1. ホーム
  2. 症状別で選ぶ!改善・予防ドッグフード
  3. ≫【獣医が解説】犬が餌を食べない原因は?食いつきアップのテクニックと犬種別のアドバイス

【獣医が解説】犬が餌を食べない原因は?食いつきアップのテクニックと犬種別のアドバイス

クンクン匂いをかぐけれど食べない、ドッグフードを変えるとしばらくは食べるがすぐ飽きる…といった愛犬の食いつきの悩み。何をあげればよいのか分からなくなり、困りますよね。食べなくなるたびにドッグフードを変えていると、きりがなくなります。食べムラのある犬に対してどのようにしていけばよいのか一緒に考えましょう。

ステップ1.食事で改善する

食べなくなると心配になりますよね。ドッグフードを違うものやもっとおいしそうなものに変える方が良いのでしょうか?手作り食にした方が良いのでしょうか?それは、いたちごっこの原因になりますのでお勧めできません。

食いつきがいいドッグフードの特徴

ヒューマングレードのフードは食いつきがよい

犬は人以上に嗅覚が優れています。それに反して味を感じる味蕾は犬で1,700個、人は9,000個と人の方が味に敏感です。犬がおいしいと感じるのは実際に口に入れた時の味よりも匂いに反応していると言えます。香料の中には天然のものもありますが、合成のものがほとんどです。品質よりも匂い重視では健康を損ねる恐れもあります。

大切なのは、確かな品質のドッグフードを与えることです。ヒューマングレードの原材料のドッグフードであれば、自然な素材の香りと味で十分おいしいはずです。グレードの低い原材料はヒューマングレードの原材料に比較すると本来の香りという点で劣ります。

中にはえぐみのある匂いや、軽く悪臭のする場合もあります。香料や着色料で原材料の香りをごまかし犬の興味を引き付けようとしたものは避けましょう。

ウェットフードはメインにしないで

ウエットフードは、ドライフードに比べて水分や脂を多く含み、柔らかく食べやすく嗜好性が良いドッグフードです。また、肉や野菜などの原材料のかたちがそのまま残っていて見た目にもおいしそうです。ドライフードに比較すると匂いも強く、食欲をそそります。

このようにメリットの多く見えるウエットフードですが、柔らかいために歯に付着しやすく、歯石や歯肉炎をはじめとする歯周病になりやすくなります。また、添加物も多く含まれています。

犬たちには人気がありますが、メインのドッグフードには不向きです。

食いつきの悪い犬に食べさせたいおすすめドッグフード

では、どのようなドッグフードを食べさせればよいのでしょうか?獣医の立場からおすすめするのは次のような特徴のあるドッグフードです。

  • ヒューマングレードの原材料
  • 着色料や保存料などの添加物が入っていない

このような良質のドッグフードを選んであげてください。確かな原材料にしか出せない香りと味で、犬にはその違いが分かります。

食いつき安心度No.1はカナガンドッグフード!

そこでお勧めのドッグフードが「カナガン」です。グレインフリーで、ヒューマングレードの肉を使用しているので最近人気のあるドッグフードです。

カナガンドッグフードカナガンは鶏の飼育時点からこだわり、人の食事としても何ら問題のない肉を使用していす。見た目はドッグフードですが、原材料を並べると私たちの食卓に上がるグレードのものばかりです。犬の鋭い嗅覚はこの品質の高さをかぎとり、飛びついて食べてくれますよ。モニターで「100%の犬が食べた」と実績公表しているのも信頼感が持てるため、安心しておすすめできます。

カナガンドッグフードが食いつきがいい理由

  • 人間が食べられるレベルの高品質なおいしい鶏肉をたっぷり使用
  • 100%の犬が食べたモニター結果あり
  • 香料でごまかしていない本物のおいしさ
犬の食いつきで悩んでいる飼い主さんにはぜひ試してほしい、本当に安心して与えられるドッグフードです。



ステップ2. 餌の与え方、タイミング、運動のポイント

食いつきの悪さにも理由があります。餌の好みの問題もありますが、食べるタイミングや運動量も関係します。運動不足になっていませんか?だらだら食べていませんか?家族の食事の時間にそばで待機していませんか?

