1. ホーム
  2. 人気ドッグフードを辛口採点!
  3. ≫アランズナチュラルドッグフード(旧NDFナチュラルドッグフード)

アランズナチュラルドッグフード(旧NDFナチュラルドッグフード)

アランズ(NDF)ナチュラルドッグフードこんな子におすすめ

通常価格:2kg 3,960円+税
定期価格:2㎏ 3,564円+税(10%オフ)

公式サイトで確認する


アランズナチュラルドッグフードは100%無添加!
ラム肉製でアレルギーに◎


アランズナチュラルドッグフードは、動物愛護の先進国・イギリス国内で提唱された「ナチュラルフィーディング(自然給餌)」の考えに基づいて、犬のからだが本来必要とする栄養バランスを実現するよう獣医師・栄養士・植物学者の手で研究・開発したドッグフードです。

自然給餌とは、野生の犬の食生活を再現すること。どんなに犬種改良が進んでも、祖先のオオカミがもっていた遺伝子はチワワからグレートデンまで受け継がれています。

アランズナチュラルドッグフードは犬であればどんな犬種でも必ず必要となる栄養をカバーすること、そしてそれを自然の原材料だけで可能にすることを徹底し、犬の健康リスクを減らし、免疫力をアップさせています。

アランズナチュラルドッグフードの原材料表を見ると、その品目の少なさにびっくり。余分なものが一切入っていないのです。犬が本当に必要とする栄養をよく理解しているからこそできる離れ業なのだと思います。

普通は材料だけで100%満たすことができずにビタミンやミネラルを添加物で足すのですが、それは仕方のないことなのだろうなと諦めてしまっていました。人間も足りない栄養はサプリメントで補ったりしますしね。でも、天然原料だけでそれを可能にするドッグフードメーカーがあったと知り、本当に驚きです。

3つの必須ポイントから実力チェック!

穀物不使用であるか?

穀物不使用
アランズナチュラルドッグフードは残念ながらグレインフリーではないのでかなり減点

ですが、単なるカサ増しやカロリー確保のために安い穀物を足すフードとは成り立ちが違うので、☆3つとしました。それは、多くの犬にとってのアレルギー食品である小麦・トウモロコシをカットし、より上質な穀類である玄米・オーツ麦・大麦を使用している点。

これらが、野生の犬が草食動物経由で口にしていたであろうと考えられる程度の配合で使用されているそうです。人間の都合で犬の苦手な穀物を大量に与えてしまうのは完全にNGですが、犬の体をよく理解した上での配合なので、許容範囲とします。

ドッグフードペディアの判定星3個

穀物に敏感な子、アレルギーを避けたい子にはやや不安。安価フードよりはベター。

人間も食べられる品質の原材料を使用しているか?

ヒューマングレード
アランズナチュラルドッグフードは完全なヒューマングレード商品で安心です。

しかも、人間も食べられる上質な生のラム肉を、ビタミンなど熱に弱い栄養素まで損なわずにドライフードに加工する技術を確立しているとのことで、犬のからだに届けるものとしての安心感はとても高いです。迷わず☆5つです。

ドッグフードペディアの判定星5個

安心のヒューマングレード品質。生肉の栄養を損なわないドライ加工がすごい。

添加物不使用であるか?

添加物不使用
アランズナチュラルドッグフードは添加物ゼロ。有害な人工添加物を使用していないだけでなく、栄養分を補充するための添加物もゼロなので本当に驚きです。

天然の原料だけを使用して必要な栄養のすべてをカバーするというのは、犬の栄養学に精通していないとできないこと。アレルギーや過敏症の子には一番嬉しいフードだと言えます。

ドッグフードペディアの判定星5個

ドッグフード界トップクラスのシンプルな原材料。
天然原料のみですべての栄養素をカバーできる名品。

アランズナチュラルドッグフードの原材料と成分

内容 当サイトの評価
原材料 乾燥ラム肉(イギリス産)23%以上、ラム肉(イギリス産)21%以上、玄米19%以上、全粒オーツ麦、ベジタブル・ハーブミックス、全粒大麦、テンサイ、亜麻仁、ビール酵母、海藻、ラム精製油 ヒューマングレードの良質なラム肉が重量の半分以上を占めるという、驚異のクオリティ。肉はラム肉なので、鶏肉・牛肉などにアレルギーのある子には除去食としておすすめです。また、ラム肉独特のおいしそうな香りが犬の食欲を刺激し、食いつきも抜群。
また、犬の健康維持にきわめて効果が高いと言われる亜麻仁がしっかり含まれています。これは、従来のドッグフードでは不足していると指摘される「α-リノレン酸」を多く含む食品です。
成分 粗たんぱく質:31.3%(標準:25%以上)
脂質:12.1%(標準:10%以上)
粗灰分:10.9%(標準:10%以下)
粗繊維:3.3%(標準:4%以下)
炭水化物:34.8%(基準なし)
水分:7.6%(標準:10%以下)
カルシウム:2.67%
リン:1.77%(カルシウム:リン=1:5標準:カルシウム:リン=1:1)
エネルギー(100gあたり)/約334kcal
カナガンネルソンズと比べると、脂質・カロリーが低めなのが特徴。健康で美しい体づくりを終えて体調が落ち着いている子や、運動量が少なく肥満が心配な方はアランズナチュラルドッグフードを選ぶといいですね。水分はかなり少なめでカリカリに仕上がっており、しっかり噛んで食べることで満足感・満腹感がしっかり得られると思います。その意味でも、肥満気味の子にはおすすめできるフードです。玄米・大麦・オーツ麦を使用したフードなので、グレインフリーのフードに比べると炭水化物量は多めになっています。

