1. ホーム
  2. 人気ドッグフードを辛口採点!
  3. ≫【獣医が解説】カナガンドッグフード(CANAGAN)の実力を辛口採点

【獣医が解説】カナガンドッグフード(CANAGAN)の実力を辛口採点

カナガンドッグフードこんな子におすすめ

通常価格:2kg 3,960円+税
定期価格:2㎏ 3,564円+税(10%オフ)公式サイトで確認してみる

カナガンドッグフードとは?

dogcomment_canaganドッグフードの本場、イギリスからの直輸入品。カナガンドッグフードは、犬の体に必要な栄養素は祖先のオオカミの頃から変わらず「肉」であることに着目し、グレインフリー(穀物不使用)にこだわったプレミアムフードです。良質な動物性タンパク質を豊富に摂取することができ、アレルギーの改善や体力のベースアップに役立ちます。

人間も食べられるレベルの高品質な原料を使用しており、チキンのいい香りが食欲を刺激して嗜好性抜群。小粒なこともあり、小食な小型犬でもおいしそうによく食べるという口コミ多数です。また、犬の消化器に負担をかけない栄養配合になっているため、食べたものがしっかり吸収され、すぐ満腹になってしまう子でも少量で十分な栄養がとれることも魅力的。従来のドライフードには食いついてくれなかった子も、カナガンだったら食べるかも…?フードジプシーでお悩みの方は試してみる価値あり!

また、新鮮な鶏肉を中心に、低GIのサツマイモ・海藻・ハーブを配合しており、愛犬の免疫力アップ代謝の安定尿路結石予防ストレス緩和に効果的だそうです。これらのサポート成分もすべて天然由来で、人工添加物は一切入っていないのが驚き。メーカーの「本当に犬の体にいいものをつくりたい」という意気込みが感じられます。

3つの必須ポイントから実力チェック!

穀物不使用であるか?

穀物不使用
元来肉食の生きものとして進化してきた犬は、穀物や野菜の消化酵素をもっていません。穀物や野菜は栄養としてまったく吸収されないばかりか消化器官に大きな負担がかかり、犬のアレルギーを急増させる原因となっていますが、従来のドッグフードでは安価にカサ増し・カロリー確保をするためにトウモロコシや小麦などを大量に使用しています。カナガンは穀物でカサ増しを一切せず、新鮮で良質な肉をメインとしたフードの開発にとことんこだわっており、「犬のからだが必要とする栄養」「犬のからだが楽に吸収できる適切な栄養」を与えることで、バランスのとれた生き生きとしたからだづくりができそうです。消化不良が減ることで便が安定し、少ない食事量でも満足度がアップするようになります。

ドッグフードペディアの判定星5個

犬の健康&長生きを願うなら最高のフードと言えます。

人間も食べられる品質の原材料を使用しているか?

ヒューマングレード
カナガンは、「すべて人間でも食べられるほど、高品質で新鮮なものを厳選しています。」と明記しており、安心です。4Dミート(Dead(死んだ動物の肉)・Dying(死にかけていた動物の肉)・Disabled(身体の一部に障害のある動物の肉)・Diseased(病気の動物の肉))はもちろん不使用ですし、人間向けの食材の残りカスや家畜の糞尿を含む可能性のある「ミール」「パウダー」「エキス」も不使用です。

ドッグフードペディアの判定星5個

文句なしの安心感です。

添加物不使用であるか?

添加物不使用
長くとり続けると発がん性をもたらす防腐剤・酸化防止剤・香料などの人工添加物。ドッグフードの安全基準は人間のものよりずっと緩いため、飼い主に知識がないと農薬並の危険な物質を与えてしまうことになるので注意が必要です。カナガンはこれらを一切使用していないため、安心です。唯一、保存料にはビタミンEが使用されていますが、こちらは人間用の食品の大部分にも使用されているきわめて安全な栄養素。また、肉本来の品質が高く、犬が喜ぶおいしい香りが素材そのままに残っているため、食いつきを促進するための香料や着色料なども一切使われておらず、メーカーの自信が感じられます。