餌を与えるときに気をつけたいポイント

餌を食べないからと言って安易に違うドッグフードに変更すると、いたちごっこになることがあります。

「何らかの理由で食べなかったら、もっとおいしいドッグフードに変わった」
犬がこのような成功体験を積み重ねると、駄々をこねることを学習してしまいます。最終的には味の濃いヒューマンフード(人間の食事)や、おやつしか食べないという問題に突き当たります。

このような状態になると、飼い主さんが大変なだけでなく、犬の体にとっても栄養バランスが崩れ、慢性的な病気にかかりやすくなってしまいます。

犬は人以上に嗅覚に頼ります。もしも食べなくなった場合は香りが立つように工夫しましょう。具体的には「温める、ふやかす、スープをかける、トッピングを利用する」などです。

食事のタイミング

食事の間隔をあけて血糖値を下げることが重要

お腹が空いた感覚がないと食欲はわきません。食いつきの悪い時には「だらだら食べていないか?」「おやつが多くないか?」などをチェックしましょう。

食事が終わるまでの時間をしっかり決めて、時間がきたら食べ残しがあっても片づけます。またあとで食べるかもしれませんが、だらだら食べると血糖値が下がらず、空腹感が起こりにくくなります。

食事と食事の間におやつをたくさんもらうと血糖値が下がりきらず、食事をとりなさいと言う命令を出す摂食中枢への刺激が弱くなります。しっかり空腹を感じることが大切です。

人間の食事のそばにいさせない

人の食事時間に犬がそばにいない方が良いでしょう。犬はにおいに敏感です。一度でも食卓テーブルからおいしいものをもらえると、食卓テーブルには自分が普段食べているものよりおいしいものがあることを学習してしまいます。

食事の場所と時間はしっかり分けることと、家族全員が犬にヒューマンフードをほんの少しでも上げないことです。

お腹を空かせるための運動の目安

適度な運動量は、犬種やサイズによって異なりますのでおおよその目安ですが、

  • 小型犬で15~30分、1日2回程度
  • 大型犬で30~60分、1日2回程度

と言われています。もちろん犬種によっては同じ体重でも運動量は異なりますので、あくまでも基準にしてください。

また、運動やお散歩前に食事をとることは胃捻転などの原因になるのでお勧めしません。散歩・運動でお腹を減らしてから食事という流れにしてください。

お腹がすかないと食欲はわきません。食事はダラダラ食べずにメリハリをつけて行きましょう。また、適度な運動も大切です。運動不足になるとお腹もすかず、消化管の働きも落ち気味になります。メリハリの利いた生活を心がけましょう。

ステップ3. こんなときには動物病院を受診

動物病院を受診した方がいい状態の目安

  • 3日間ほど全く食べていない
  • 突然食欲が落ちた
  • 痩せてきた
  • 毛艶が悪い
  • 便がほとんど出ない
  • 嘔吐、嘔気がある

このような状態は異常ですので、早めに受診してください。

受診の際は、こんなメモを受診しましょう

次のような情報があると診療の役に立ちます。

  • いつから食べていないか?
  • ドッグフードは食べないがおやつは食べるか?
  • ドッグフードの名前
  • ドッグフード変更をしたか?

動物病院で行う治療の概要

診察・検査
動物病院では、次のような診察、検査を行い、食欲のなさに病気が潜んでいないか確認します。

  • 体温測定
  • 聴診などの一般身体検査
  • 糞便検査
  • 全身状態によっては血液検査
  • レントゲン検査
  • 超音波検査

考えられる病気
食欲があまりにない場合、次のような病気にかかっている可能性があります。

  • 慢性胃腸炎
  • 消化管内異物
  • 呼吸器疾患
  • 心疾患
  • 嗅覚の衰え
  • 歯周疾患  
  • 内分泌疾患(アジソン病など)

など

治療・薬

  • 原因に沿った治療になります。鼻炎で匂いが非常に分かりにくい場合は、抗生剤や消炎剤などで鼻炎の改善を行います。
  • 不定愁訴などで大きな原因がない場合は、体調を維持するために点滴や栄養剤の投与を行います。
  • 全く自分で食べようとしない時には、流動食などの強制給餌を行う場合もあります。