より安心な毎日のために。
その他6項目を辛口チェック!

項目 評価 辛口コメント
製造の
安全性
国際規格であるSAI GLOBALの最高ランクAを取得した施設「GAペットフードパートナーズ社」工場で生産されています。注文を受けてから生産することで鮮度の高いものを供給できるのが強み。おすすめ1位のカナガンと同じ工場ですね。
メーカーの
信頼性
製造前後の2回、厳密な基準に基づき品質テストを行っています。パッケージには1点1点番号が印字されており、それぞれの原材料の調達先や日時までを完全に把握するトレーサビリティを完備しています。

また、レシピ開発者であるアラン・クリーザー氏の指示により、原料のビタミン類がなるべく損なわれないよう115℃・3分間の加熱でドライフードにする工法が厳守されています。

食いつき 偏食の子も含め100%のわんちゃんが「食べた」、うち87%の子が「喜んで食べた」とのモニター結果。高品質の生ラム肉のおいしさがわかるんですね。

しかも低脂肪のレシピなのでダイエット効果があり、「おいしく食べながらするする適正体重に戻ることができた」とびっくりするユーザーが多数。

やせ気味の子も太り気味の子も、適量をあげているだけで適正体重になれるとのこと、飼い主も犬もストレスなく続けられますよね。

価格 体重5㎏の小型犬なら1日75gで161円です。定期購入にすると最大20%オフになり、1日129円まで下げることができます。

工場から日本の販売代理店まで直送なので、中間コストがカットされており、品質に対し低価格が実現されています。毎日のフードをいいものにしたい、という作り手のこだわりが表れています。

通販の
使いやすさ
アランズナチュラルドッグフードはイギリス産ですが、国内代理店の専任スタッフが電話サポートですぐ対応してくれるので安心です。

Webサイトもわかりやすいつくりで迷いません。減点ポイントとしては、配送に3-7日かかる、10,000円以下では送料負担(全国一律640円)があること。

購入方法 フードには相性があるのでまずは通常購入が無難ですが、アランズナチュラルドッグフードの食いつき力を見ると、初回から定期購入を選択してしまってもいいかも…?と思います。

アランズを食べないわんこはまずいませんので!定期購入にすると、送料無料・最大20%割引などの割引が適用されて大幅にお得になります。

【ドッグフードペディアのコメント】
グレインフリーじゃないのが残念だけど、食いつき力はトップクラス!フードジプシーの飼い主さん&わんこにはとってもおすすめ。


アランズナチュラルドッグフードの評価まとめ

アランズナチュラルドッグフードの総合評価は★4つ!

グレインフリーではないのが残念ですが、ヒューマングレードと人工添加物ゼロについてはパーフェクトですね。

しかも、従来のドライフードがそもそもの栄養価が低いことに加え、熱加工の段階でさらにそれらが損なわれてしまうという欠点があるのですが、アランズは加工時のダメージをなるべくなくすよう、こだわりの製造方法をとっているのが嬉しいです。

「なるべく自然に近い食事を」という理念、とてもいいですよね。人間でもオーガニックの食事をとろうとすると、材料の調達や調味料、料理方法…こだわるところが多くて時間もお金も手間もかかりますが、まさか袋から出して与えるだけのドライフードでそのクオリティがかなうなんて本当にびっくりです。私が健康な犬だったらアランズを食べたいです(笑)。口コミが非常によく、人気があるのも納得の内容になっています。

以上の特徴をふまえると、アランズナチュラルドッグフードはこんな飼い主さん&わんちゃんにおすすめです。

アランズ(NDF)ナチュラルドッグフード

  • とにかくおいしい・食いつきのいいフードをあげたい方。
  • とにかく無添加にこだわりたい方。
  • 愛犬の肥満が気になるけれど、味気ないダイエット食はあげたくない方。
  • 肉類のアレルギーがある子。チキン・牛肉不使用なので安心です。
    アレルギー検査を受けていなくても、下痢皮膚症状のある子はアレルギーの可能性あり。
  • シニアになり、低カロリー・高タンパクな食事が必要な子。

公式サイトで確認する