1. ホーム
  2. 失敗しないための最短コース
  3. ≫健康によいフードの選び方3つのポイント

健康によいフードの選び方3つのポイント

普段ドッグフードはどんな基準で選んでいますか?行きつけのスーパーで買う特売品や通販サイトの人気上位、動物病院のおすすめ… いろいろ目にする機会が多いですが、

本当に必要な判断基準はご存知ですか?

私も以前は「うちの子の健康が大事」と思いつつも、難しい用語の並ぶ部分はついつい読み飛ばしてしまっていました。原材料の表や成分表はとっつきにくいですが、実は重要な3つのポイントを押さえるだけでOKなのです。それだけで愛犬を慢性的な体調不良から助けてあげることができますから、ぜひいいフードと悪いフードを見分けられるようになってあげてください。

穀物不使用であること

肉食動物である犬に与えてはいけない食品の1つに、穀類があります。タマネギや長ネギ、チョコレートなどは犬の中毒を引き起こす食品として有名ですが、実は人間にとって身近な「コメ」「コムギ」「トウモロコシ」も犬のからだに大きく負担をかけるものなのです。理由は、元来肉食の生きものとして進化してきた犬は、穀物や野菜の消化酵素をもっていないから。

穀物や野菜は栄養として吸収されないばかりか、消化器官に大きな負担がかかり、犬のアレルギーや体調不良を急増させる原因となっています。ですが、スーパーやホームセンター、ペットショップで買える身近なドッグフードのほとんどが、カサ増し&カロリー確保のために安価なトウモロコシを主原料にしているのです。「有名メーカーがつくったんだから大丈夫でしょう?」と疑問をもたずに与え続けてしまうことで、犬のアレルギーや消化器・免疫系の疾患が増えているのではないかと指摘されています。

犬用のフードは人間用食品ほどの規制がないため、その品質はメーカーがどれだけ犬への愛情をもって商品開発をしているかにかかっていると言えます。穀物不使用(グレインフリー)のドッグフードを製造しているメーカーは、コストより犬の健康を重視している良心的な会社といって間違いないでしょう。

結論:原材料に穀類が含まれるものは選ばない!

グレインフリーであること

ドッグフード選びで絶対に見逃せないのは「ヒューマングレード」であるかという点。ヒューマングレードとは「人間用と同等の品質である原料を使用している」ということです。犬を愛する飼い主からすれば「家族みんなでおいしくて安心なものを食べる」というのは当たり前の発想なのですが・・・これを守ってくれるメーカーはごくわずか。

市販の安価なドッグフード(2㎏で約500円~1,000円の価格帯)は、「4Dミート」と呼ばれる粗悪な肉を使って価格を下げている可能性があります。4Dミートとは、Dead(死んだ動物の肉)・Dying(死にかけていた動物の肉)・Disabled(身体の一部に障害のある動物の肉)・Diseased(病気の動物の肉))という、人間用の食品基準には不合格となり、格安で家畜用にまわってくる肉のことです。4Dミートであるかどうかは記載されないため、ユーザー側には判断できませんが、獣医師によると「2㎏で約500円~1,000円の価格帯のものには4Dミートが使われていると思った方がいいでしょう」とのこと。

また、それ以外にも家畜の糞尿、羽根、ひづめなども「肉類」の重量に含んでしまっている場合もあります。そんなものを愛犬が知らぬ間に食べているかと思うと、ぞっとしてしまいます。

ヒューマングレードかどうかを見分けるポイントは、メーカーのWebサイトで「人間も食べられる」と明記してあること。単に「高品質な原材料」と書いてあるだけではダメです。品質に自信のあるメーカーは必ず「人間も食べられる」とアピールしていますので、それを見逃さないようにしましょう。

結論:「人間も食べられる」と明記してあるものを選んで!

→粗悪な原料の危険と避け方について、詳しくはこちらでも解説しています。

添加物不使用であること

人工添加物の問題は、人間よりもドッグフードの方がシビアです。それはドッグフードに厳しい安全基準がないため。日本人の食事は厚生労働省の基準によって守られており、添加物は健康を害さない範囲でしか使用されていませんが、動物の食を守る「ペットフード安全法」の基準はゆるいと言わざるを得ません。特に、長期間常温で保存される場合の多いドライフードには大量の保存料・酸化防止剤が使用されることが多いようです。また、粗悪な原料を使っていることをごまかすために着色料・香料で犬の食欲をそそっているケースも多数。

添加物の長期摂取は犬のがんや慢性疾患を誘発すると言われています。添加物に頼らずとも品質、おいしさ、価格を実現させている商品もちゃんとあるので、それをきちんと選んであげましょう。

結論:どんな医療よりまずは食べもの。

→ 3つの基準を満たす安心ドッグフード第1位はカナガンドッグフード