本は気候的に向いておらず、細菌繁殖しやすく、マラセチアが繁殖すると更に臭いがきつく出ます。

smell_3

臭いの少ない犬種の特徴

臭いの少ない犬は、シングルコートという主毛だけ生えていて、綿毛のようなアンダーコートが生えていない犬種に多いです。通気性が良く細菌繁殖しにくいため、臭いも少ない傾向になります。

飼い主さんからよくある疑問Q&A

犬の体臭を軽減できないかと手作りご飯にトライしたいのですが、どのようなことに気をつけたらいいでしょうか。

アレルギーや体臭が強い、お腹の調子が悪いなどで手作り食を検討する方が多くいらっしゃいます。メニュー的には問題がなくても、犬の栄養要求量と人の栄養要求量は全く異なりますので、特に微量元素(ビタミン・ミネラル)などが不足しがちにります。残念ですがあまりお勧めできません。

犬に生肉を食べさせると体臭が減ると聞いたのですが、本当でしょうか?理由はなぜですか?

生肉も少量なら良いのですが、消化不良を起こすこともありますので、新鮮なものに限ります。また、寄生虫をもっていることもあります。生肉を食べたからと言って体臭が減るわけではありませんので、あまりお勧めしません。

犬の生理の時の臭いはどのように対策したらいいでしょうか。

まずは清潔にすることが大切です。特に出血量が多い場合は陰部の周りにつき、余計に臭いますので、お尻周りの毛を短くカットしたり、マナーパンツをはかせてこまめに取り換える、1日に1回はお尻周りを洗うなどしてあげてください。

犬はがんや腎臓、アレルギーなどの病気のときに臭いが強くなるというのは本当ですか?臭いに気をつけていれば病気に早く気づいてあげることもできるのでしょうか?

確かに臭いは強くなります。特に腎不全になると毒素の排泄ができなくなっていきますので、病気の進行に合わせてアンモニア臭くなります。アレルギーの際は皮膚を痒がり掻くことで細菌の二次感染が起こり、臭いが強くなります。

飼い主の服についてしまう犬やペットの臭い、自分では気づきにくいのですが、職場で指摘されて対策しなければと思っています。先生はどうされていますか?

自分のペットの臭いはとかく分かりにくいものです。どうしても臭いはつくものなのですが、服のある部屋にペットは入れないようにするのも一つの方法です。また脱臭機能付きの空気清浄機もお勧めします。それでもペットの臭いは中々消えないものです。消臭剤やペットのシャンプー、ペットの使う道具のお掃除などをまめにしていきましょう。

結論

ペットの臭いは自分で気づかないことが多いものです。ただ、原因と臭う仕組みが分かれば対策も立てやすくなります。臭いの原因の一つは食物ですので良質のドッグフードを選びましょう。また、歯を磨く習慣、定期的なトリミングも大切です。

ドッグフードペディアの結論
臭いの根本的な
解消にはカナガン!

カナガンドッグフード

カナガンの特徴
  • ヒューマングレードの原材料で安心
  • 1種類のたんぱく質しか使用していないためアレルギーの子にあげやすい
  • 有害な人工添加物を使用していない
  • グレインフリー(穀物不使用)なので穀物アレルギーを予防できる
  •    

  • 毎日続けても負担にならない低価格
    (2kg 3,960円+税 体重3kgの子なら1日97円)

カナガンはヒューマングレードの原材料を使用しているので安心して食べさせることができます。

また、犬が消化しにくい穀物を使用しておらず、胃腸に負担をかけません。良質のドッグフードを食べさせることが、体の不調からくる臭いを軽減してくれるでしょう。
公式サイトで確認する

よく読まれている記事