治療にかかる期間・費用
治療期間は3日~1カ月前後です。ただし、癌などの重大疾患の場合はそれ以上かかります。

費用は5000円~を見てください。検査内容や治療内容によって大幅に変わりますので、担当の獣医師とよく話し合っていただくことをお勧めします。

ペット保険は適用されるか
一般的な治療であれば保険適応になりますが、流動食などの処方食やサプリメントは保険適応になりませんので注意してください。

犬が餌を食べなくなる原因とメカニズム

わがままやおいしいものに対しての期待感から健康にもかかわらず食欲不振になることもありますが、思わぬ病気が原因のこともあります。

主な原因としては「消化器疾患」です。急性の胃腸炎や消化器の腫瘍などが要注意です。また、鼻炎や風邪などで食べ物の匂いが分からなくなり食欲がわかない場合も考えられます。

わがままが原因の場合

たまたまもらったおやつが美味しかった。ねだったらまたもらえた。そのような単純なきっかけから食に対するわがままが始まります。

おやつをあげることはいけないことではありません。おやつ=食事になることが問題です。おやつや人間の食べ物は味付けが濃かったり、匂いが強いので食欲や興味をそそります。

喜んで食べるからあげたくなるのは分かりますが、本当にそれでよいのでしょうか?おやつばかり食べていると、次のような問題が起こりやすくなります。

  1. 栄養が偏り健康を害する
  2. 被毛の状態が悪くなる
  3. 歯石が付きやすくなる
  4. アレルギーの引き金になる

おやつをあげるなら量と質の線引きが必要です。おやつは沢山あげる必要はありません。1日に必要なカロリーの10%低度が良いでしょう。着色料や保存料などの添加物が含まれているものをあげないのは言わずもがなです。

欲しがってもあげないことを家族全員で守りましょう。決まった量をあげたら、どれだけねだってもあげないことを徹底するのが非常に大切です。おねだりに負けないようにしましょう。

病気が原因の場合

体調不良になると食欲が落ちる子がほとんどです。

例えば、胃腸炎の場合は粘膜がただれることで痛みが起こります。特に胃の場合は消化のために胃壁から強酸性の胃酸を分泌しています。この胃酸の分泌が何らかの原因で多くなると自分の胃壁を溶かしてしまいます。その結果激しい痛みが起こり食欲がなくなります。

また、ストレスなどからも食欲不振が起こります。なぜ、食欲がなくなってしまうのでしょうか?食欲は神経や脳の働きに大きくかかわっています。ストレスがかかると交感神経の働きが副交感神経よりも活発になり、体の緊張状態が続きます。この様な体の緊張状態は消化管の働きを抑制し食欲が減退してしまいます。

年齢別の食いつき対策

食欲がない理由も年代によって異なります。年代によって対策を変える必要があります。

パピー(子犬)期

ドッグフードの変更が理由の場合

急にドッグフードを変更すると食べなくなることがあります。粒の大きさや、厚み、歯ごたえ、なじみのない味などが原因になります。いったん元のドッグフードに戻し変更したドッグフードをほんの少量ずつ混ぜていきましょう。

急に一人の時間が増えるなどの環境の変化

急激な環境の変化はストレスになります。どうしても引っ越しや模様替えなどで環境を変化させなければならない時にはお気に入りの匂いの着いたタオル、似た大きさのぬいぐるみを与えるなど工夫が必要です。

成長のスピードが緩やかになってきた

成長のスピードが早い時期にはあっという間に平らげるほどの食欲がありますが、ある程度成長すると必要なカロリー量が少なくなります。必要とするカロリー量が減ると食欲が落ち付いてきます。生後5カ月ごろからこの様な状態になることが多いです。

消化管内寄生虫

消化管内に回虫や条虫などが多数寄生すると食欲不振が起こります。定期的に検査し駆虫しましょう。

アダルト(成犬)期

ドッグフードの変更

急にドッグフードを変更すると食べなくなることがあります。粒の大きさや、厚み、歯ごたえ、なじみのない味などが原因になります。いったん元のドッグフードに戻し変更したドッグフードをほんの少量ずつ混ぜていきましょう。