ドッグフードペディアの判定星5個

心配なものは何も入っていません。

カナガンドッグフードの原材料と成分

内容 当サイトの評価
原材料 骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル、ビタミン(ビタミンA 16,250IU、ビタミンD3 2,400IU、ビタミンE 240IU)、グルコサミン1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ 残りカスのような粗悪な肉ではなく、ドッグフードづくりのために生産された良質なチキンをたっぷり使っています。人工添加物が一切使用されていません。犬のからだに必要な野菜とハーブが使用されています。グルコサミン・コンドロイチンも配合されており、関節にトラブルが生じがちな大型犬にも安心です。
成分 粗たんぱく質:33.00%(標準:25%以上)
脂質:17.00%(標準:10%以上)
粗灰分:9.00%(標準:10%以下)
粗繊維:3.50%(標準:4%以下)
炭水化物:32.5%(基準なし)
水分:8.50%(標準:10%以下)
オメガ6脂肪酸:2.80%(標準:)
オメガ3脂肪酸:0.90%(標準:)
カルシウム:1.86%(標準:カルシウム:リン=1:1)
リン:1.42%(標準:25%以上)
エネルギー(100gあたり)/約361.25kcal
たんぱく質たっぷり、成長や健康維持に適した配合です。表示義務のない炭水化物を表示してあることで、コストダウンのために小麦やトウモロコシなどの穀類でカサマシをしていないことがわかります。また、人工保存料不使用なので、腐りにくくするために水分量を標準よりやや低めの設定にしているようです。小粒でカリカリなので歯とあごの健康にもいいですね。与えるときはたっぷりの水を添えてあげましょう。カロリーがやや高めなので、指示通りの量を守るように気をつけてください。バランスがいいので、手作り食の追加やおやつを控えめに。

より安心な毎日のために。
その他6項目を辛口チェック!

項目 評価 辛口コメント
製造の
安全性
国際規格であるSAI GLOBALの最高ランクAを取得した施設「GAペットフードパートナーズ社」工場で生産されています。注文を受けてから生産することで鮮度の高いものを供給できるのが強み。人工保存料を使用しない分、新鮮さには特に配慮しているようです。
メーカーの
信頼性
製造前後の2回、厳密な基準に基づき品質テストを行っています。パッケージには1点1点番号が印字されており、それぞれの原材料の調達先や日時までを完全に把握するトレーサビリティを完備しています。
食いつき 偏食の子も含め100%のわんちゃんが「食べた」、うち85%の子が「喜んで食べた」とのモニター結果。獣医師推薦のドライフードは食いつきが悪いというイメージがありましたが、カナガンなら勢いよく嬉しそうに食べる姿を見ることができそうです。
価格 カナガンは胃腸での吸収率がとても高いため従来のフードより給与量が少なくて済み、体重5㎏の小型犬なら1日75gで161円です。定期購入にすると最大20%オフになり、1日129円まで下げることができます。
通販の
使いやすさ
カナガンはイギリス産ですが、国内代理店の専任スタッフが電話サポートですぐ対応してくれるので安心です。Webサイトもわかりやすいつくりで迷いません。配送に3-7日かかる、5,000円以下では送料負担があることでやや減点でした。
購入方法 フードには相性があるのでまずは通常購入が無難。カナガンが合うようなら、2袋目以降は定期購入でのまとめ買いが大幅にお得。送料無料・最大20%割引など。

【管理人のコメント】
1袋2㎏で3,960円と聞くと高価なようだけど、日割りで見るとペットボトル飲料1本程度… 栄養が不安で足していた茹でササミがいらなくなるから意外とローコストでした!総合点でカナガンがナンバーワン!!我が家の定番にしています。

カナガンドッグフードの評価まとめ

カナガンドッグフードの総合評価は★5つ!栄養バランスとおいしさと安全性のすべてがほぼ満点で、現行のドライフードのなかでは一番自信をもっておすすめできる商品です。これだけの品質であり、しかも輸入品なので価格の負担が心配ではありましたが、計算してみると1日約130円(小型犬・20%オフ適用の場合)であることが判明。粗悪フードで愛犬を病気にしてしまう不安を考えれば、十分続けていける価格だと感じました。まずは通常購入で1袋試し、わんちゃんと相性がいいようなら20%オフ&送料無料のまとめ買いに移行するとお得です。

以上の特徴をふまえると、カナガンドッグフードはこんな飼い主さん&わんちゃんにおすすめです。

  • とにかく愛犬の健康&長寿が大切な方。
  • アレルギー体質の子。特に生じやすい穀物アレルギーを防げます。
  • 手作りフードに加え、犬に必須の栄養をしっかりとらせたい方。
  • 小食・偏食な子。少量でも十分な栄養がとれます。
  • 便秘・下痢・便の匂いが心配な方。健康的で少量の便に変わります。


▶公式サイトで確認する

【執筆者】 獣医師 平松育子先生

bottom_writer山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の病院勤務を経て、2006年にふくふく動物病院を開業。飼い主と犬のかけがえのない日々の手助けをすることをモットーに、疾患の治療だけでなく、最適なドッグフードの選択のお手伝いも含めライフスパンのトータルケアを行う。プロフィールをもっと見る▶