消化器疾患

急性胃腸炎や消化管内寄生虫、膵炎などが考えられます。急性胃腸炎は点滴や整腸剤で改善することがほとんどですし、消化管内寄生虫は適切な駆虫薬で治療してあげてください。膵炎は重症になると命にかかわります。いつもと様子が違う時には早めに動物病院を受診してください

シニア(老犬)期

老化によるもの

食べにくい、飲み込みにくいなど老化と共に起こりやすくなります。唾液の分泌が少なくなることでドッグフードを喉に引っ掛けることが多くなります。粒を小さくする、ドライフードに水をまぶすなど工夫すると食べやすくなります。消化管の働きも弱くなっていきますので散歩など適度な運動を行ったり、腸のマッサージを行うなどしてあげましょう。

消化器疾患

高齢になるにつれ腫瘍が発生する確率が高くなります。消化管内や腹腔内に腫瘍ができ消化管が圧迫されたり、全身的な問題になることで食欲低下が起こります。早めに動物病院を受診し精査する必要があります。

歯周病、口腔内腫瘍

歯周病が起こると歯のぐらつきが起こり、痛みから食べたがらなくなります。麻酔下で歯石を除去したり、ぐらつきのある歯を抜歯し口腔内の環境を清潔に保っていきましょう。

犬種別の食いつき対策

食べムラがでやすい、好き嫌いが多いという悩みには、実は犬種的な特徴があります。

チワワ、トイプードル、パピヨン、ポメラニアン、マルチーズ、ヨークシャテリア

小型犬で食べムラの多い犬種たちです。粒の大きさにこだわりがある場合もありますので、小さくて厚みのうすい粒のドッグフードが向いています。

もともと小食で遊び食いの多い犬種なのでおやつで満腹になりやすいです。遊びの要素を取り入れてコングにドッグフードを隠すのもよいかもしれません。しっかりお腹を減らすようにおやつをやめて、運動をし、時間を決めて食べなければお皿を下げてください。

たとえ食べなくても、何かをトッピングするのではなく40度くらいの温度のトリガラスープをドッグフードにかけるなどしてみましょう。

コーギー、柴犬、ダックスフント、ハスキー

頑固で、食べなくなったら一筋縄でいかない犬種です。また、力が強く、気の強いところもあるので、思い通りにしようと唸ったり、噛んだりすることも時にはあります。しっかり運動し、ストレスを発散させていきましょう。

もともと、太りやすい犬種なのでダラダラし始めるとあっという間に脂肪がつき、新陳代謝が落ちることでさらに空腹感を感じなくなってしまいます。時間を決めて食べなければお皿を下げる、おやつはあげない、威嚇してきても屈しない強い態度も時には必要です。

パグ、フレンチブルドッグ

短頭種なのでもともと食べる時に苦労しがちです。口のかたちが横に広がっており、ドッグフードを拾い上げにくいことが多く見受けられます。お皿のかたちを工夫したり、ドッグフードを少し湿らせたり、缶詰をほんの少し加えるのもよいでしょう。

飼い主さんからよくある疑問Q&A

要求に負けてヒトのごはんをあげてしまったところ、食事の度にくれくれと吠えるようになり、ドッグフードを食べなくなってしまいました。ドッグフードを食べてくれないと心配で、つい喜んで食べるヒトのおかずをあげてしまいます。よくないサイクルを抜けるためのアドバイスをください。

同じようなお悩みを抱えている飼主さまがたくさんいらっしゃいます。もしも、あげなかったら信頼関係が崩れてしまうのではないだろうか?食べなくて痩せて行ってしまうのではないだろうかなどです。しかし、人の食べ物のつまみ食いでは栄養バランスが悪く結局は健康を損ねてしまいます。まずは、食事時間だけは場所が見えないところに連れていく、吠えても声をかけない・覗かないを徹底してください。例外、特別は犬には伝わらないので「今日だけよ」「これで最後よ」は止めましょう。

小型犬と大型犬の多頭飼いをしています。なるべく同じ餌で済むと楽なのですが、粒の大きさや固さは2頭共通でも問題ないでしょうか?

2頭同じでも問題ありません。ただし、その後の便の状態を良く観察し便の量が以前に比べて多い、軟便が続くようであればお腹に合っていませんので、検討する方が良いでしょう。

今まで食べていたドッグフードを急に食べなくなった場合、ドッグフードを変えた方がいいのでしょうか?

ドッグフードは変えない方が良いでしょう。変えてしまうと「食べなかったらさらにおいしいものがもらえる」というように学習し、いたちごっこになります。食べなくなったら、40度くらいのお湯をドッグフードにかけて香りが立つようにするか、トリガラスープをかける程度にしましょう。少しの塩味と油、40度くらいの温度は食欲をそそると言われてます。

我が家の犬は器に餌を入れると食べず、床に直接置いたり飼い主の手からあげたりすると食べます。この行動の意味は何でしょうか?器で食べてくれるようになるにはどうしたらいいでしょうか。

親からご飯をもらう感覚なので、飼い主さんに甘えているのでしょう。でも、いつまでもこの感覚では困りますね。まず、器のすぐそばで手からあげてください。次に器の真上で餌をあげ、できるようになったら器の中に手を添えてあげる。このように徐々に器になれるように仕向けてください。ここまでできるようになったら食べている最中に少しづつ手を外していってください。できれば、器の中にドッグフードを入れ器に手を添える状態であげてください。焦らず徐々に慣れていってもらいましょう。

ドッグフードの変更は慎重に行った方がいいと聞きました。どのように移行するとスムーズですか?

いきなり変更するとお腹を壊したりするので、少しづつ変更してください。新しいものを1割、今までのものを9割の割合で始めて、1割づつ変更していってください。

結論

食いつき安心度No.1はカナガンドッグフード!

そこでお勧めのドッグフードが「カナガン」です。グレインフリーで、ヒューマングレードの肉を使用しているので最近人気のあるドッグフードです。

カナガンドッグフードカナガンは鶏の飼育時点からこだわり、人の食事としても何ら問題のない肉を使用していす。見た目はドッグフードですが、原材料を並べると私たちの食卓に上がるグレードのものばかりです。犬の鋭い嗅覚はこの品質の高さをかぎとり、飛びついて食べてくれますよ。モニターで「100%の犬が食べた」と実績公表しているのも信頼感が持てるため、安心しておすすめできます。

カナガンドッグフードが食いつきがいい理由

  • 人間が食べられるレベルの高品質なおいしい鶏肉をたっぷり使用
  • 100%の犬が食べたモニター結果あり
  • 香料でごまかしていない本物のおいしさ
犬の食いつきで悩んでいる飼い主さんにはぜひ試してほしい、本当に安心して与えられるドッグフードです。




食いつきが悪くて悩む飼主さまがたくさんいらっしゃいます。ドッグフード以外のものを1度でも口にすると味をしめることが多くなります。ねだられるとまたあげるの繰り返しは絶対にいけません。栄養のバランスのとれた良質のドッグフードは本来の犬の味覚に合っています。犬の健康を考えてしっかりドッグフードを選びましょう。

よく読まれている記事

安心ドッグフードの選び方を
もっと詳しく知りたい方にはこちら

  • おすすめランキング

    おすすめランキング
    人気のフード6つの実力を辛口採点しました。

  • 選び方

    ドッグフードの選び方
    健康を守るために欠かせない注目ポイントを解説しています。

  • 粗悪な原料の危険と避け方

    粗悪な原料の危険と避け方
    安価なドッグフードの現実…知らなかったでは済まされません。

【執筆者】 獣医師 平松育子先生

bottom_writer山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の病院勤務を経て、2006年にふくふく動物病院を開業。飼い主と犬のかけがえのない日々の手助けをすることをモットーに、疾患の治療だけでなく、最適なドッグフードの選択のお手伝いも含めライフスパンのトータルケアを行う。プロフィールをもっと見る▶